薬剤師の転職の賢い方法

ドラッグストアに転職して年収アップをつかむ!薬剤師の転職の賢い方法

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

薬学部を出て薬剤師の国家資格を取り、やっぱり薬剤師と言えば病院勤務が王道!と、新卒で病院を勤務先に選んだけれど、忙しい割に給料がなかなか上がらない・・・こんなはずじゃなかった!と転職する薬剤師は意外に多いのです。薬剤師が年収を上げていくための方法はいくつかありますので、ご紹介しましょう。

病院勤務薬剤師は昇給しづらい?

そもそも病院勤務の薬剤師は何故給料水準が低いのでしょうか?後で後悔しないように転職活動を始める前に、病院薬剤師とはどのようなものかをお話します。
大学を卒業後、薬剤師としてスキルアップするために病院勤務にした、という考えは間違っていません。特に大学病院などの大手病院に勤務すれば、調剤経験だけでなく臨床研究や患者に直接服薬指導することで、薬剤師としてのスキルアップに必ずつながります。
しかし、収入に関して言えばあまり恵まれているとは言えません。病院では医師や看護師が不足しており、そちらに高い収入を割り当てられてしまうため、薬剤師の給与水準はその分低いのです。そのため、初任給は高くても昇給しづらくなっています。また、入院患者や救急医療に対応した病院の場合、シフト勤務で夜勤や土日出勤もあり、かなりの激務です。
このように、病医薬剤師はいくら勤続年数を重ねても賃金は低く、薬局長にでもならない限り年収700万円には届きません。それでも長く続ける人が多いのは、調剤薬局やドラッグストアにはない薬剤師としての貴重な経験をすることが出来るからなのです。

ドラッグストアでのキャリアアップ方法とは?

病院での経験を捨てても収入アップをはかりたいならば、ドラッグストアへの転職がおすすめです。特に大手チェーンの平均収入の相場は、薬局勤務よりも50~100万円程高くなります。福利厚生なども良く、景気がよければボーナスも入るでしょう。
その代り、ドラッグストアの仕事内容は商品の品出しや商品管理がほとんどです。高収入を求めてドラッグストアに転職したものの、仕事が思ったより大変だったと辞めてしまう転職者も多いので、しっかり確認することが大事です。かならず、面接の時点で仕事内容について詳しく人事担当者に確認したり、企業情報を確認したりしましょう。転職先の仕事内容や待遇については、自分が納得できるまで確認することが転職の鉄則です。
ドラッグストアで店長クラスの管理職に昇格すると、給与体系は成果主義に変わります。しっかり店舗の売り上げを伸ばして成果を出せば、年収800万円も狙えるでしょう。売り上げを伸ばしている大手チェーンのドラッグストアでは特に、年齢や勤務年数に関係なく実力主義で年収が上がります。マネジメントスキルやコミュニケーション能力に自信があるならば、おすすめと言えます。

高収入の求人を見つける方法とは?

では、このような薬剤師の高収入の転職先を見つけるには、どうしたらよいのでしょうか?そのためには、転職支援をしてくれる人材紹介会社や転職サイトに登録するのがおすすめです。ドラッグストアに限らず、高収入の大手調剤薬局チェーンや大手企業の製薬会社の営業職、研究職などを紹介してくれます。また、転職コンサルタントやキャリアアドバイザーという転職のプロが、薬剤師の転職のためのアドバイスをしてくれます。また、アドバイスだけでなく、あなたに適した職種は何か、資格手当の有無や労働条件の確認、さらに給与交渉までしてくれます。
また、薬剤師は地方に行けば行くほど不足気味なので、給与水準も高くなります。地方で働く事が問題ないならば、薬剤師と言う専門性を生かして思い切って地方の薬剤師になるのも良いでしょう。転職コンサルタントはどんな僻地でも求人情報を持っていますので、対応してくれます。

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら