当直なしの仕事を探す

医師の転職!当直なしの仕事を探す

かつては当直と言えば研修医がアルバイトで行うものというイメージがありましたが、2004年に厚生労働省は「新医師臨床研修制度」を設け、初期研修期間に当たる2年間は当直のアルバイトを行えないことが制度化されました。初期研修医は当直を行えませんが、若い世代の医師が当直に当たることは今でも多いです。体力のある若い医師が、日勤に続く当直勤務や、当直に続く日勤を行うことが多いのです。
ですが、医療機関によっては年齢に関わらず当直が当番制で回ってくることがあります。年齢も高くなり体力の衰えを感じる医者の中には、当直を回避したいと考えている方も多いのではないでしょうか。
当直勤務の現状と、当直を回避するためにできる事柄をご説明いたします。

当直医の現状

常勤の医師が勤務する病院で当直する場合、日勤業務を終えた後にそのまま当直に入り、当直終了後通常の診療・外来業務を行うことも少なくありません。このような体制を取る場合は、次のような問題が生じてきます。
1.当直中に診療・治療などの呼び出しが無かったとしても、神経を張り詰めているために連続して30時間以上業務に就いていることになる。
2.医療機関によっては救急患者や入院患者の急変が重なり、当直中であっても睡眠や休息を取ることができないこともある。
3.当直後の日勤において、業務内容に対する正確な判断や処置ができなくなる可能性がある。
4.当直中に受け入れた入院患者は、一般には当直医が管理・担当することになるため、担当する患者が多すぎる医師や負担を減らしたい医師によって、入院が拒否される可能性もある。
これらの問題を解決するためには、医師の勤務体制を看護師と同じように2交代制もしくは3交代制にする必要があります。ですが、現実問題としては先生数が不足していることや、資金面で問題があるために、実現できていないのが現状です。問題が多い「当直」制度も、勤務医不足と医療報酬の問題が解決されない限り続いていくでしょう。

時間の短いアルバイト・非常勤の仕事を探す

仕方のないこととはいえ、体力的に無理な先生方が、当直がほぼ義務化している職場で働くことは医療過誤の原因にもなり危険です。しかし、金銭等の理由により、常勤の仕事以外をしなくてはならないこともあるでしょう。
そのようなときは、医師専門転職エージェントサイトに任せてみるのはいかがでしょうか。専任のキャリアコンサルタントが、当直や夜勤以外で、希望する条件を満たす求人案件を見つけてくれます。一つ一つの求人を検索して吟味することは、多大な時間と労力がかかります。また、好条件の情報は転職サイトでは公開されていないことも少なくありません。ですが、医師専門転職エージェントサイトに会員登録するならば、非公開案件の求人情報や高額求人なども知らせてもらえますので、短時間で希望に合う情報を入手することが可能になるのです。

思いきって転職することも!

医師専門転職エージェントサイトを活用して、アルバイトや非常勤の仕事を探すことも良い選択ですが、思い切って転職することも希望の勤務条件を叶える方法と言えます。一般病院だけでなくクリニックや診療所などの小規模医療機関で働いて見たり、消化器内科や呼吸器内科・皮膚科など専門とする診療科で勤務したり、勤務地を地域やエリア別に紹介してもらったりすることも可能です。また、産業医の募集や車通勤可の募集、ケアミックス型病院での募集など、細かい要望に応じて探してもらうことも可能です。
実際に8割以上の医師が、転職エージェントサイトを活用して転職を行った結果、年収が上がったり満足度が高まったりしたとのポジティブな感想を述べています。「今の働き方で良いのか・・・」と疑問を持った時が、転職のタイミングでもあるのです。