転職 怖い

医師のヘッドハンティングの実情

医師のヘッドハンティングとは、どのような人を対象に、どのような場所で行われているのでしょうか。ドクターのヘッドハンティングの実情に迫ります。

医師のヘッドハンティングとは

個人的に目を付けた候補者を医療関係者自身が勤務する医療機関に引きぬく「個人的なヘッドハンティング」もありますが、「医師専門のヘッドハンティング会社」が組織的に行うヘッドハンティングも多数あります。良い人材を多く雇いたいのは、どの医療機関でも同じです。医師専門のヘッドハンティング会社が多数存在するのは、それだけ医者が不足しているという状況も示しているのです。

ヘッドハンティングされる条件

以前はキャリアを積んだ40代、50代の脂の乗った医師を、即戦力としてヘッドハンティングすることが主流でした。ですが、ここ数年で様子はだいぶ変わってきました。医師専門のヘッドハンティング会社でも、30代の若手医師を中心に声をかけることが増えてきたのです。若く体力のある医師を長期にわたって雇いたいと言う医療現場の需要に応える形で、ヘッドハンティングの弱年齢化が進んできているのです。
そしてその一方で、医長クラスの実績のある管理職医師のヘッドハンティングも増えています。優秀な医師を院長として、また見合った役職を用意して招聘したいと言う病院側の需要も増えているのです。
かつては学閥が現在よりも明確にあり、同じ大学病院出身の医師しかいない病院などもたくさんありました。ですが、現在では学閥が残っている病院は多数あるものの、ドクター本人が優秀であるなら大学の垣根を越えて就職できるようになっています。そのような実情を踏まえて、医局の医師をただ年齢順に昇進させるのではなく、優秀な医師をヘッドハンティングにより院長クラスで採用したいと言う需要が増えているのです。

ヘッドハンティングVS転職エージェント

また、ヘッドハンティングという言葉を聞くと、キャリア豊かなドクターに魅力的な金銭条件をちらつかせて引きぬくといったイメージを持つ方もいらっしゃいます。ですが実際は、優秀な医師にそれに見合った仕事先を紹介することを意味しています。転職エージェントが医師側に立った転職サービスなら、ヘッドハンティングは病院側に立った転職サービスだということもできます。
もちろん、ヘッドハンティングを受けてより良い環境に転職することも素晴らしい選択です。ですが、あくまでも受身の転職となりますので、転職したい時期や転職したいタイミングで転職に応じることができません。
ですが、転職エージェントに登録しておくなら、自分から積極的に希望や転職条件を提示して、希望する時期に転職を行うことができます。一般のドクター転職サイトでも、自分の希望に応じた職場を探すことができますが、転職情報サイトでは個人的なコンサルティングサービスを受けられないこともあり、またサイト上で非公開求人情報を閲覧することもできないことがあります。
その点、転職エージェントでは、希望する条件内容を始めに話し合うことで、条件にマッチする公開・非公開の情報を紹介してもらうことが可能です。転職を成功させる履歴書の書き方や面接の受け方なども無料で指導してもらえますので、現在の職場で働きながら着実に転職活動を行うことができるのです。また、アルバイトなどの非常勤医の情報も得ることができます。
登録者数が数万、数十万人単位の医療業界転職エージェントも多数ありますので、安心感を持って登録することが可能です。本気で転職を考えるなら、ただヘッドハンティングが来ることを待つのではなく、ネットで簡単に登録できる転職エージェントサービスに登録することから始めましょう。