医師が転職時に注意すべきポイント

医師が転職時に注意すべきポイントとは

医師が転職する際に、特に注意すべきポイントとは何でしょうか。限られた情報から実際の内容を読み取る方法、また高額報酬に隠されたリスク等についてご説明いたします。

転職時における、医師特有の注意すべきポイント

医師は高額年収のイメージが強い職業ですが、残業時間数が多すぎたり、当直や夜勤の負担が多すぎたり、当直・夜勤時に十分な睡眠時間が確保できなかったりと、「過労死」や「うつ」「ストレス」に結びつく材料が揃っている仕事でもあります。転職を希望する場合には、給与面だけを見るのではなく、求人先がこのような「ブラック病院」ではないのか、しっかりとチェックしておく必要があるといえるでしょう。
また、医師が転職を考えるのは、勤務条件や報酬だけが理由ではありません。人間関係がうまくいかないために、やむを得ず求人情報を探す場合もあります。
もちろん人間関係が転職の理由となるのはどの会社でもよくあることですが、医師の場合は通常の時間帯である日勤だけでなく、夜勤やアルバイト・当直と様々な勤務形態がありますので、自然と病院にいる時間も長くなり、人間関係がうまくいかない場合は、ダメージも大きくなってしまいます。
そして、どの仕事も労働の対価として給与を受け取っている限り、重要度は同じと言うことができますが、人間の生死を預かる医療の現場で働く先生方は、特に重要度の高い仕事を行っているのは疑いようもない事実です。その命の現場において、「転職」という個人的な活動を積極的に行うのは、同じスタッフ同士から見ても患者から見ても好ましい状態とは言えないでしょう。

問題を回避するためにできること

転職前に転職先の病院に勤務している人の話を聞いておくなら、その病院の残業状態や内部環境、夜勤・当直の様子がある程度把握できます。時間や仕事内容から見てあまりにも高給求人の場合は、どのような事情が隠されているのかも、内部の事情に精通している勤務医がいるなら事前に理解できるでしょう。また、そのような内部事情に詳しい先生がいるなら、スタッフ同士の人間関係の様子や職場の雰囲気も掴むことが可能になります。
内部事情が分かりにくい場合は、実際に転職を希望する医療機関を訪問して見ることも良いでしょう。文字の情報だけでは分からなかった事柄も、実際に自分自身の目で見てみることでよく理解することができるのです。
転職活動や非常勤の仕事を探していることを、職場の先生方に覚られずに活動して行くためには、知り合い経由や知り合い先生経由で仕事を探すのではなく、転職求人サイトなど全く外部の組織を利用することができるでしょう。サイトを活用した転職活動は、職場の人に知られにくいだけでなく、他にも多数のメリットがあります。それらのメリットを次の章でご紹介します。

転職サービスを利用して、問題を回避する

医師専門の転職サイトやキャリアコンサルタントサービスに登録しておくなら、一般的に公開している医師募集の情報だけでなく、非公開案件の紹介も受けることができます。自分で探すよりもはるかに多い情報量に接することができるのです。
また、転職サービスを活用すると、休日や報酬等の条件面の交渉も、専任のコンサルタントが代理で交渉してくれます。就職前には言いにくい事柄も、コンサルタントを通してしっかりと主張することができるのです。
それ以外にも、好印象を持ってもらえる履歴書を作成するために、自己アピールできる点を探してもらったり、添削してもらったりするサービスもあります。そして、転職ができるかどうかを決定づける面接における具体的なアドバイスや、模擬面接などを実施してもらうこともできます。
これらの医師転職サイトやキャリアコンサルタント・転職エージェントサービスは、基本的に無料で提供されている場合が多いです。サイトによってそれぞれ特徴がありますので、自分に合う転職サイトに事前に登録しておくなら、「転職したい」と思えるときにすぐに行動することができるでしょう。