東京勤務の薬剤師

薬剤師で年収稼ぎたい!でもキャリアアップには興味が無い・・近道?

薬剤師になれば高収入間違いなしだと思ったのに、そうでもなかった・・・」とがっかりする人も多いかもしれません。薬剤師は資格職ですが、職種によっては給与水準が低い所もあります。キャリアアップするのは大変だし、それ以外の方法で給料を上げたいという人に、薬剤師の給与アップの仕方についてお話します。
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1,薬剤師手当がつくのはドラッグストア、給与水準の高い地方に転職するという手も

今の職場の給与相場が低かった場合、もっと給与額が高い所に転職するのが手っ取り早い方法です。しかし、「転職したら給与が下がった」では意味がありません。あらかじめ、給与額が高い勤務先はどこか、リサーチしておく必要があります。
薬剤師で給与相場が高いのは、ドラッグストアです。ドラッグストアにも調剤併設で調剤業務をする場合と、OTC販売と言われる一般医薬品を販売する仕事の二つに分かれます。後者は特にドラッグストアの商品管理やレジ打ちなどの仕事の負担が大きく、その分給料が高くなっています。さらに、ドラッグストアだと薬剤師手当が月5万~10万円つくところがほとんどです。そのため、年収もかなりアップするはずです。ドラッグストアで登録販売者になれば、さらに手当も付きます。店長クラスになれば、店舗管理や従業員管理などの管理職業務もこなさなければなりませんが、年収700万円~800万円は稼げるでしょう。
今、調剤薬局か病院の薬剤師をしているなら、今後も給料が上がる事はあまり期待できません。病院なら薬局長までにならないと年収700万円には到達しませんし、薬局でもいくら調剤経験を積んでも定年までに650万円に到達すれば良い方です。
ただし、調剤薬局でも給与が高い地域があります。それは、薬剤師が不足している地方です。勤務地によっては、時給にすると5000円クラスの求人もあります。逆に、東京や大阪などの都市部は給与が低い傾向にあります。薬剤師の方で地方に転職することが可能なのであれば、一度求人情報を探してみてください。

2,管理薬剤師になれば手当がつく

今の職場でも、管理薬剤師になれば手当てが付きます。管理薬剤師とは、薬品の品質管理業務や売上管理、従業員管理などをする、薬局における管理職のことです。つまり、薬剤師として出世すれば給料も上がる、ということです。管理薬剤師になるための資格などはなく、職場の中で責任のある業務をこなし、上司に認められれば管理薬剤師になれます。
今更転職するのは嫌、というのであれば今の職場で出世することが、給料アップのための一番楽な方法かもしれません。

3,今より稼げる職場を見つけるなら、転職サイトを使おう!

今の職場だとどう考えても給料が低すぎる・・・というのであれば、転職を考えるしかありません。しかし、一人で探すよりは、薬剤師転職のプロに任せた方がより安心して転職することができます。薬剤師専門の転職サイトに登録することで、より条件の良い求人情報を探してくれます。昇給しやすく待遇の良い求人は、探せばいくらでもあります。自力で探すと、やたら基本給が高い給与条件の会社に安易に転職したら、厚生年金もなくサービス残業ばかりで有給休暇も満足に取れないブラック企業だった、という事もあります。 その点、転職サイトなら、勤務内容や福利厚生制度についてもしっかり事前にリサーチしてくれます。
給与が高いのはドラッグストアだけではありません。製薬会社の営業職なら、実績次第で年収1000万円も夢ではありません。大手製薬企業は薬剤師の平均年収を比較しても高く、中途採用も積極的に募集しています。また、基本給は安くても業務成績が賞与などに反映されやすい職場や、社宅制度がある、住宅補助がもらえるなどの福利厚生が手厚い会社を選ぶ、という手もあります。
このように、転職サイトは様々な収入アップのためのキャリアパスを提案してくれます。自分に合った道を、その中から検討してみるのも良いかもしれません。

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら