医師が転職を希望する理由

【医師が転職を希望する理由とは】

医師が転職を希望する理由とは

医師になると、大学の医局に属する働き方が一般的で、医局人事による関連病院への転勤はよくある話ですね。それとは別に、医局員以外の働き方を求めて転職を希望する人も少なくありません。ここでは、医師が転職を希望する理由についてお話ししたいと思います。
年収をアップしたい
転職の条件で年収は志望動機の大きな理由です。これは、どの業種でもいえる代表的な希望条件にもなっています。医師は一般的に高収入の傾向にあります。しかし、同年代の医師と比べると給料が少ないことに気付き、自身の待遇を見直すきっかけになった人もいます。その一方で、年収よりも医療現場における仕事での満足を求める人も存在します。
キャリアアップしたい
仕事でのキャリアアップは不可欠ですね。そのために、総合病院から一般病院への転職を考える人や、診療科の転科を考えている人もいます。たとえば、内科医や麻酔科医などとして専門科を極めたい、外科医としてスキルアップしたい、緊急医療の現場で働きたいなど、人それぞれです。
常働き方を変えたい
医師は年齢に関係なく長く続けることが可能です。そのためには、年齢や体力面などにも考慮する必要があります。具体的にいうと、勤から非常勤としての働き方の変更も大切です。実際、若い世代だけでなく、ベテラン世代に達してから転職を考えている人も少なくありません。
勤務地を変更したい
地方都市で勤務して、地域医療への貢献を希望する人もいます。地域の病院に赴任することによって、内科や麻酔科をはじめ、多くの医療科での業務を経験することが可能です。また、現場での医療を通じてスキルアップにもつながります。
開業を目指したい
大学病院勤務医など開業医として働く以外に、個人で開業を目指す人もいます。そのためには、経営者としてのノウハウを取得することが不可欠です。比較的小規模の医療機関現場において、医療の仕事以外での経験を積むことがお勧めです。

医師が転職を考えるときの悩みとは

転職の条件で年収は志望動機として不可欠ですね。また、好条件での転職を果たすことによって、年収をはじめ、大幅な待遇改善が期待できます。それと同時に、転職を具体的な形にするためには、優先すべき条件の絞り込みが大切になります。
転職には積極的な理由が大切
転職理由として、人間関係の悩みは不可欠です。しかし、それを前面に出すことはマイナスになることを知っておきましょう。やはり、仕事を通じてキャリアアップしたいなど、プラスになる積極的な理由が必要になります。
家庭生活との両立も大切
医局での人事異動ではなく、自分から転職する場合は家庭生活との両立を考えることが大切です。特に、緊急対応が必要な医療現場に勤務する場合は、引越しを視野に入れましょう。また、子どもの教育環境を考慮することも大切だといえます。
転職をスムーズに行うことが大切
現職を辞める場合は、退職を願い出るタイミングが大切です。また、現職への慰留を考えると、転職先が決まっていることを理由にするとスムーズな転職が可能になります。
転職エージェントの活用がお勧め
スムーズな転職をするためには、「転職エージェント」への会員登録をお勧めします。こちらでは、専任コンサルタントが存在するため、応募書類作成から転職にともなう労働条件交渉など、全面的なサポートが受けられます。なかでも、転職条件で年収は志望動機としても不可欠ですが、入職前に条件交渉が完了することは大きな強みです。なお、転職エージェントに登録するときは、非公開求人も含めた求人数や勤務条件など、サイト情報を考慮することが大切です。そのうえで、複数の情報サイトへの登録がお勧めです。もちろん、個人情報への守秘義務は生じますので、安心して転職活動を進めることができます。