専門医の資格を転職に活かす

専門医の資格を医師の転職に活かす

2013年4月に厚生労働省によって「専門医の在り方に関する検討会」が最終報告を提出されて以来、日本医学会・日本医師会・全国医学部長病院長会議などが共同して、より質の高い「専門医」を育成するための議論を重ね、2014年、「一般社団法人日本専門医機構」が発足しました。
この「一般社団法人日本専門医機構」が発足する前は、各学会がそれぞれの領域の専門医承認の基準を設けていましたので、専門医によっては比較的なりやすいものやなりにくいものもありました。
2017年には専門医制度が新しくなり、より一層の専門性の追求がなされます。今、専門医になるメリットとは何なのか、そして専門医取得の現状と専門医を転職にどう活かすことができるのかについてご説明いたします。

専門医の現状

現在(2015年9月)の制度では、研修医の期間を終えた医師が、学会員になり、学会が指定する医療機関に1年以上研修・申請して認定医の資格を得、その後、さらに学会が指定する認定施設で3年以上勤務し研修カリキュラムを修了し、学会参加や学会発表を行うことで専門医を受験する資格を得、資格取得に十分の知識と臨床経験・症例数があると判断された場合に「○○専門医」と名乗ることが認められています。
このように全ての専門医が、それぞれの領域の学会内の認定資格であって、公的な資格ではないため、難易度や有用性に差がありました。ですが、2017年度からは「学会が認定した資格」を第3機関である「日本専門医機構」が追加承認する新制度が実施されることで、より広くに認められる資格となっていきます。
MedPeerキャリア総研が2012年に実施した調査によりますと、自分の診療科の専門医のみ保有している医者は37.7%、自分の診療科と関連科目の2つの専門医を保有している医者は21.4%、3つ以上を保有している先生は19.0%、一つも持っていないドクターは14.5%となっています。
専門医制度が変わることで、専門医を取得するまでの年数も増えるのではと見られています。より取得が困難になるために、専門医を持たない医師も増えてくるかもしれません。

専門医になるメリット

専門医はあくまでも「学会が承認した資格」つまり「学会認定医」ですので、公的なライセンスではありません。ですが、専門医になることで確実にその専門領域や疾患・診療に対する知識が増え、専門医を掲げることで臨床経験豊富な医師であると患者からの信頼も篤くなることは事実です。転職の際も、専門医であるということが有利に働くのは言うまでもありません。

専門医を転職に活かす

求人情報によっては、専門医が求められているものもあります、また特に専門医を募集していると明記していない案件であっても、保有する専門医をアピールすることで転職に有利になることがあります。学会によっては専門医しか認められていない治療や投薬がありますので、医療の幅を広げるためにも専門医取得は必要となってくるのです。

転職サイトで幅広い選択肢を得る

長い年月をかけて専門医を取得しても、それを活かせる施設で勤務できなくては意味がありません。ですが、どの職場で自分の専門性や経験を活かせるのか、不明瞭であるのが現状です。また、専門医を募集する求人は、非公開になっていることも少なくありません。
そのような悩みは医師専門転職サイトを活用することで解決できます。医師専門転職サイトは、独自のコネクションを駆使し、豊富な求人数の公開・非公開案件を保有しています。保有する専門医の領域を登録しておくだけで、各自の実績や適性に合った情報を、専任のキャリアコンサルタントが提供してくれるのです。
時間をかけて専門医を取得するのですから、それが活かされる病院で働きたいものです。豊富な情報量を持つ医師専門転職サイトで、活かせる職場を見つけていきましょう。