年収2000万円以上の医師求人の探し方とは

年収2000万円以上の医師求人の探し方とは

医師の間では、年収2000万円が高収入かどうかの基準になっているようです。ですが、転職サイトで公開されている求人情報だけでは、このような高収入の情報を多く得ることができません。
年棒2000万円を超えるために医師が出来ることと、2000万円を超える募集の探し方についてご説明いたします。
2000万円の求人情報って本当にあるの?
現在、開業医の平均年収は2000万円~2500万円です。医者となって2000万円を目指すなら、開業医になるのも良い方法です。ですが、開業医になるためには、病院の跡継ぎであるか自分で開業する必要があります。独立希望する医師が開業する場合には、高額の医療機器や施設を準備しなくてはなりません。

開業医に求められる経営手腕

通常、開業する際の初期投資金額は数千万円~数億円と言われていますので、実質的に2000万円を稼ぐようになるためには、開業後数年~10数年かかります。また周囲にどの程度ライバルとなるクリニックがあるのか、経営能力はあるのか、患者を呼べる魅力ある医院となるのかによって、稼げる病院になるかどうかが決まってきます。開業資金の返済も覚束ない診療所も少なくないのが現状なのです。

勤務医として年収2000万円を超えるには

では、勤務医として2000万円を稼ぐ場合を考慮してみましょう。大規模な総合病院の院長クラスの年収は3500万円前後ですので、病床数の多い医療機関の先生となって着実に昇進して行けば、年収2000万円を超えることも夢ではありません。
ですが、病床数が多いと言うことはそれだけ医者の数も多いと言うことを意味します。多くの優秀な医師の中から管理職へと昇進して行くのは、並大抵の実力だけでは難しいと考えられるでしょう。

2000万円の年収を超えるために出来ること

昇進を待つのも年収2000万円を超える一つの方法ですが、内視鏡検査や麻酔科などの専門性の高いスキルを必要とする資格を取得することや、総合内科専門医や呼吸器専門医・外科専門医などの「専門医」としてキャリアアップすることも良い方法の一つと言えます。
それらのスキルに対する手当が増えるだけでなく、転職や非常勤の仕事を探す時も、選択肢が増えることになります。実際に若くして平均より高い年収を得ている勤務医は、常勤の仕事以外にもアルバイトや非常勤・当直の仕事を行い、当直料や高額給与を得ているのです。

転職サイトの非公開求人には2000万円の求人情報が眠っている

医療法人や一般病院が高給の仕事を公募することはまずありません。だれか適任の先生がいないかまず知り合いを探し、出入りの業者などからも良い医師の情報を収集します。つまり、横のつながりをたくさん持っていない医師は、良い非公開求人情報があっても紹介してもらうことができないのです。
そんな「つて」のない人でも、非公開情報を仕入れる方法があります。それが「医師専門の転職エージェントサイト」への登録です。転職エージェントサイトは独自のコネクションから、多くの公的病院・民間病院での非公開求人情報を入手しています。当該病院の関係者ですら知らないような情報も、仕入れていることもあるのです。
また転職エージェントサイトによっては、地域の情報に通じていることもあります。東京などの都市部に居ながら、他の勤務地の職に対応することも可能になるのです。
それ以外にも、転職エージェントサイトを活用するメリットはまだまだあります。給与や休日などの希望を代理で交渉してもらえたり、転職先の内情を事前に知ることができたりなど、転職を成功させるありとあらゆるサービスの提供を受けたり相談したりすることができるのです。年収2000万円を目指すなら、登録して役立てていくのはいかがでしょうか。