専門薬剤師

薬剤師としてキャリアアップするためにはどうしたらいい?

薬剤師の国家資格を取得しただけで、あとは薬剤師の実務経験を積むだけ、それではなかなかキャリアアップはできません。薬剤師とは日々新しく開発される薬品や、毎年変わる医療制度に対応するために、日々勉強が必要な職業です。薬剤師の認定試験を受けて資格取得したり、独学で勉強したりして専門性や能力を身につける必要があります。もちろん、人よりすぐれた知識やスキルを身につければ、それだけ収入もアップします。 薬剤師としてキャリアアップしていくためには、どうしたらよいのでしょうか?
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1,薬剤師のスキルアップのために習得すべき資格とは?

薬剤師としてスキルアップしたいなら、「研修認定薬剤師」という認定資格が有効です。この資格は倫理や基礎薬学、医療薬学、衛生薬学、薬事法関連法規や制度について所定の単位を取得すると認定される認定制度です。3年ごとに更新があるため、定期的に勉強をしなければなりません。この資格を持っていれば、質の高い医療チームの一員に参加できたり、薬品管理者になることができるなど、ステップアップにつながります。
他にも様々な資格があります。
「小児薬物療法認定薬剤師」は、小児科において医薬品に関わる専門家として、患者や保護者に対し医薬品に関する指導ができると認定された薬剤師資格です。NICUや小児病棟や小児科病院の調剤薬局など、活躍の場は幅広いです。
「がん専門薬剤師」は、がん患者に対する薬物療法に関する専門的知識を持っていると認定された薬剤師資格です。がん治療は高度化し、新しい治療薬は次々と開発されています。病院の外来患者の服薬指導や病棟での抗がん剤治療の指導など、活躍の場は多いでしょう。
他にも、「精神科薬物療法認定薬剤師」「向精神薬取扱責任者」「緩和薬物療法認定薬剤師」「腎臓病薬物療法認定薬剤師」「糖尿病療養指導士」など、それぞれの専門領域における薬物治療や患者ケアに関する資格があります。

2,スキルアップを目指す薬剤師の愛読書

薬剤師として医薬品の専門知識や医療知識を深めたい人にとって、実用書は必ず必要です。普段勉強する時にも、職場でこっそりポケットに忍ばせるのにも便利な、医療関係者に人気の薬剤師の実用書をご紹介します。
『今日の治療薬 2015年版―解説と便覧』  著者:浦部 晶夫、島田 和幸、他 出版社:南江堂
薬剤師なら必携の一冊です。普通の治療薬マニュアルに比べ一回りコンパクトなので、携帯に便利です。内容は薬効群ごとの解説と便覧からなります。表形式の便覧は、薬剤の特徴、効能と効用、用法と分量、禁忌などを掲載してあります。
『ポケット医薬品集 2013年版』 著者:龍原 徹、澤田 康文 出版社:白文舎
根強いファンが多い、ポケット医薬品集です。A6サイズからB6サイズにサイズアップしたので、ちょっと携帯には厳しいかもしれませんが、調剤業務にとても役に立つ一冊です。
『くすりノート Drugs-NOTE 2014』 著者:医薬情報研究所 出版:じほう
手帳と情報集が一緒になっている、書き込み可能な医薬品集です。書き込みながら勉強する事で、知識の向上につながります。

3,薬剤師は病院でスキルアップ!ドラッグストアで昇格する道もある

薬剤師としてスキルアップができるのは、やはり病院です。特に、総合病院でチーム医療に加わって医療現場に直接携わる事で、薬剤師として貴重な経験を積むことができます。医療機関で質の高い仕事をするためには、知識だけでなく医師や看護師と一緒に働くために高いコミュニケーション能力も必要です。また、近年では高齢者医療や在宅医療などの分野の必要性が高まっています。ニーズの高い分野についての専門性を高めておくことも、スキルアップにつながるでしょう。
もちろん、薬剤師のキャリアパスは病院にしかないわけではありません。ドラッグストアや調剤薬局で店長やエリアマネージャーなどの管理職になるというキャリアアップの仕方もあります。そのためには、薬局運営に欠かせない経営スキルや管理スキルを身につける必要があります。
今の職場には優れた指導者もおらず研修制度もない、処方箋の科目も限られていて薬剤師としてのスキルアップが望めないと感じた場合は、転職という選択肢もあります。その場合は、転職サイトなどに登録して、キャリアアップを見据えた転職先を探すと効率良く良い転職先を見つけることができます。転職コンサルタントに相談すれば、あなたの希望の求人を探したりキャリアアップ方法について一緒に考えてくれたりと、色々な対応をしてくれるはずです。

薬剤師の転職・求人サイトを有効活用する方法を知っていますか?

転職希望日を6ヶ月以内にするのがおすすめです。 転職エージェントは、転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、いつ転職しようか迷っている方は極力「6ヶ月以内」と回答すると後回しにされることはありません。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリー)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら