医師の求人

医師の転職!地方の診療所の求人を探す

東京・横浜などの都市部にある症例数が多く最先端の医療設備を備える医療機関で勤務することは、医師にとって得られるものが多い経験となります。また、夜間急病センターなどの救急医療の現場で働くことも、医者としてのスキルを上げる大事な経験です。
ですが、地域に根差した診療所で、患者一人一人に深くかかわり地域医療に尽力することも、先生方が選べる一つの選択肢でもあるのです。地方の診療所での働き方と他地域の求人情報を得る方法をご説明いたします。

地方の診療所での働き方

基本的には、都市部にある診療所と、地方の診療所・クリニックでの働き方は同じです。ただ一般的に地方では病院数が都市部ほどは過密ではないため、患者と深くかかわる機会が増えるのは事実です。
ですが大病院で働く場合は、都市部と地域の差はほとんどありません。急患当番病院や初期救急医療病院に指定されている場合は、救急医療情報センターから紹介された救急患者が多く来院し、都市部の救急対応病院で働くときと同じく、残業・夜勤などが多くなることもあります。そして、公立病院や自治体病院などでは、各科ともに中央の総合病院とほぼ同じ設備を整えていることも多いですし、都市部で働いていたドクターも大きなギャップを感じずに働くことができるのです。
そのような事情もありますが、日本全体でみるならば、やはり地方において医師不足が顕著だと言えます。医療施設自体が不足している地域では、訪問診療・在宅医療を行う「訪問居宅支援センター」での人材の募集が活発に行われています。その他にも、市内の認知症患者をサポートする「認知症かかりつけ医」や認知症患者と地域連携との中核的な役割を担う「認知症サポート医」などの存在も、今後の地域医療の標準的な体制となっていくと考えられています。

どうやって地方の情報を得る?

他県内病院や他地域の診療所情報・医療法人情報を入手するためには、全国的な規模で医師・看護師等人材募集情報を保有している「医療系専門転職情報サイト」を活用するのが一番です。居ながらにして詳細な病院情報や勤務条件などを知ることができますので、仕事を行いながら転職活動することも可能です。
自宅から通える距離の医療機関なら、交通費全額支給されるのか、交通費以外の手当てがあるのかなどもチェックできますし、専門以外の診療科にチャレンジしてみたい場合は転科OK相談も行うことができます。それ以外にも、年棒や休日などの直接転職先には尋ねにくい質問に関しても、転職情報サイトのコンサルタントを通して事前に尋ねることができます。
また、病院の人間関係や環境など、内部事情に詳しい人のレポートや、常勤・非常勤などの勤務形態に対する要望、夜間対応ありなのか年齢不問なのかなどなど、事前に知っておきたいことを十分に把握してからの転職が可能になります。他地域の転職を考えるなら、まずは医療系専門転職情報サイト(転職エージェントサイト)を活用して見ましょう。

転職サイトに隠された情報を使う

転職サイトでは公開されている求人情報が、全ての情報ではありません。会員登録することで、会員以外は知り得ない「非公開求人」の紹介も受けることができます。「非公開求人」には、高待遇・好条件の案件が多数ありますので、理想的な勤務スタイルを叶えるためには必須の情報となります。
このような民間の「医療系専門転職情報サイト」を活用した医師や看護師の80%以上が、「転職に満足している」「以前よりも年収が増えた」などのポジティブな感想を述べています。積極的にキャリアを構築したいと考えている方は、まずは「医療系専門転職情報サイト」に登録することから始めてみるのはいかがでしょうか。

あなたにオススメの関連記事

    記事はありませんでした