漢方薬剤師になりたい

漢方薬剤師になりたい!どうすればなれる?

今、薬を選ぶ時に漢方薬を選ぶ病院が増えています。漢方薬しか体に合わないという人もいますし、体に優しい漢方薬のニーズは高まっています。しかし、漢方薬を正しく使うためには、漢方薬剤師が必要です。漢方薬剤師とはどのようにすればなれるのでしょうか?漢方薬剤師になるまでの道と、就職先の上手な見つけ方についてお教えします。

おすすめ転職サイト
ここがオススメ
求人を探す
1位 薬キャリ
資格が活かせる求人が豊富

詳細

2位 マイナビ薬剤師 耳寄りな非公開求人が豊富

詳細

3位 ファルマスタッフ コンサルタントの対応が丁寧!

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1,漢方薬剤師になるためには漢方薬・生薬認定薬剤師になるのが王道

 漢方薬剤師とは、東洋医学の理論のもと、患者の体質や症状を総合的に判断し、治療に適した安心して使える漢方薬を患者に提供するのが仕事です。そのためには、通常の薬剤師が持つ医薬品知識だけでは足りません。漢方薬や東洋医学に関する知識が必要です。
漢方薬剤師として必要な知識を身につけるための、漢方薬・生薬認定薬剤師という認定資格制度があります。一定の単位を取得し研修を受けると、3年間の認定資格を受ける事ができます。3年間有効ということは、3年ごとに認定資格を更新しなければならないという事です。一度取得すれば終わりという事ではなく、継続的に勉強を続けなければなりません。漢方薬剤師であり続けるためには、努力を続ける必要があるのです。
公益財団法人日本薬剤師研修センターで過去問題なども公開されていますから、勉強してみてください。
 また、漢方薬剤師になるためには、漢方薬の知識だけでなく東洋医学の知識も必要です。東洋医学の実用書を購入して勉強する必要があるでしょう。また、漢方薬や東洋医学に関するセミナーや勉強会なども探せばありますから、積極的に参加して知識を吸収してください。

2,漢方薬剤師のパート先を見つけるためには、転職サイトに登録するのが近道

 漢方薬剤師になるための知識やスキルに関しては分かったけれど、具体的な転職先についての情報が知りたいですよね。
 そもそも漢方薬剤師の年収ってどれくらいなのでしょうか?大体、正社員で年収400万円~600万円、パートやアルバイトなら時給は2000円~3000円と、普通の薬剤師とあまり変わりません。未経験可の職場なら時給も安いですが、経験や能力に応じて昇給して行きます。漢方薬剤師といっても勤務先は漢方薬を扱う調剤薬局や病院なので、時給や給与額は変わらないのです。また、勤務先の薬局は扱うのが漢方薬だけとは限りませんから、一般の薬剤師と同じ業務ももちろんあります。
 ですから、漢方薬剤師になるといっても、普通の薬剤師の転職とあまり変わらないかもしれません。薬剤師の転職と言えば、やはり薬剤師専門転職サイトを活用するのが近道です。非公開求人も豊富ですから、漢方薬剤師などというこだわりの求人情報を探すなら、サイト登録した方が効率良く探せるでしょう。特に、漢方薬を扱う調剤薬局などは珍しいため、東京や大阪などの大都市圏の方が求人は多いかもしれません。
パートで働きたいなら、時給相場と勤務地などの条件をまず決めましょう。漢方薬剤師としての経験がないならば、未経験者OKで研修制度が充実している求人を探します。他にも完全週休で土日休みがいい、常勤か非常勤か、残業はあるのか、などの条件はしっかり決めておきましょう。パートは交通費が支給されない事がほとんどですから、最寄り駅から徒歩で通える駅チカの勤務地、自動車通勤可などの通勤環境もとても重要です。他にも、在宅医療ありなどというこだわり求人募集も探す事ができます。転職コンサルタントに相談してみると良いでしょう。
 高年収を得たいのなら、派遣登録するという手もあります。派遣社員はパート社員よりも時給相場が高くなります。クラシスなど薬剤師の為の派遣人材紹介サイトもありますから、検索してみてください。
 漢方薬の専門家は少ないため、漢方薬剤師のニーズは高まっています。経験を積んで漢方薬剤師のスペシャリストになれば、高額給与を得ることもできるかもしれません。

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら