医師の転職方法

失敗しない!医師の転職方法

大学を卒業してからそのまま大学病院に残る医師も少なくありません。また大学医局に紹介された関連病院に、長く勤務することもあるでしょう。そのような状況の中で、経験も年齢も重ねているのに転職を経験したことがないドクターは意外と多くいるのです。
転職を初めて行うドクターが押さえておきたい、医師の転職マニュアルをご紹介します。

一般の転職と医師の転職の違い

一般の転職と医師の転職は、何が大きく異なるのでしょうか。大きく異なる点をいくつか解説致します。
転職を頻繁に行う
最近でこそキャリアアップやその他の事情のために転職することは普通のこととなってきましたが、一般企業において「転職」は、一生を決定する大きな決断とも言えるでしょう。
ですが、医療の現場では、終身雇用制が根付いていた時代から転職するのは普通のこととして受け取られていました。大学病院で研修を終えて、いくつかの病院を回って臨床経験を積み、各自の適性と希望に合わせた職場を求めて幾度も転職を繰り返すのが、一般的な医師のキャリアスタイルとも言えるのです。「転職回数が多すぎて、人事担当者に人間性を疑われる・・・」ということは、医師においてはあまり当てはまらないのです。
業界が狭いので、口コミによる転職が多い
医療系は、意外と狭い業界と言えます。大抵の施設が他の病院の系列であったり、先生同士が知り合い関係であったりと、何らかのコネクションがあるのが医療業界なのです。これは製薬業界などに転職しても同じです。製薬会社の人と話をしているなら、「○○大学の○○教授」、「○○病院の○○医師」と、必ず何らかの医師同士のつながりが表出するのです。
このように狭い業界ですので、転職は個人的な紹介で行われることも珍しくありません。人間関係が負担になりやすいのも、医療業界の一つの特徴なのです。
掛け持ちで仕事をすることも多い
当直のバイトや非常勤の産業医など、医師は掛け持ちで仕事をすることが非常に多くあります。通常の総合病院に勤めていても夜勤などがあり、勤務日や勤務曜日が不規則になりますので、合間合間に複数の仕事を掛け持ちすることも可能になるのです。

転職の際に注意が必要な3つのポイント

医師が転職する際に、最低限、気を付けなければいけないポイントが3つあります。それぞれのポイントをクリアして、転職を成功させましょう。
ポイント①「勤務条件の確認」
当然のことですが、休日や休暇、夜勤や当直の回数なども、転職前にしっかり確認しておく必要があります。24時間体制の勤務形態で医療を行わなくてはならない環境にいるからこそ、医師本人のコンディションの調整も重要になります。基本的な条件をしっかり確認しておきましょう。
ポイント②「報酬の確認」
各種手当や年収なども、転職実施前に確認が必要です。労働に見合った対価が支払われる職場で勤めましょう。
ポイント③「職場環境の確認」
日勤業務が終わってすぐに当直になったり、当直を終えてすぐに日勤業務を始めたりと、医師は他の職業よりも職場に長くいる可能性が高い職業です。長時間を過ごす職場での人間関係がよくないなら、仕事にも差しさわりが出てくるでしょう。勤務先の様子を転職前に確認しておきましょう。

転職の情報収集の方法

勤務条件や報酬などを転職前に交渉することは、非常に骨の折れる作業です。また、職場の様子を一度見学したからと言って、内情を把握するのはほぼ不可能と言えるでしょう。
ですが、インターネットで展開している医療系キャリア支援サービスや、医師求人サイト、医師転職情報サイトなどに登録して転職先を探すなら、自分の希望条件や報酬・休暇などを、専任のコンサルタントを通して病院側に交渉してもらうことが可能です。
また、それらの求人情報サービスが持つコネクションを活用して、実際に働くスタッフたちの様子を把握したり、個人では知り得ない非公開情報も紹介してもらったりすることも可能です。個人的な紹介を受身で待つのではなく、積極的にサイト活用していきましょう。