産業医に転職したい

産業医に転職したい医師がすべきこととは

医師と言っても、全ての先生が病院や医療センターに勤務しているのではありません。企業内で働く「産業医」も医師の仕事の一つです。産業医の仕事内容やライフスタイル、そして産業医になる方法についてご説明いたします。

産業医の仕事内容

従業員が50人以上の会社は、「産業医」を指名しなくてはなりません。産業医は労働者の健康診断や健康管理・健康相談を行いますが、従業員が1000人未満の企業の場合は、曜日や日を決めて非常勤の勤務形態で業務を行います。
従業員が1000人以上の大手企業の場合は、常勤の産業医を雇わなくてはなりません。大手メーカーの場合は、事業場が地方の工場になることもありますが、いわゆる一流企業と言われる1000人以上の職場は東京などの都市部に多いですので、産業医の求人情報も東京・大阪などの都市部で多く募集されることが多いです。
常勤の産業医の仕事内容は非常勤の産業医とほぼ同じですが、毎日通勤しますので、病気の早期発見や適切な医療機関への紹介なども行い、より社員と深くかかわることができます。また、工場勤務の場合は、職業病などのチェックや診断も行います。適切な労働環境で仕事ができているのかの検査にも関わり、医的アドバイスを行うこともあります。

病院での生活とは全く違うライフスタイル

医師として勤務しますが、基本的には他の社員と同じ勤務形態をとりますので、常勤産業医として働くなら、9時出社・5時退勤・週休二日制となることが多いです。残業や夜勤・当直勤務はありませんので、規則正しく働くことが可能になります。
以前は医師として現役を退いた比較的高齢の方が「産業医」として勤めることが多かったのですが、最近では自分の時間をしっかり確保したい医師や、家事や育児と両立させたい女性医師などが「産業医」の仕事を希望することが増えてきました。
また、産業医はほとんどの場合1人で勤務します。病院での人間関係の煩わしさに疲れた方にとっては、ストレスが非常に少ない職場となるでしょう。

産業医になるためには

当直や残業が無いにもかかわらず、産業医の平均年収は1000万円~1300万円と高給与の仕事です。産業医として勤務をすると長く勤めることも多く、なかなか求人が公開されないことも珍しくありません。
そのような非公開求人を見つけるためには、医師専門の求人サイトや転職エージェントサイトに登録するのが最善の方法です。それらの情報サイトが持つネットワークを駆使し、一般では入手できない募集情報を、登録した医師の条件や適性・経験に合わせて紹介してくれるのです。
また、専任のコンサルタントが、履歴書の添削や面接指導も行ってくれますので、転職が初めての方や慣れないことに不安を感じる方も、安心して任せることができます。自分の魅力をよりアピールできる方法なども、コンサルタントとともに模索し、転職を成功させることができるのです。
実際に、ほとんどの医師専門サイトで、利用者の8割以上が年収をアップさせたり希望の条件を満たす職場を見つけたりして、転職に成功しています。「産業医」になりたいという明確な希望を持つなら、その目的に向かって、転職エージェントやコンサルタントとともに活動して行きましょう。