クリニックで医師が働くメリット

クリニックで医師が働くメリットと、求人情報を見つける方法

かつては大病院で働くことが医師にとってのステータスでもありました。ですが、勤務スタイルや価値観の多様化から、クリニックで働くことを希望するドクターも増えつつあります。
医療法人などの大病院で働くこととクリニックで働くことの違いと、クリニックで働くメリットとデメリット、そしてクリニックの医師求人情報の見つけ方を解説致します。

大病院とどう違う?クリニックで働く

医療法によりますと、20床以上保有する医療施設を「病院」、20床未満の場合を「クリニック(診療所)」と区別しています。病院の中でも特に規模が大きいものを「総合病院」や「大病院」と呼ぶこともあります。
これらの病院で働くことと、クリニックで働くことにはどのような違いがあるでしょうか。

症例数・疾病数が多い病院

病院では最新の医療設備・施設を備えていることも多く、多くの患者が集まります。そのため、難易度が高い治療を必要とする患者や、幅広い診療科目にまたがる疾病を抱えている患者も訪れます。多くの症例に接し、多くの疾病の治療経験を積みたいと考える先生なら、規模の大きい病院に勤務することが必要となります。
また、外来に救急処置を必要とする患者が訪問することや、入院患者が急変することも頻繁に経験します。残業することも多くなりがちなのが病院勤務の特徴です。
給与に関しては、勤続年数と比例することがほとんどです。役職が付くことで役職手当として増収することもあります。

より患者に寄り添った医療を実施できるクリニック

病院と比較するとより身近で一般的な症状や疾病を診療することになるのが、クリニックです。地域医療の現場として、患者の気持ちに寄り添った医療を実施したり、患者の相談を受けたりすることが可能になります。
場合にも因りますが、残業の機会は病院ほど多くないのがクリニック勤務の良いところです。ですが、医師の人数によっては夜勤や当直が頻繁に回ってくることもありますので、転職前に確認しておきましょう。
給与体系は、勤続年数というよりは、どれだけの患者を診てどれだけの点数の診療をしたかに因ることが多いです。完全に出来高制となっていることはまずありませんが、診療した数と年棒に大きな相関があるのがクリニックの特徴です。

クリニックで働くメリット・デメリット

病院勤務と比べると、比較的時間を自由に選択できることと、得意な分野を選べることがクリニックで働くメリットと言えます。また、人気のクリニックで勤務するならば、大病院の医院長クラスの年収を得ることも不可能ではありません。東京や大阪などの都市部の勤務地を中心に増えてきている美容皮膚科や精神科・産婦人科などの自由診療が多い診療科の場合なら、より高額の収入を得ることも可能です。
ですが、クリニックには専門とする疾病や症状以外の患者はほとんど訪れないので、幅広い経験や知識を積むことが難しくなります。また、勤める医師の数も少ないですので、お互いに刺激を受けて研鑽し合うことも少なくなるかもしれません。

非公開求人でクリニック情報を見つける

ある分野や診療科を究めたいと考える勤務医や、育児や家事と両立させたいと考える女性医師などにとっては、クリニック勤務は非常に魅力的な選択です。ゆくゆくは開業したいと考えるドクターにとっても、クリニック勤務の経験は非常に重要なものとなるでしょう。
クリニックでの医師の募集の情報は、全てが公開されて行われるわけではありません。個人的なつながりで案件を紹介したり、民間の転職エージェントのコネクションだけに募集要項が紹介されたりすることも多いのです。非公開のクリニックの常勤のDr募集情報や非常勤医募集情報も効率よく入手したい方は、是非、医師専門転職エージェントサイトに登録しておきましょう。