HIV感染症薬物療法認定薬剤師 HIV感染症専門薬剤師

HIV感染症薬物療法認定薬剤師 HIV感染症専門薬剤師の役割と取得条件

HIV感染症にかかると、現在の医療では長期にわたって抗HIV薬を服用しなければなりません。日本でのHIV感染者数は少しずつ増加しており、患者さんに最適な薬剤を選択して治療に貢献する、専門性のある薬剤師が求められています。
おすすめ転職サイト
ここがオススメ
求人を探す
1位 薬キャリ
資格が活かせる求人が豊富

詳細

2位 マイナビ薬剤師 耳寄りな非公開求人が豊富

詳細

3位 ファルマスタッフ コンサルタントの対応が丁寧!

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1,HIV感染症薬物療法認定薬剤師 HIV感染症専門薬剤師の目的・役割

HIVに対する医療は発展しており、しっかりと治療を行えば薬物療法で症状をコントロールすることができます。しかし、HIV感染症の治療に用いられる薬剤には、相互作用が多いものや、重大な副作用があるものが多く、薬物療法は極めて厳密に行わなければなりません。また、適切な服薬方法で長期間継続して服薬を行わないと、耐性ウイルスが出現しやすくなります。患者さんの治療効果が低下するだけでなく、感染拡大にもつながります。
このように特殊性のあるHIV感染症に対応できる薬剤師を養成するために、日本病院薬剤師会よりHIV感染症薬物療法認定薬剤師、HIV感染症専門薬剤師制度が設立されました。専門性のある抗HIV薬の特徴を理解して、患者さんの合わせてに最適な薬剤を選択し、治療が成功するようにサポートしていきます。

2,資格取得のために必要な条件

HIV感染薬物療法認定薬剤師の認定申請には、以下の条件をすべて満たす必要があります。

・薬剤師免許を有し、薬剤師として優れた見識を備えていること
・薬剤師として 5 年以上の実務経験を有したうえで、規定の学会に所属し認定薬剤師であること
・申請時において、病院または診療所、保険薬局に勤務し、HI V感染症患者に3年以上従事していること(証明が必要)
・日本病院薬剤師会が認定する研修施設において、HIV感染症関連の実技研修を16 時間以上履修、または、研修施設において3 年以上、HIV感染症患者に対する指導に従事(証明が必要)
・HIV感染症患者に対する指導実績が30 症例以上を満たしている
・日本病院薬剤師会が認定するHIV感染症領域の講習会、規定の講習会などを所定の単位(10時間、5単位)以上履修していること
・病院長あるいは施設長等の推薦
・日本病院薬剤師会が行うHIV感染症薬物療法認定薬剤師認定試験に合格

HIV感染症薬物療法認定薬剤師を取得後に、学会発表や学術論文など行い、HIV感染症専門薬剤師認定試験に合格すると、専門薬剤師へとステップアップする流れです。

3,HIV感染症薬物療法認定薬剤師 HIV感染症専門薬剤師の更新方法と仕事内容

HIV薬物療法認定薬剤師の認定期間は5年間です。更新に必要な条件は以下の通りです。

・継続して、日本病院薬剤師会や規定の会員、規定の認定薬剤師であること
・認定期間中、施設内においてHIV感染症に関する専門的業務に従事していたことを証明できること
・5年間に、規定のHIV感染症に関する講習単位40 単位以上を取得すること(規定単位を含む)
・5年間に、HIV 感染症疾患患者に対する指導実績が20症例以上を満たすこと
・5年間に、規定の学術大会においてHIV 感染症に関する学会発表が1 回以上(共同発表者でも可)、または規定の学会誌などにHIV 感染症に関する学術論文が1 編以上(共同著者でも可)あること

HIV感染症専門薬剤師の認定期間も5年間であり、更新には上記の指導実績は求められませんが、施設内・地域・学会等において指導的役割を果たしてきたことを証明することが求められます。

研修ではHIV感染症の基礎、臨床、 日和見感染症、 HIV感染症患者の長期療養・合併症など、 抗 HIV 薬の副作用・相互作用など、患者さんの服薬指導とコミュニケーションスキル、HIV感染症医療チームにおける薬剤師の役割などを学びます。

HIV感染症薬物療法認定薬剤師、HIV感染症専門薬剤師は個々の患者さんに合わせた治療を有効かつ安全に行えるように貢献しています。

4,HIV感染症薬物療法認定薬剤師 HIV感染症専門薬剤師の資格を活かせる職場

HIV感染症を扱う専門病院でチーム医療の一員として活躍することができます。また、抗HIV薬を処方する保険薬局の薬剤師も資格を活かすことができます。

HIV感染症の外来患者さんの継続治療では病院薬剤師と薬局薬剤との連携も不可欠です。また、一般の方にHIV感染症についての正しい情報や知識を伝えるために中心となって働きかけていく役割も担うでしょう。

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら