pixta_6613881_m

管理薬剤師とは?業務内容や給料、薬剤師や薬局長との立場の違い

転職情報などを見ると、「管理薬剤師」という言葉をよく見かけます。管理薬剤師と、普通の薬剤師や薬局長と何が異なるのでしょうか。また、管理薬剤師にはどのようにしてなるのでしょうか。管理薬剤師の職場における立場について明らかにします。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

薬と人をマネジメント?!管理薬剤師と薬剤師の違い

調剤薬局や医療機関の薬剤部、医薬品卸業社の倉庫や製薬会社の営業所など、医薬品がある全ての場所には「管理薬剤師」を配置しなくてはならないと、薬事法で定められています。製薬企業の営業所などには複数の管理薬剤師がいる場合もありますが、大抵の薬局や薬剤部では管理薬剤師は1人のみです。管理薬剤師は医薬品の在庫管理・品質管理に責任を持つだけでなく、薬剤師たちの管理・指導も行います。

これに対し、薬剤師は調剤に関わる有資格者全てを表しますので、保険薬局や病院などではその規模に合わせて複数人が雇用されています。単なる「薬剤師」が1人で医薬品を扱う場所に勤務することはなく、常に管理薬剤師の管理下で仕事を行うのです。

転職活動するなら、正月明けの今がチャンス!!

ボーナスをもらった後の1月は転職を考える人が増えます。その結果、各企業が退職者の空きを補うために、普段より好条件で求人を公開します。

今すぐ転職活動を始めなければ、こういった転職に有利な時期を逃す事にもなります。。。

それでも「今は転職活動に十分な時間が割けない!」という方は、まずは薬キャリに登録してみてはいかがでしょうか。豊富な求人情報から、自分にあった職場を効率良く探す事が出来ますよ!

管理薬剤師になるための方法と気になる年収の相場について

ほとんどの調剤薬局や医薬品販売業を行う店舗では、管理薬剤師は1人のみとなっていますので、すでに管理薬剤師がいる場合は、その方が転職・退職しない限りは、他の従業員は管理薬剤師になることができません。

現在のように転職を気軽に行う風潮が無い時代は、一つの薬局に長く勤めて管理薬剤師として昇進して行くのが一般的でした。ですが、今は早く管理薬剤師になりたいなら、管理薬剤師の求人情報を入手して、転職活動を行うことが一般的です。
管理薬剤師になる!求人情報満載の転職エージェントは薬キャリ

手当はいくらもらえるの?気になる管理薬剤師の手当て相場

管理薬剤師の平均的な「手当」は月4~6万円が相場です。年間では普通の薬剤師より50万近く給料にプラスされます。薬剤師が不足気味の地域では月10万円近い手当がもらえる職場もあります。

管理薬剤師は薬剤師の基本的な業務である調剤にプラスαで店舗や従業員などに関する管理業務しなければならないこともあり、仕事は忙しいと言われています。また、薬局長や店長に昇格し兼任するとさらに給与が上乗せされます。

手当の厚い管理薬剤師の求人を見つけるなら

医薬品を扱う場所ならどこでも求められている「管理薬剤師」は、ドラッグストアなどが増えることで需要が高まっている職種でもあります。求人情報誌や転職サイトでも多くの情報を得られますが、具体的にどのような薬事・販売業務に携わるのか、職場の平均年齢や従業者の構成などの本当に欲しい内容はなかなか得ることはできません。

そのような時には、薬剤師専門転職エージェントサイトや医薬関係者専門転職エージェントサイトが便利です。日本最大級の医療専門サイトとして有名なエムスリー株式会社の、薬剤師に特化した転職サイト薬キャリは、一般企業や医薬品卸販売業者、調剤薬局などの様々な勤務先情報が手に入るだけでなく、内部経験者でしか知り得ない情報・事項についても収集してくれるのです。

管理薬剤師だけじゃない!「薬局長」「登録販売者」「店舗管理者」3つの役職

薬局によっては薬局長と呼ばれる立場の人がいます。また登録販売者や店舗管理者と言う立場の人もいます。これらの立場についてご説明いたします。

薬局長

薬局を代表する薬剤師。管理薬剤師が薬局長を兼ねることもありますが、別々に存在する場合は、管理薬剤師は薬剤師たちのリーダーで、薬局長は経営よりの仕事を行うことが多いです。チェーン店系のドラッグストアや調剤薬局では、薬局長は会社本部との連絡業務を担当することが多く、本部から派遣されている場合も少なくありません。

登録販売者

医薬品を販売するためには、登録販売者を1人店舗におくことが必要です。薬剤師が不在の場合でも、第二類医薬品と第三類医薬品を登録販売者が販売することができます。

登録販売者になるには、各都道府県で実施される「登録販売者資格試験」を受験し、合格することが必要です。

実務経験がない方は合格後2年間の実務経験が必要です。 それに満たない期間は「見習い登録販売者」などの扱いとなります。 管理者・管理代行者(1人でも店舗での販売が可能な登録販売者)となるには、通算2年間以上の実務経験が求められますので、 例えば合格直前までに8か月の経験があるとすると、合格後16ヶ月の実務経験を積んだのちに管理者・管理代行者となれます。

店舗管理者

登録販売者の資格を得てから3年以上薬剤師の下で販売の仕事に関わると、「店舗管理者」になることができます。管理者は薬局を開設するために必ず1人は登録が求められます。2009年に登録販売者制度が施行されてから、薬剤師でなくても店舗管理者になれるようになりました。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

エムスリーの3つの特長

  • 通勤30分以内の職場求人を全て紹介
  • ブランクのある薬剤師向けの求人を10000件以上掲載
  • 老健、クリニックなどのレア求人も約30件掲載

2位マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の3つの特長

  • 現場で働いている薬剤師の生の声が聞ける!
  • 人間関係、残業、キャリアアップに悩む方必見!
  • 職場復帰したい方も安心な転職相談サポート付き

3位ファルマスタッフ

ファルマスタッフの3つの特長

  • 年収700万円以上、時給3000円以上の求人がどこよりも豊富
  • 面接同行サービスで年収交渉も安心
  • 日本調剤監修の独自教育プログラムを受けられる
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら