妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師 妊婦・授乳婦専門薬剤師

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師 妊婦・授乳婦専門薬剤師の役割と取得条件

妊娠中、授乳中の患者さんは薬の服用に不安を感じがちです。また、妊婦・授乳婦さんに対する薬の有効性と安全性の情報が極めて少ないことも問題です。患者さんと家族にとって最良の答えを導くために、専門性を持つ薬剤師の認定制度が出来ました。
おすすめ転職サイト
ここがオススメ
求人を探す
1位 薬キャリ
資格が活かせる求人が豊富

詳細

2位 マイナビ薬剤師 耳寄りな非公開求人が豊富

詳細

3位 ファルマスタッフ コンサルタントの対応が丁寧!

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1,妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師 の目的・役割

妊婦・授乳婦への薬物療法は、患者さんと家族、赤ちゃんへのリスクを考慮する特殊性があります。投与する薬物の妊娠・授乳期におけるデーターが無いことも少なくなく、乏しい情報や倫理性をもとに妥当な判断をすることが求められます。

妊婦や授乳婦への服薬指導は、薬の服用と胎児や赤ちゃんへの影響を説明するだけではなく、患者さんと家族にとってのメリットを導くために十分なカウンセリングを行い、患者さんを支えていかなければなりません。

妊婦・授乳婦に対する薬物療法は専門性が必要です。妊婦・授乳婦が不安がぬぐいきれずに出産や薬の服用をあきらめるケースを減らす為、日本病院薬剤師会より授乳婦薬物療法認定薬剤師・専門薬剤師制度が制定されました。

高度な技術や経験をもつ薬剤師がカウンセリングやアドバイスを行うことで、患者さんや家族の未来をサポートします。

2,妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師 取得のために必要な条件

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師の認定申請には、以下の条件をすべて満たす必要があります。

・薬剤師免許を有し、薬剤師として優れた見識を備えていること
・薬剤師として 5 年以上の実務経験を有したうえで、規定の学会に所属し認定薬剤師であること
・申請時において、病院または診療所に勤務し、妊婦・授乳婦の薬剤指導に3年以上従事していること(証明が必要)
・日本病院薬剤師会が認定する研修施設において、「模擬妊婦・模擬授乳婦とのロールプレイ」を含めたカウンセリング技術等や、情報評価スキルの確認トレーニング等の実技研修を40時間以上履修
・日本病院薬剤師会が認定する妊婦・授乳婦領域の講習会などを所定の単位(20時間、10単位)以上履修
・妊婦・授乳婦の薬剤指導実績が30症例以上(複数の疾患)
・病院長あるいは施設長等の推薦
・日本病院薬剤師会が行う妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師認定試験に合格している

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師を取得後に、妊婦・授乳婦領域の学会発表や学術論文を規定回数行い、妊婦・授乳婦専門薬剤師認定試験に合格すると、専門薬剤師へとステップアップができます。

3,妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師 更新方法と仕事内容

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師の認定期間は5年間です。更新に必要な条件は以下の通りです。

・継続して、日本病院薬剤師会や規定の会員、規定の認定薬剤師であること
・認定期間中、施設内において妊婦・授乳婦に関する専門的業務に従事していたことを証明できること
・5年間に、規定の妊婦・授乳婦に関する講習単位40 単位以上を取得すること(規定単位を含む)
・5年間に、妊婦・授乳婦に対する指導実績が20症例以上を満たすこと
・5年間に、規定の学術大会において妊婦・授乳婦に関する学会発表が1 回以上(共同発表者でも可)、または規定の学会誌などに妊婦・授乳婦に関する学術論文が1 編以上(共同著者でも可)あること

4,妊婦・授乳婦専門薬剤師の仕事内容

妊婦・授乳婦専門薬剤師の認定期間も5年間であり、更新には上記の指導実績は求められませんが、施設内・地域・学会等において指導的役割を果たしてきたことを証明することが求められます。

仕事内容は、妊婦・授乳婦さんの薬物療法の情報を集めて医師に提供したり、薬のリスクを判断します。妊婦・授乳婦さんからの相談内容は、妊娠初期に服薬した薬や、持病のある方の妊娠相談、授乳の継続についてなど多岐にわたります。

薬の評価や医師の診断をもとに、倫理性に配慮したカウンセリングを行い、患者さんを尊重した薬物療法を受けることができる環境を整えていきます。妊娠・授乳婦の薬物療法の知識と経験の積み重ねが求められます。

5,資格を活かせる職場

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師、妊婦・授乳婦専門薬剤師は、病院や診療所で資格を活かして活躍できます。認定薬剤師は妊婦・授乳婦にカウンセリングなどの業務を行いますが、専門薬剤師はさらに教育や研究能力も求められます。

少子高齢化がすすむ日本において、これからの子供の命や健康を支えていく高い専門性を兼ね備えた薬剤師です。

【すぐには転職を考えていない薬剤師さんへ】

「今すぐ転職するわけじゃないけど、求人見てみようかな」

「夏のボーナス後に転職しようかな」

このように考えている薬剤師は多いのでは?5,6月は、大手薬局,ドラッグストアが「3月末に退職した薬剤師のポストが埋まらなかった」「新卒が定着しなかった」等の理由で、条件の良いレア求人を出しやすい時期です。今のうちに、転職サイトを見てみて自分にぴったりの職場をゆっくり吟味するのもおススメですよ。

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら