管理薬剤師になるには?管理薬剤師に求められる資質と条件

【管理薬剤師になるには?】求められる必要な条件と資質

薬剤師からのキャリアアップとして「管理薬剤師」があります。管理薬剤師とは、薬剤師や登録販売者とは異なり行政機関による公的な資格ではありません。では、管理薬剤師になるには何をすればよいのでしょうか。管理薬剤師になる方法を職場別に具体的にご説明いたします。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1,管理薬剤師になるのに必要な資格ってあるの?求められる条件と資質も徹底解説

まず管理薬剤師には特別な資格はありません。チェーン店系の保険薬局などでは独自の研修を行うこともあります。これらのグループ研修や実習研修を受けるための条件として以下の3つがあげられます。

  1. 実務経験が最低3年以上あること
  2. 人間性の高さ
  3. コミュニケーション能力や的確な業務能力

医療に関する造詣の深さ、経営能力といった資質も挙げられます。

細部を見るだけでなく俯瞰的な視野を持つことが、単に調剤業務を行うだけではない管理薬剤師の条件とも言えるでしょう。研修制度がない個人薬局や小規模販売店では、何年か経験を積むことで自然と昇格するケースも多いでしょう。

高収入の管理薬剤師求人を探している方におススメのサイト

2,管理薬剤師の具体的な仕事内容・平均年収は?

管理薬剤師の主な3つのお仕事まとめ

  1. 薬剤師のみならず、従業員の指導・教育
  2. 医薬品の品質管理と在庫管理
  3. オーナや経営者と協力した業務改善

管理薬剤師はその名の通り、「薬剤師の管理職」です。

薬剤師を含む従業員を指導・教育し、医薬品の品質管理や在庫管理も行い、薬事法や医療保険の知識を活かして経営者と協力して業務改善に取り組みます。

職場によって管理薬剤師の仕事の幅は様々です。特に調剤薬局やドラッグストアに努める場合はこれらの業務に加え、他の薬剤師と同様に調剤や販売、患者さんへの服薬指導なども行います。

倉庫などで勤務する場合は、物流管理を行うこともあります。購入者の情報管理や購入者への薬剤の情報提供、医師などの医療関係者の問い合わせへの対応も行います。

また、数ある職場の中でも管理薬剤師として高収入なのが製薬会社や医薬品卸などの一般企業で就職する場合です。研究や新薬開発に関わることもあることから平均年収が800万円を超えることもあります。別ページ管理薬剤師の平均年収が高い職場は?年収相場を比較してみたに詳細をまとめていますので合わせてご覧ください。

3,管理薬剤師になれるか不安…研修制度が豊富な職場を探そう!

研修会を実施している就職先の場合は、受講資格を満たしているのであれば積極的に研修を受けましょう。大手薬局チェーン店では30代の管理薬剤師がほとんどですが、薬剤師不足の現状から、20代で管理薬剤師として働く人も少なくありません。積極的にキャリアアップを考えていくと良いでしょう。

「管理薬剤師としてキャリアアップしたいけれども、責任を抱え切れるか不安だ」と感じる方は、このような管理薬剤師の研修制度が準備されている薬局や企業に就職することを大きな観点として持っておくことをお勧めします。

キャリアアップの1つとして管理薬剤師を考えているあなたの為のおすすめサイトはこちら

4,実は研修制度のある職場は意外と見つからない…研修制度のある職場の見つけ方とは?

では、どのようにして管理薬剤師研修制度がある手厚い職場を探すことができるでしょうか。サイトそれぞれで検索して探す方法もありますが、想像以上に時間と労力が必要になります。

現職を続けながら探していくのが困難な方も多いと思います。

研修制度の有無はキャリアコンサルタントが詳しい

時間のかかる検索を重ねるよりも、専門のスタッフに任せることが一番です。多くの転職サイトがありますが、「転職エージェントサイト」と呼ばれるサイトでは、転職希望者1人1人に専任のキャリアコンサルタントが担当してくれます。

勤務地の希望や研修制度の有無、研修センターの通いやすさなども、キャリアコンサルタントが全て的確に把握して、最善の選択肢を提供してくれるのです。
ほとんどの転職エージェントサイトでは、登録さえすれば無料でキャリアコンサルタントサービスを活用することができます。「キャリアアップしたい!」でも、「何から手を付けて良いか分からない!」人は、まずはキャリアコンサルタントに相談して見るのはいかがでしょうか。

【すぐには転職を考えていない薬剤師さんへ】

「今すぐ転職するわけじゃないけど、求人見てみようかな」

「夏のボーナス後に転職しようかな」

このように考えている薬剤師は多いのでは?5,6月は、大手薬局,ドラッグストアが「3月末に退職した薬剤師のポストが埋まらなかった」「新卒が定着しなかった」等の理由で、条件の良いレア求人を出しやすい時期です。今のうちに、転職サイトを見てみて自分にぴったりの職場をゆっくり吟味するのもおススメですよ。


『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら