人間関係の悩みは転職で解決

医師の転職!人間関係の悩みは転職で解決する

医療の現場だけでなく、ほとんどの職場では人間関係の問題があります。「人間関係の悩み」が転職の主な動機の上位に位置することは、疑いようがありません。
一種、不偏的ともいえる「人間関係の悩み」は、どのように解決することができるでしょうか。人間関係に問題が生じる原因と、解決する方法について探っていきましょう。

人間関係には問題がつきもの

人間関係で悩んで転職を考えることに、なんとなく後ろめたさを感じる人もいます。社会人としての責任があるはずなのに、そのような理由で仕事を放り出してしまうのは良いものなのかと、自問自答することもあるかもしれません。ですが、人間関係で職場を変えることは、本当に社会人にふさわしくない行動なのでしょうか。
私たちは社会人である前に1人の人間です。親子や兄弟といった生活環境も遺伝子的にも近い人たちと接する際も、不快な気持ちや理解し得ない思いが生じます。ましてや他人との間で、コミュニケーションを頻繁に取り、全く嫌な経験なしに過ごせることは有り得ないのが普通の状態なのです。

環境を変えるのが一番の解決法

人間関係がうまくいかないと「自分が悪い」「○○さんが良くない」などと考える人も少なくありませんが、人間関係がうまくいかないことに解決できる根本的な理由がある場合はほとんどなく、大抵の場合はただ単に相性がよくないだけなのです。誰か特定の個人に責任があるのではなく、「相性」つまり「組み合わせ」が良くないのです。
また、「私はどこに行っても良い人間関係を築けないのでは」と考える人もいますが、居心地の良さが人によって異なるのと同じく、良い人間関係を築ける場所も人によって異なるのです。相性の良い勤務先、相性の良い人間関係は、ドクターによっても異なります。自分でもっとも居心地良く感じる医療現場や会社を探すことは、医者本人だけでなく周りのスタッフや看護師たち・患者さんたちにとっても幸せな選択なのです。
もちろん、勤務医の立場として途中のプロジェクトや研修などを放ってしまうのは、感心できる対応ではありません。目先が付くように終了させてから去っていくのが礼儀でしょう。あれやこれやと自分で解決できないことを悩むよりは、新しい可能性を切り開いていきましょう。

転職先を見学できる転職エージェントサービス

先輩や友人と求人を行う医療機関の情報交換を行うことも、良い転職情報の見つけ方です。ですが、万が一、そこで紹介してもらう総合病院や大学病院なども自分に合わない場合は、断りづらく、また辛い思いをして勤務しなくてはならなくなります。
そのような気持ちを持つ場合は、民間の医療系転職エージェントサイトを活用するのが一番です。専任のコンサルタンティングスタッフが、希望する条件に合う求人情報を個人の適性に合わせて紹介してくれますので、満足のいく職場を見つけやすくなります。また、転職先の候補を見学できるサービスを実施している転職エージェントもありますので、実際の雰囲気を把握して安心感を得ることもできます。
もちろん、納得がいかない職場の場合は、面接前でも面接後でもコンサルタントを通して断ることができます。また、周囲の人々に気付かれずに、周囲の人々に迷惑や不快な思いをさせずに転職活動することも、転職エージェントを活用すれば可能です。人間関係に悩むなら、まずは医療系転職エージェントサイトに登録することから、一歩を踏み出してみるのはいかがでしょうか。