やりがいを持てる仕事をしたい

医師の転職!やりがいを持てる仕事をしたい

研修医時代を終え、勤務医として忙しく診療し始めたばかりのころは毎日充実していたのに、だんだん仕事にも慣れてくると、業務が同じことの繰り返しに思えてきて「やりがいを持てない」と感じる医者も出てきます。
医師にとっての「やりがい」と「やりがい」を感じられる職場の例、そしてやりがいを感じられる職場探しはどのように行うことができるのかをご説明いたします。

医師のやりがいとは

医師にとってのやりがいとは何でしょうか。もちろん先生方一人一人によって、その定義は異なってくるでしょう。ですが、「患者さんを治療して、患者さんやその家族に喜んでもらいたい」「新しい発見・技術・情報・知識・経験を得たい」「日本の生活をもっと良いものにしたい」ことが底辺にあることは普遍の真理と言うことができます。それに加えて、「自分の労働が正当に評価される」なら、やりがいと満足が得られるでしょう。
「患者さんを治療して、患者さんやその家族に喜んでもらいたい」
医師を志した理由が、「患者さんの治療」である人は多いでしょう。医者は、患者さんを健康に導き、命を守る素晴らしい職業です。ですが、都市部の総合病院や大学病院などの大病院では、次から次へと休む間もなく多くの人たちが訪れますので、1人1人に長く時間をとることもできず、患者さんや家族と深く関わることが難しい場合が多いのです。
より深く関わりたいと願うのなら、医療過疎地域で地域医療に携わったり、診療所やクリニックなど地域に根差した医療機関で勤務したりすることができます。患者さんの経過や予後も把握できますので、満足感の大きい医療を行うことができるでしょう。

「新しい発見・技術・情報・知識・経験を得たい」

もちろん患者さんたち1人1人は異なるのですが、同じような症例を診て、同じような診療を行うように感じる場合、何か新しい発見や経験を得たいと感じるのは自然なことです。
そのような向学心旺盛な先生は、大学や研究機関などの施設で研究医として働いたり、製薬会社や保険会社のように医師を必要とする一般企業に就職して、マーケティング活動や営業活動を行ったりすることも良いでしょう。他業種の社員と接する機会も増えますので、毎日知的刺激を多く受ける生活ができます。

「日本の生活をもっと良いものにしたい」

地域住民の衛生環境を向上させることや、子どもや老人・妊産婦をとりまく医療体制をより良いものにしたいと考える方は、保健所に勤務すると言う選択肢があります。保健所で公衆衛生医として働くなら、公衆衛生の分野で地域住民の生活を変えることができます。

「自分の労働が正当に評価される」

どんな人間でも、自分の労働が正当に評価されることで満足とやりがいを感じるものです。労働に見合った対価があるなら、辛い業務や忙しい仕事にも魅力を見いだせるものです。自分が行っている仕事を正当に評価される職場に転職することも、仕事にやりがいを持つ方法の一つです。

転職サイトを活用して、地方の情報を入手する

やりがいを持てる仕事を見つけるためには、自分が住んでいる地域だけでなく、他の地方の求人も視野に入れた転職活動をすることが必要です。ですが、激務とも言われる医師の仕事をこなしながら、他の地方の求人まで探すことは至難の業です。
そんな時に活用できるのが「転職サイト」です。医師専用の転職サイトもありますので、希望する診療科や希望する勤務形態の求人を探すことができます。全国の情報を網羅しているサイトもありますので、スマホやパソコンで他地域の求人情報を得ることもできます。
キャリアアドバイザーなどがいる転職エージェントサイトでは、登録して希望条件を伝えておくと、マッチする案件を個人的に紹介してくれます。普通では手に入らないような非公開求人も紹介してくれますので、条件の良い職場を探すことも可能になります。大抵のサイトでは無料登録が可能ですので、積極的に活用して、やりがいのある仕事を見つけていきましょう。