薬剤師のアルバイト副業

稼ぎたい!薬剤師のアルバイト副業|実際の勤務体制と求人の探し方

薬剤師はパートやアルバイトなどの非正規社員でも一般の仕事よりも時給が高く、副業にも向いている仕事です。昼間の正社員の仕事と夜勤アルバイトのダブルワークや、複数バイトをする体力があれば、かなり年収アップになるでしょう。夜間のみ働ける薬剤師の仕事の探し方をお教えします。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1.薬剤師が副業でアルバイトとして働ける職場

夜勤で働ける職場と言えば、ドラッグストアです。ドラッグストアにはOTC販売と言われる一般用医薬品は種類によって販売するために薬剤師の説明が必要です。よくドラッグストアで夜になると医薬品売り場だけ閉まっている所がありますよね。それは、夜間に働く薬剤師がいないからなのです。ドラッグストアの時給は普通の調剤薬局よりも高いのはなぜなのでしょうか?

それは、薬剤師の仕事以外の商品管理の仕事もしなければなりません。むしろ、薬剤師の仕事以外の業務の方が多く、負担も大きいです。そのため、ドラッグストアの時給は高めになっています。もしそれが嫌なら、調剤併設ドラッグストアで調剤業務のみのドラッグストア求人もあります。

もちろん、商業施設内薬局や普通の調剤薬局にも、夜勤がある薬剤師の職場はあります。駅前や繁華街の中の薬局の方が、夜勤の募集は多いです。

また、商業施設やドラッグストアは、土日祝休みにも営業しています。本業が完全週休制ならば、土日に日勤でこれらの職場で副業ができます。土日休みは時給を高く設定している事ので、効率良く稼げるでしょう。

また、入院や救急医療ありの総合病院などの薬剤師にも夜勤はありますが、ドラッグストアのように気軽に採用されることはないかもしれません。ですが、人手不足の病院でパート募集や夜勤アルバイト募集をしている所も、探せばあるでしょう。

しかし母数が少ない求人を見つけるのは簡単ではありません。薬剤師転職専門サイト薬キャリに登録し、コメント欄に「病院夜勤勤務希望」と記載すると専門のキャリアコンサルタントが求人を紹介してくれるので、うまく転職サイトを利用すると良いでしょう。

副業で稼げるアルバイト求人を探してみる

2.夜勤薬剤師が副業でアルバイトとして働くときの勤務条件はやはり悪い?

夜勤と言ってもコンビニのように朝まで働くような、キツイ労働条件の職場はあまりありません。薬剤師の夜間の時間帯はだいたい19時~24時位までです。朝までの勤務があるのは、繁華街で24時間営業している店舗くらいのものです。とはいっても、昼も夜も働けば体力的にはかなりつらいことは、覚悟しておくべきでしょう。

yakan-zikyuu
時給は日勤の仕事よりも高くなります。ドラッグストアのパート求人を見ると、日勤で時給2,000円以上、夜勤だと2,500円以上というところもあります。また、勤務地域によっても時給は異なります。一般に地方に行けば行くほど薬剤師不足のため、時給が高くなる傾向にあります。

パートやアルバイト、契約社員、派遣社員などの雇用形態だと、住宅手当などの福利厚生充実や研修制度充実をうたった募集情報は少ないかもしれません。普通そのような待遇は正社員にならないと受けられません。

しかし、非正規雇用でも一定期間働けば社会保険や雇用保険に加入する事が出来ます。他にも、未経験OK、ブランクOK、車通勤OKなど、様々な条件がありますから求人情報の詳細条件を確認してみてください。

3.薬剤師が副業で高時給のアルバイトを見つける秘訣とは

時給が良い職場を見つけるためには、求人検索サイトや転職サイト、人材紹介会社などに登録して求人紹介してもらう事をおすすめします。

特に薬剤師専門求人サイトは、薬剤師の転職希望者に対して求人数はかなりあり、非公開求人もあります。夜勤で時給が高いなどという条件の求人先選びにも、すぐに対応してくれるはずです。他にも、残業なし、時短勤務、単発バイト、徒歩勤務、など職場環境に関するあなたの希望条件を登録すれば、ピッタリの求人情報を検索してくれるでしょう。

このように、薬剤師は時給が高いため、副業に向いている職業です。しかし転職サイトに登録せずご自身で求人を探そうをすると手間がかかって高時給の求人もなかなか見つかりません。やはり薬剤師アルバイト求人専門の転職サイトに登録して紹介してもらうのが一番です。

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら