管理薬剤師の平均年収について

管理薬剤師の平均年収が高い職場は?年収相場を比較してみた

管理薬剤師になると年収があがるということはご存知の方も多いはず。
では、管理薬剤師になると年収は実際いくらもらえるのでしょうか?

実は同じ管理薬剤師でも、調剤薬局、医薬品卸、企業・製薬会社など、どの職場で働くかによって、年収は大きく差が生まれます

今回はおすすめの管理薬剤師の職場を紹介します。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1.管理薬剤師の平均年収はいくら?薬剤師の年収相場と比較してみた

一般的には、管理薬剤師は、薬剤師としての資格手当のほかに管理職手当(役職手当)が支給されます。

非常に忙しい職場では管理薬剤師が残業する機会も増え、残業手当が相当量加算されることもあります。

では、一般の薬剤師と管理薬剤師では、平均年収にはどの程度の差が出るのでしょうか?

職種 年収相場
管理薬剤師 500万円
一般薬剤師 400万円

管理薬剤師は一般的な薬剤師よりも年収が30万から100万円上がると言われています。

それに加えて、残業代もつくのでもう少し上がるかもしれませんが、管理薬剤師の平均年収はおおよそ500万円です。

ただ、職場によって管理薬剤師の年収は300万円以上も変わってきます。

各業種での管理薬剤師の給与を見てみましょう。

【職場別 管理薬剤師の年収比較表】

職場 年収相場
大手調剤薬局・ドラッグストア 500万円~600万円
小規模保険薬局・病院 400万円~700万円
製薬会社・企業の営業所 600万円~800万円
製薬会社・企業の倉庫 400万円~500万円
医薬品卸 300万円~500万円

2.大手調剤薬局やドラッグストアで働く管理薬剤師の平均年収

  • 年収……500万円~600万円
  • 特徴……経営の経験ができるがもっとも忙しい

管理薬剤師がもっとも忙しくなると言われているのが、これらの大規模医薬品販売所です。

忙しさや業務内容の多さにもよりますが、残業代も含めて平均すると年に500万円~600万円になります。

地方などで管理薬剤師が不足している地域では、年収が800万円程度になる店舗もあります。経営にも携わりますので、チェーン店系の保険薬局では管理薬剤師になるための研修が必須となっています。

キャリアアップを望む人は積極的に研修や実習に参加しましょう。

3.小規模の保険薬局、病院で働く管理薬剤師の平均年収

  • 年収……400万円~700万円
  • 特徴……比較的余裕をもって働けるが、年収はある程度で頭打ちになりやすい

大手チェーン店系などと比較すると、時間的に余裕を持って勤務することができるのが、小規模の調剤薬局や病院などの薬剤部です。

個人薬局などでは経営者の方針により月給に大きな開きが出ることもあり、年収も400万円台から700万円台と差が大きくなります

経験により昇給しますが、頭打ちになることも多いです。

大手の薬局と比較すると営業時間が短いことが多く、残業になることはほとんどありません

4.製薬会社や企業の営業所で働く管理薬剤師の平均年収

  • 年収……600万円~800万円
  • 特徴……業務内容によって年収1000万円も目指せるが、大学院の学歴が必要なことも多い

仕事内容に大きく左右されるのが、製薬会社や一般企業の営業所に勤務する管理薬剤師の給与額です。

単に医薬品の品質管理・在庫管理を行うだけでなく、新薬開発や研究論文作成に関わる場合は1000万円を超えることもあります

そのような管理薬剤師になるためには、学歴は大学卒でなく大学院卒が求められていることもあります。

研究や開発、厚生労働省への申請業務に関わらない場合は、600万円~800万円が相場です。

5.製薬会社や企業の倉庫で働く管理薬剤師の平均年収

  • 年収……400万円~500万円
  • 特徴……給料は低いが、定時退勤・土日祝日休日など自分の時間を取りやすい

倉庫で医薬品の管理を行う場合や、受発注の物流管理を行う場合は、年間400万円~500万円が中心となります。

物流会社の休みと合わせますので、土日祝休、定時出退勤が期待できます。

6.医薬品卸で働く管理薬剤師の平均年収

  • 年収……300万円~500万円
  • 特徴……大手卸なら600万円~700万円も目指せる

医薬品卸は必ず管理薬剤師が必要な職場ですので、求人募集も少なくはありません。

ただ、医薬品卸の平均年収は一般的に500万円程度といわれており、実際に求人を検索してみても年収300~500万円の求人がほとんどです。

しかし、スズケンなど大手の医薬品卸の管理薬剤師になると、600万円を超えるともいわれます。

→高収入求人を扱っている薬剤師求人専門サイト「薬キャリ」に登録

医薬品卸では、MSより管理薬剤師のほうが給料は上です。

医薬品卸企業で管理薬剤師になり役職がつけば、年収700万円も夢ではありません

7.管理薬剤師として高収入を目指すには

職種だけでは一概に年収を判断できないのが、管理薬剤師です。

それぞれの求人案件から、高収入なのかどうかを読み取っていく必要があるのです。

ですが、転職サイトなどで募集されている案件一つ一つを吟味するのは、時間的にも体力的にも大きな労力が求められます。

忙しい日々の業務をこなしながら良い条件の転職先を探すには、どうすることができるでしょうか。

転職エージェントサイトの活用

その答えの一つとなるのが、「転職エージェントサイト」です。転職エージェントサイトには、薬剤師専門や医療関係者専門など資格によっていくつにも分かれていますので、適切な業界のものを選択しましょう。

転職エージェントサイトのメリット

転職エージェントサイトの優れている点は、従来の「転職希望者が一つ一つの求人案件を吟味する」という形態ではなく、「膨大な求人案件から、転職希望者の条件に合うものをピックアップし、専任のキャリアコンサルタントが転職希望者に紹介する」という形態なのです。

つまり、初めに希望する条件や興味のある業種を登録しておけば、スキルや資格にマッチした求人をどんどん紹介してくれるのです。これなら求人案件を吟味するのが大変と感じる人も、忙しくて転職活動することができない人も、満足のいく転職が実現できるのです。転職エージェントサイトをフル活用することが、高収入を目指す最短の道とも言えるのではないでしょうか。

【すぐには転職を考えていない薬剤師さんへ】

「今すぐ転職するわけじゃないけど、求人見てみようかな」

「夏のボーナス後に転職しようかな」

このように考えている薬剤師は多いのでは?5,6月は、大手薬局,ドラッグストアが「3月末に退職した薬剤師のポストが埋まらなかった」「新卒が定着しなかった」等の理由で、条件の良いレア求人を出しやすい時期です。今のうちに、転職サイトを見てみて自分にぴったりの職場をゆっくり吟味するのもおススメですよ。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリー)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 高収入の管理薬剤師の求人を探している薬剤師
  • 年収600万以上の高収入求人を探している薬剤師
  • 将来キャリアアップを望んでいる薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら