医師のキャリアアップを考えてみる時期は40代がチャンス

医師のキャリアアップを考えてみる時期は40代がチャンス!

40代の医師は転職の好機!

病院で働く医師として40代ともなれば、医者としての技術向上や勤務医としての実績が増え、医療現場の中心人物となって仕事に責任を持てるようになります。さらに指導医として若手の育成を行う立場になってくると、次は自分自身のキャリアアップを考える時期になります。同じ経験年数を経た仲間が医院を開業していたり、重要な役職についたり、勤めている病院を換えて大きく給与がアップするのを今まで何度も見てきたでしょうか。今の職場に満足を感じていないと気づいたら、そろそろ給料や待遇、福利厚生などを真剣に考え直す時期が来たと思っていいでしょう。
医師は転職によって、大きく年収をアップさせることが可能です。さらに環境が変化することで、今までとは違う経験も積むことが出来ます。

40代医師の年収比較

それでは、40代というのは職業の違いや立場の違いによって、年収の差がどのくらいあるのか比較してみましょう。
厚生労働省の平成26年度のデータによると、すべての男性医師の平均年収は1,238万円であり、男性弁護士は1,057万円、男性パイロットの場合だと1,712万円となっています。日本の男性サラリーマンの平均的給与の一番多い収入分布は、年収300~400万円台という結果からみると、かなりこれらの職業の収入は多くなっています。医師の場合、一般病院の40代の勤務医クラスの平均年収はおよそ1,200万円だとされていますが、診療部長や医科長などの役職についていると、平均年齢45歳で1,500万円が相場になってきます。さらに上の副医院長クラスになれば1,600万円、医院長で1,800円程度が相場となります。
開業医ともなれば年収はさらにアップし、およそ2,500万円から3,000万円になります。しかし、開業には医療器材などのローンを多額に抱えることになり、ローン返済などがかなり大変です。開業医の場合は、ローンの返済が終わってからが大きな収入が見込めます。
開業医の場合、小規模の診療所から大きなクリニックまで幅広くありますが、病院勤務と違って診療科目によって平均年収に差が生じます。高額なのが眼科でおよそ平均3,500万円、続いて小児科で平均3,300万円です。逆に低いのが外科の平均1,400万円になります。給与にこのような倍以上の差が生じる原因としては、1日あたりに診る患者数の違いが年収にダイレクトに関係してきていると言えます。同じ外科医でも美容外科などの場合は、診療の多くが自由診療であるため、患者あたりの単価が高くかなりの収入が見込まれます。このように診療科目によって差が生じるのを少しでも緩和させるために、中には複数の診療科を掲げる医院もあります。
日本の病院の場合は、診療科によって医師の年収の差が大きいという事はあまりありません。ですが科を維持するためにも医師の補充がどうしても必要な病院の場合、数の少ない産婦人科、小児科、麻酔科、外科などの医師が必須となり、高額給与を提示して募集を行うことは多々あります。また、過疎化で悩んでいる地域や離島などの診療所の医者の需要は高く、若手医師でも2,000万円程度の高額報酬で呼ばれることもあります。経験と実績のある40代の医師ならばさらに倍額でオファーが来るケースもあります。

今後のキャリアのために出来ることとは?

同じ40代の医師でも、立場が違えば大きく年収に差が出るということを理解できたでしょうか?そこで、現在の自分の年収や立場は満足の出来るものかどうかを冷静に見つめ直してみて下さい。このままずっと同じ病院の勤務医として働いていくとすると、同世代の医師と比べてキャリアで劣ることはないだろうか、今後の年収は満足のいくものだろうかと、自分の人生の今後何十年かをシュミレーションしてみるといいでしょう。
もし、現状に不満があるのなら、まずは転職サイトへの登録をおすすめします。転職サイトへ登録することにより、現在自分がどのような分野で必要とされ活躍できるかが明確に判明するでしょう。転職によって今の給料よりもさらに上の給料をもらうことも夢ではありません。