医師としてキャリアアップを目指す方法

医師としてキャリアアップを目指す方法

高い理想を持って医師になったからには、キャリアアップを目指すことは自然な流れです。多くのスキルや知識を身につけて、自分が理想とする医師に成長していきたいものです。
医師のキャリアアップとは具体的に何を指しているのでしょうか、またどのような手順でキャリアアップを実現できるのでしょうか、医師とキャリアアップに関して探っていきます。

医師のキャリアアップの理想像とは

医師によって理想とするキャリアアップ像は異なります。大別すると、大学病院を中心とした臨床と研究を並行させていくグループと、医局に属し、医局人事に従って関連病院やへき地医療などを行っていくグループ(このグループには開業を視野に入れている医者も多くいる)、そして、研修医期間を終えたら独力で職場を探して独自の道を行くグループに分けられます。それぞれどのようなキャリアアップを描くことができるでしょうか。

大学を主な舞台とするグループ

大学病院で研修を行い、大学病院に勤務しながら講師・准教授・教授とステップアップして行くグループです。大学病院で臨床経験や研究を積みながら、医学部で医学生を指導しますので、医師でありながら学校の先生でもあると言う立場に立ちます。
自分の出身大学でそのまま昇進して行くケースは少なく、講師職や教授職の空きがある大学に就職したり、途中で医療センターや関連機関に勤務したりする場合もあります。国立大学の場合では、講師職は年収400万円~500万円程度、准教授で800万円程度、教授で1000万円程度になります。

医局をベースとし、医療機関で働くグループ

大学医局に属しながら、配属先の公立病院や中小病院などの医療機関で仕事するグループです。医局制度を活用しますので、海外研修など長期にわたって不在が続いても、帰国後の就職先の心配がないことが大きなメリットです。ですが、就職先病院が基幹病院や有力病院ではなく、転勤を伴う地域の病院となることもあります。
開業のための人脈創りのために医局に属する人や、学会や研修に熱心に参加して総合医や総合病院の院長をめざす人もいます。開業医の平均年収は2000万円~2500万円、勤務医の平均年収は1000万円~1500万円です。

ベースを持たずに医師として働くグループ

現在、勤務医の3割は医局に所属していないと言われています。研修期間を終えると、救急医をめざす人、産業医を目指す人、公衆衛生の分野を選択する人など、各自が自由に目指す方向へ旅立ちます。
かつては医師が就職するためには医局に属していることが必須でしたが、最近では、民間の医療従事者転職サイトで、医師の募集などの情報を手軽に得ることができます。公開求人だけでなく、県立病院や診療所などの地域医療の現場での非公開求人も入手することができますので、ベースを持たない医師も、就職に困らない時代になりました。

医師のキャリアアップには転職サイトが必須アイテム

医局に所属して就職先を決めることも、良い選択です。ですが、より自由な選択を行う方法として、医師専門の転職サイトを活用することがあげられます。設備や症例、専門性の高い診療科などの病院情報だけでなく、給与や各種手当・休日などに関する情報も、十分に理解してから転職できることが大きなメリットです。
専任のキャリアコンサルタントがいる転職エージェントサイトでは、給料や休日などの直接話しづらい内容を、応募者に代わって交渉してくれるサービスもあります。
各自が目指す形のキャリアアップを実現するための大きな即戦力になってくれるのが、医師専門の「転職サイト」だということができるのです。

あなたにオススメの関連記事

    記事はありませんでした