面接の乗り切り方

薬剤師の転職!面接の乗り切り方

何度経験があっても「面接」は緊張するものです。ましてや、初めて転職するときには新卒の時とは違った緊張があります。「面接の印象が悪くて落ちるならどうしよう」とか「質問にうまく答えられなかったらどうしよう」とあれこれ悩んでしまうものです。 薬剤師が面接を受ける時に気を付けるポイントや、面接時に尋ねられる質問の具体的な返答例、面接のスキルを上げる方法についてご説明いたします。

転職サイト
時給
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3500~
3000

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給3000~
2500円

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給3000~
2000円

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1,面接を受けるときに気を付けるポイント

通常の場合は、履歴書や職務経歴書などの書類審査が通ってから「面接」という運びになります。つまり、「面接」を受けると言うことは、十分に採用される可能性がある状態だとも言うことができるのです。ですから、よほど悪い印象を与えない限りは大丈夫なのだと気楽に臨むことが大切です。面接時に気を付けるべきいくつかのポイントをご紹介します。

はっきりとした聞きとりやすい発音と声量
立つ姿勢と座る姿勢の美しさ
採用担当者の目をしっかりと見ること
自信にあふれた態度
笑顔で話すこと
志望する仕事の内容を把握し、企業対策をしっかりとしておくこと

緊張すると早口になったり小声になってしまったりすることがあります。ですが、聞き取りにくい話し方や小さすぎる声は印象をぐっと悪くしてしまいます。ゆっくり大きめの声で話すように心がけましょう。
また、姿勢の良さは自信と清潔感にもつながります。仕事ができる人間であるということをアピールするためにも、姿勢の良さと態度は気を付けましょう。また笑顔を心がけることでコミュニケーション能力の高さと人間性の高さを印象付けられます。職場にもすぐになじめる性格であることを表現しましょう。
そして職種や企業についてよく勉強しているなと担当者に思わせることは、志望意欲と本気度を示せます。面接前に必ず時間を取って仕事内容のチェックと企業研究を行いましょう。

2,面接時に尋ねられる質問と答えの例

転職における面接のときに、しばしば尋ねられる質問とその答えの例をいくつか記します。例文を参考に自分の言葉で事前に回答を準備しておきましょう。

前の会社の退職理由は何ですか
例え人間関係に問題があって退職した場合や、残業が多すぎることや休暇が取れないことなど正当な理由があっても、あえて面接の場でそれらを述べる必要はありません。そのような何かネガティブなことがあった場合でも、基本的には「スキルアップしたいために退職した」というポジティブな理由にすることが、面接通過の秘訣なのです。

転職理由は何ですか、志望動機は何ですか
これも退職の理由と同じく、「スキルアップしたいためにこの仕事を選んだ」と述べることが大切です。例えば、「前職では調剤と販売を主に担当していましたが、もっと積極的な営業活動にチャレンジしたいと御社を志願しました」と、以前にできなかったことを挑戦したいもしくは以前より幅広く行いたいと述べることができます。

自己PRをお願いします
希望する業務に関連した長所をアピールするべきです。営業を希望するならば、コミュニケーションスキルが高いことや積極性などを強調できます。

何かご質問はありますか
最後に逆質問を促されることがあります。このときに「なにもありません」と答えてしまうのは、せっかくの自己PRの機会を潰してしまうことになります。企業研究をよくしていることをアピールしながら、積極性を示したり「おっ!」と思わせる発展的な質問をしたりすることがポイントです。
例えば、「御社は○○開発に力をいれていらっしゃいますが、そのプロジェクトに加わるためには具体的に何をすればよいですか?」などと、事前準備の成果を示しつつやる気も見せる質問ができます。

3,面接のスキルを上げる方法

ネットで簡単に検索できる「転職エージェントサイト」では、コンサルタントによる面接のアドバイスや模擬面接などのサービスを提供しているところもあります。また、履歴書や職務経歴書の添削を行うサービスを提供しているところも多数あります。
転職を成功させたいなら、これらの求人サイトのサービスを積極的に活用するのも良い方法なのです。

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら