エンジニア 転職 年齢

外資系企業への医師の転職

年齢や経験に関わらず、自分の能力次第でキャリアアップできる外資系企業で働きたいという人も増えています。英語などの外国語に堪能で、自分の持つ語学力と能力を海外で活かしてみたいと考える人も少なくありません。
医師の中でも外資系企業を目指す人が増えてきました。メディカルドクターが外資系企業で働くためにできること、またどのような外資系企業が医師を募集しているか、そしてそれらの求人情報の入手方法についてご説明いたします。

外資系の企業で働くために必要なこと

外資系の企業に勤務するためには、英語力は必須です。普通に話せるだけでなく、専門領域に使用する専門用語なども問題なく使えることや、メールなども英語でやりとりできることも求められます。英会話学校などで英語力を身につけるなら、通常の会話コースだけでなく、さらに上級のビジネス会話クラスを修了しているレベルは必須と言えるでしょう。
また、仕事に対する積極性や主体性が求められます。臨床医は来院する患者さんを診療するのが仕事ですが、一般の会社では待っているだけでは何も始まりません。能動的に動く姿勢が最低限求められるのです。
そして、外資系企業で人材を採用する際に重視することは、「即戦力があるか」ということと「アピールポイントがあるか」ということです。「即戦力」になる臨床経験や実務経験を豊富に持ち、医療における全般的な知識・経験が豊富にある、もしくは内科系や外科系・循環器領域などの専門となる分野における深い知識と経験を有している等の「アピールポイント」を持っている方が有利になるでしょう。

医師を募集する外資系企業

現在、グローバル企業では、主に保険会社と製薬会社で医師の求人を行っています。製薬業界では、新薬開発におけるアドバイザーとして、臨床薬理試験の担当者として、また製薬開発のマーケティングの担当者として、医師免許を保有する人材が求められています。
また、保険業界では、生命保険加入時の審査や保険金支払い時にメディカルアドバイスを行う「社医」が求められています。それ以外にも、新しい保険商品を開発・立案する仕事も、医師に期待されています。

外資系企業の求人情報

外資系企業専門の求人サイトでも情報を得ることができますが、医師免許を活用する職種を希望する場合は、医師専門の求人サイトの方が多くの求人情報に触れることができます。メディカルドクター求人サイトならではのコネクションを活用して、公開求人だけでなく非公開求人や海外求人も豊富に取り揃えています。
希望する職種や業界、勤務条件や保有する経歴等を登録することで、適性に合った求人案件を専任のキャリアコンサルタントに紹介してもらうことができます。一般企業への転職活動も個人的に行うのは限界がありますが、外資系企業へ転職する場合はなおさらこのような民間の転職サイトの力を借りることが必要です。
登録医師数が数万人~数十万人規模の人気転職サイトも多数あります。まずは登録して、外資系企業へ勤めるという夢をかなえる一歩を踏み出しましょう。