病院求人の探し方

医師の転職!病院求人の探し方とは

患者に寄り添った地域医療を志すことや、知り合いの先生などから依頼を受けるなどの理由で、診療所やクリニックで勤務している医師も非常に多くいます。研修医として働いていた病院や、かつての勤務先の医療機関からは一旦つながりが切れてしまった場合、どのように20床以上の「病院」に転勤することができるのでしょうか。
個人的なコネクションが無い場合の病院への転職方法、また適性や条件に合った病院の見つけ方、転職先の情報の仕入れ方などについて解説致します。

病院への転職方法とは

信頼できる先生や、今までお世話になった医療機関や医療グループ・医療法人を通して、採用の枠が無いかを尋ねてみることができます。また、個人的に見つけた医師募集情報に問い合わせして見ることも可能でしょう。
ただしこの方法で採用情報を入手すると、医師自身の希望を伝えにくいという欠点があります。「せっかく紹介してもらったのだから」「多くの人材の中から選んでもらったのだから」と、多少納得ができない条件でも、我慢して勤務しなくてはならないかもしれません。

自分にあった条件の病院をみつける

個人的なコネクションを活用して探すと、応募者側の給与や勤務スタイルなどの希望を採用担当者に伝えにくいというデメリットがあります。また、個人的に見かけた募集情報に応募する場合は、初めに公表されている情報量が少なく、電話などで問い合わせて担当者に話を聞いて見ると、「思った仕事内容と全く違う」ということも頻繁に生じます。
それに加え、コネクションを活用した場合も個人的に募集に応じる場合も、「時間がかかりすぎる」というデメリットもあります。ただでさえ忙しい医師の業務をこなしながら、一つ一つの案件を吟味して「これは条件に合わない」「この内容はもっと深く確認するべき」などとチェックして行くのは、時間的にほぼ無理と言わざるを得ないかもしれません。
また、ネットなどの転職サイトを利用する場合にも、同様のことが言えます。転職サイトに記されている募集要項を一つ一つ吟味して、常勤であるか非常勤であるかの勤務形態、手当や待遇・福利厚生に関する採用情報などをチェックして行くのは、仕事をしながら行うには余りにも負担の多い探し方と言えるのです。
しかも、忙しい中で時間を見つけて「これは」と思える情報を探し当て、いざ履歴書を持って面接に行くと、「採用人数はすでにいっぱいです」「年齢が当院の希望とは合いません」「○○の地域での募集となっています」「募集診療科は○○診療科のみです」など、様々な理由で職員から断られることもあります。
忙しい医師でも効率よく転職できる方法はないのでしょうか。

転職に関する情報は転職サイトで分かる

診療所から病院へ転職する場合、またその他ありとあらゆる医師の転職の場合には、単なる転職サイトではなく、「医師専門転職エージェントサイト」を活用するのがおすすめです。医療分野以外において医師免許を活用できる社員・職員の求人も、「医師専門転職エージェントサイト」を活用して見つけることができます。
転職エージェントサイトに会員登録すると、専任の担当キャリアコンサルタントが会員の希望をヒアリングもしくはネットによる申告で把握してくれます。そして会員の適性と条件に応じた求人案件を、キャリアコンサルタント側から紹介してくれるのです。条件に合った案件のみを案内してくれますので、病院側の要望と応募者の希望がマッチしており、面接を受けてみてから断られるといった事態はほとんど生じません。
忙しく働きながらも、転職エージェントサイトを活用すれば、機能的で効率の良い職探しが実現できます。賢く快適に職探しをしたい方だけでなく、非常勤職員や任期付職員・臨時職員・正規職員・パート職員・後期研修医募集などの制限付きで仕事を見つけたい方、産婦人科や神経内科・一般内科など診療科を限って仕事を見つけたい方にもオススメの方法なのです。