ジェネリック医薬品のメリットとデメリット

ジェネリック医薬品のメリットとデメリット

最近、新聞やテレビなどのメディアで、「ジェネリック医薬品」の広告を頻繁に見かけます。病院や薬局でも初めて訪れる患者さんに、ジェネリック医薬品を使用するかどうかのアンケートを行います。 ジェネリック医薬品のメリットとデメリット、安全性、そして費用負担がどの程度変わるのかについてお話します。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1,ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品は後発医薬品とも言われ、先発医薬品の特許期間が切れたあと、同じ処方で他のメーカーが製造・販売するものです。先発薬品のように研究や開発に資金投資をしていないため、薬の値段を低く抑えることができます。厚生労働省では、日本の医療費を抑えるためにジェネリック医薬品の利用を推奨しています。

2,ジェネリック医薬品のメリット、デメリット

一番のメリットは薬剤の値段が安いと言うことです。ですが医薬品によっては先発品とそれほど大きな差が無いこともあります。先発品と後発品の価格の違いを検索するサイトなどもありますので、普段よく処方される薬品がある場合には、チェックして見るのも良いでしょう。
それ以外にも、飲みやすく改良されていることがあるというメリットもあります。飲み込みやすい形状に改良されていたり、味がマイルドになっていたりすることもあります。

主成分は同じでも、全く同じとは限らないのがジェネリック医薬品のデメリットと言えます。飲みやすくするために糖衣部分や添加物を変更するだけでも、薬の溶ける時間や溶けやすさは変わってきます。飲みやすくはなったけれども効きにくくなったということも、十分にあり得るのです。

3,ジェネリック医薬品の安全性

ジェネリック医薬品は新薬とは異なり安全性試験は行いません。すでに効果や安全性が保証されたものと同等の製品として製造しますので、安定性試験や臨床試験は行われないのです。過去にも、医療機関が、安全使用が難しいと判断して後発医薬品の使用を中止したこともあります。クリームや軟膏などの皮膚に塗布する外用薬や、抗てんかん薬など厳重な管理が求められる薬剤は、医師が指定した先発薬を使用する方が良いと言われています。

4,ジェネリック医薬品を選択することによって変化する費用

ジェネリック医薬品を選択するならば、一般的には、患者さんの薬代の支払額は5割~7割程度に軽減されると言われています。安価なことは魅力だけれども、品質情報や有効性が気になる患者さんも増えてくると想定されます。薬剤師を含めた医療関係者は、先発薬とジェネリック医薬品の品質の違いや効き目の違い・副作用などを調査し、正しい知識を患者さんに伝えるように努力して行かねばなりません。

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら