精神科薬物療法認定薬剤師 精神科専門薬剤師

精神科薬物療法認定薬剤師 精神科専門薬剤師の役割と取得条件

精神科領域の薬物療法は、患者さんのアドヒアランスや、効果や副作用の発現には個人差があるといった問題があります。薬剤師の専門性を生かして良質の医療を提供するため、精神科部門に専門薬剤師・認定薬剤師認定制度が制定されました。
おすすめ転職サイト
ここがオススメ
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
資格が活かせる求人が豊富

詳細

2位 マイナビ薬剤師 耳寄りな非公開求人が豊富

詳細

3位 ファルマスタッフ コンサルタントの対応が丁寧!

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1,精神科薬物療法認定薬剤師 精神科専門薬剤師の目的・役割

精神疾患の薬物療法は、効果を判定する検査値などの指標がなく、効果や副作用の有無は患者さんとのコミュニケーション中からわかることのほう多いという特徴があります。また、患者さんの服薬状況が良くないことも少なからずあり、退院後に服薬不十分によりに悪化して、再び入院するケースもあります。
精神科領域は他の診療科に比べると薬剤師の認知度が不十分なところもあります。精神疾患患者さんに適切に関与できるような薬剤師の育成が必要ではないかと考えられ、精神科薬物療法認定薬剤師、精神科専門薬剤師認定制度が制定されました。患者さんの薬物療法に携わることで、患者さんの社会復帰などに貢献することが期待されています。

2,精神科薬物療法認定薬剤師・精神科専門薬剤師 取得のために必要な条件

精神科薬物療法認定薬剤師の認定申請には、以下の条件をすべて満たす必要があります。

・薬剤師免許を有し、薬剤師として優れた見識を備えている
・薬剤師として 5 年以上の実務経験を有したうえで、規定の学会に所属し認定薬剤師である
・申請時において、精神科のある病院または診療所、または精神科の処方せんを扱う保険薬局に勤務し、精神科薬物療法に5年以上従事していること(証明が必要)
・日本病院薬剤師会が認定する精神科領域の講習会などを所定の単位(40時間、20単位)以上履修すること
・精神疾患患者に対する指導実績が50症例以上(複数の精神疾患)を満たしている
・病院長あるいは施設長等の推薦
・精神科薬物療法認定薬剤師認定試験に合格

日本病院薬剤師会の認定制度の中では精神科部門だけ必要な症例数が 50 症例と多く、経験や実績が重要な資格であるといえるでしょう。
精神科専門薬剤師の認定を受けるためには、精神科薬物療法認定薬剤師であることが必要です。

申請時には規定の会員であり、精神科領域の関する発表が規定の学会で 3回以上(うち少なくとも1回は発表者)、規定の学会誌に学術論文が 2 編以上(うち少なくとも1編は筆頭著者)などの条件が求められます。
精神科専門薬剤師認定試験に合格すると専門薬剤師の認定が申請ができます。

3,資格の更新方法と仕事内容

精神科薬物療法認定薬剤師の認定期間は5年間です。更新に必要な条件は以下の通りです。

・継続して、日本病院薬剤師会や規定の会員、規定の認定薬剤師であること
・認定期間中、施設内において精神科に関する専門的業務に従事していたことを証明できること。
・5年間に、規定の精神科に関する講習単位50単位以上を取得すること(規定単位を含む)
・5年間に、精神疾患患者に対する指導実績が50症例以上(複数の精神疾患)を満たすこと
・5年間に、規定の学術大会において精神科に関する学会発表が1回以上(共同発表者でも可)、または規定の学会誌などに精神科に関する学術論文が1編以上(共同著者でも可)あること

精神科専門薬剤師の認定期間も5年間であり、更新には上記の指導実績は求められませんが、施設内・地域・学会等において指導的役割を果たしてきたことを証明することが求められます。

仕事内容は、個々の患者さんに合わせた治療を行い、患者さんの社会復帰を見越した薬物療法を医師に提案していきます。精神科の治療では、患者との話の中から副作用や効果を聞き出すことが大切で、患者さんと良好な関係を築くコミュニケーションスキルが求められます。

4,精神科薬物療法認定薬剤師、精神科専門薬剤師の資格を活かせる職場

精神科薬物療法認定薬剤師、精神科専門薬剤師は主に精神科のある病院や精神科の処方箋を扱うあ保険薬局でで資格を活かすことができます。

精神科の治療は長期に渡ることもありますが、入院治療から外来での治療へ行えるようにサポートをしています。精神科病院から保険薬局へと、薬剤師や医療スタッフとの連携も必要で、精神科薬物療法認定薬剤師、精神科専門薬剤師の役割は広がっていくと考えられます。

【緊急】3月を超えると求人数が激減するの?

3月が年度末の企業を中心に採用計画の充足に向けた動きが強まるため、中途の正社員採用が強化されます。逆に3月を逃してしまうと、求人数は減り転職難易度が大幅に上がる傾向にあるのです。まずは求人を見てみたい、転職を考えている、という薬剤師は3月に行動することをおすすめします。

Hop経由で転職成功した人の82%が転職希望日を「6ヶ月以内」と回答

急募をしている高給与求人や人気の求人は転職転職希望日が早い人から優先的に紹介をされます。いつ転職しようか迷っている方は良い職場に巡り合えるよう少しスケジュールを早めて検討するのが転職成功の秘訣です。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら