公認スポーツファーマシスト

公認スポーツファーマシストの役割と取得条件

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

公認スポーツファーマシストとは、スポーツ選手に薬の正しい使い方などを指導して、ドーピング防止活動などを行う薬剤師です。スポーツをする人が体調を崩したり怪我をした時に使う薬や、日常に使う薬の相談なども行います。

公認スポーツファーマシストの目的・役割

ドーピングとは、スポーツをする人が力を高める為に薬物などを使用したり、それらの使用を隠したりする行為です。ドーピングはスポーツのフェアプレーの精神に反し、社会的にも悪影響を及ぼします。また、使用した薬物が健康を害する恐れもあります。

ドーピングは禁止されており、ドーピング検査で禁止物質の痕跡が認められればどんな理由があっても 違反となります。知らずに飲んだ風邪薬の中に禁止成分が含まれていたなど、不注意によるうっかりミスであっても違反となり、制裁の対象となります。

ドーピング検査対象者が薬を使用する場合にアドバイスができるように、2009年より(公財)日本アンチ・ドーピング機構が公認スポーツファーマシストを認定するようになりました。最新のドーピング防止規則に関する正確な情報や知識を持ち、 競技者を含めたスポーツ愛好家などに対し、薬の正しい使い方の指導、薬に関する健康教育などの普及・啓発を行います。

公認スポーツファーマシスト取得のために必要な条件

公認スポーツファーマシストになるには、基礎講習会の受講時点で薬剤師の資格が必要です。年齢は問いません。

基礎講習会と実務講習会(e-ラーニングで受講)の講習会を受講後、スポーツファーマシストホームページ上で知識到達度確認試験を行います。合格して認定申請をすると認定書が発行されます。

公認スポーツファーマシストの更新方法と仕事内容

公認スポーツファーマシストの有効期間は4年です。更新するには、毎年実務講習会(e-ラーニング)を受講して、認定期間中の3年目もしくは4年目に基礎講習会を受講して知識到達度確認試験を行い、認定更新を行います。

主な仕事内容は、スポーツ選手の薬の相談やアドバイスです。薬局で買える風邪薬やドリンク剤などに、ドーピング対象の成分が含まれているかどうかを調べて、服用の可否などを判断します。

公認スポーツファーマシストは国民体育大会(国体)に向けての都道府県選手団への情報提供や啓発活動、スポーツ競技者および指導者への情報提供や啓発活動、学校教育の現場における薬物に関する情報提供、啓発活動を行っています。また、ドーピング防止の啓蒙活動を行い、講演会などで講師を勤めることもあります。

公認スポーツファーマシストの資格を活かせる職場

公認スポーツファーマシストはスポーツ選手が受診する病院や保険薬局、ドラッグストアなどで活躍できます。スポーツ専門のドクターがいる病院やその門前薬局ではより資格を活かすことができるでしょう。

国体では都道府県選手団への情報提供や啓発活動で活躍します。次年度の国体開催県については、特別認定プログラムを実施しており該当の地域では応募者も合格者も多くなっています。スポーツ選手を薬剤師の立場からサポートする、やりがいのある資格です。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位ファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら