医師 平均月収

医師の平均月収について

人は人、自分は自分、と思っていても、同じ仕事に携わる人の収入は気になってしまうものです。あまりに相場より安い給料をもらっているなら転職を考えることも当然のことです。医師の平均月収とボーナスなどを加えた年収について探っていきましょう。

医師の平均月収はこれだ!

医師の収入は、勤務先やどの程度当直・夜勤などを行うかにもよりますが、ベースとなる給与は医者としての経験や勤務期間に準じます。医療機関別の平均月収は次の通りです。

大学病院

国公立大学の病院の場合は、平均40万円~50万円の月収となっています。講師や助教授などの役職が付くと給与も上昇しますが、役職が付かない間は年齢や勤務年数に関わらず一定の月給のことも少なくありません。また、研修医として大学病院にいる場合は、平均月収が25万円~30万円が相場となります。
私立大学の病院の場合でも大差はなく、役職が付かない場合は平均40万円~50万円の月収であることが多いです。診療科による月収差はありませんので、どれだけ当直や夜勤を行うかで年収に差が生じます。

s国公立総合病院

国公立の総合病院では、公務員に準じますので、ボーナスが民間の一般病院より多くなる傾向にあります。平均月収は60万円~100万円ですが、年間賞与も含めた年収総額は1500万円程度になることもあります。

私立病院

一般の私立病院の勤務医は、平均月収が60万円~100万円です。ですが、年収は平均して1200万円程度のことが多いです。

地域による違い

勤務医不足の医院・診療所で勤務する医師もいます。医師が不足している地域では、非常に高給取りになることも珍しくありません。日本全体を見ても、東京・大阪・愛知・京都などの都市圏では医師の平均給与は低く、沖縄・埼玉・北海道などで平均給与が高いという統計があります。
都市部には最先端の医療設備や医療施設が整っている病院や、世界的にも件数の少ない症例を扱う医療機関などもあり、医師にとっては非常に魅力的な環境と言うことができます。ですが、同時に医師が多すぎるために、需要に対して供給が上回り給与が低くなるという現象が起きているのです。高額収入を目指すなら、需要の高い地域で働くという選択肢も考えてみることができるでしょう。

平均月収よりも収入が少ない場合どうすればいい?

忙しさや待遇から見ても、明らかに相場よりも収入が少ないなら、転職を考えてみる時期かもしれません。年収アップを目指すため、生活の満足度を高めるためには、医師専門の転職エージェントに登録して見ることが転職活動の第一歩となるでしょう。
転職エージェントの公式申し込みページから登録すると、会員限定の非公開求人情報や、高収入転職案件などを、専任のキャリアアドバイザーに紹介してもらうことができます。キャリアアドバイザーは、医師個人の適性や希望に基づいた仕事を紹介してくれるだけでなく、給与や休暇・福利厚生といった転職先の人事に話しにくい事柄も、代理で交渉してくれるのです。
実際に、転職することで80%以上の医師が前職よりも高収入を実現しています。より満足できる職場環境を求めるなら、転職エージェントへの登録が必須となるでしょう。