ボーナス後の転職

薬剤師転職のベストタイミングはいつ?間違えるとボーナスがゼロに!

薬剤師が転職する際に、向いている時期と向いていない時期があるの知っていますか?求人は一年中出るようになっていますが、転職が向いてない時期に無理に転職を決めてボーナスがもらえず、後になってもっと良い求人が出てしまうかもしれないと悩む人も多いと思います。このページでは薬剤師転職のベストなタイミングについて紹介ご紹介します。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。


1.薬剤師求人数が増える、転職のベストなタイミング知ってますか?

転職のベストなタイミング=薬剤師求人数が増える時期

薬剤師に限らず、スタッフの募集が増えるのはやはり賞与支給直後年度末です。誰もが貰うものを貰ってから辞めたいですし、契約が切れたり退職したりする人は年度末に多く出るからです。よって、この求人が増える時期には、自分の希望の求人に出会える確率もそれだけ増えるという事になります。それは薬剤師の転職のベストタイミングだと言えます
その反面、良い求人も悪い求人も出てきますから、求人を多く選ぶのが難しくもなります。また、求人が増える時期は転職者も増える時期なので、それだけ競争率が上がりますから注意が必要です。また、ボーナス後や年度末ではなくても、新規店舗がオープンしスタッフ増員がかかった場合、大量の募集が出ることもあります。

ベストな転職タイミングに向けた準備はいつから始めればいいの

では、転職準備もこの時期にしなければいけないのでしょうか?いいえ、むしろ、もっと前から始めた方が良いです。なぜなら、転職するためには職務経歴書を書いたり、転職先を探したり、やることがたくさんあります。
また、求人というものはちょっと見ただけでは条件が良いのか悪いのかわからないので、求人を見ることに慣れることも必要です。例えば、年収500万円という一見良さそうな求人が出ていたとします。でも実は、募集情報の掲載期間が長かったり何度も募集が出ている求人だったのです。人間関係が悪かったり待遇が悪かったりして、すぐにスタッフが辞めてしまう職場なので年収を高く設定していたのでした。しかし、情報収集期間が短いと、求人情報を見る目が鍛えることができないのです。

また、自分に合った転職サイトに登録する事が大切です⇒良質の求人を見つけるために。自分に合った転職サイトの探し方はこちら
「すぐに転職したい!」という方も「まだまだ先…」という方もまずは薬剤師専門転職サイトに登録することをオススメします。転職サイトの担当者にしっかりと自分の希望を伝えると最短即日に求人を紹介してくれます。自分から求人を探す手間が省けるので現職と並行しながら転職活動を行うことができます。

転職する際に確認するべき条件

転職する際には確認するべき条件がたくさんありますので、列挙してみましょう。

  • 給与支給額はいくらか?
  • パートスタッフの正社員登用制度があるか?
  • 福利厚生制度は充実しているか?
  • 未経験者歓迎なのか?サービス残業は無いか?
  • スキルアップが出来るか?
  • 研修制度はあるか?
  • 特別な資格はいるのか?
  • 勤務地は通いやすいか?
  • 勤完全週休二日制なのか?
  • 勤務日は応相談なのか?
  • 病院がいいのか?
  • 調剤薬局がいいのか?
  • ドラッグストアなら商品管理の仕事はあるのか?
  • OTC販売のみなのか?

ざっと書いただけでもこれだけの条件があります。自分の希望条件をしっかり把握し、きちんと納得した条件の転職先に転職したいものです。そのためには、今すぐに転職するという気持ちではなく、求人情報を見る目を肥やすという意味でも、自分のこだわりポイントを見つけるという意味でも、ある程度の長い転職準備期間を取ることが大事です。焦って転職先を決めるのは、一番良くない事なのです。

2.「ボーナス減らされた…」転職のタイミングを間違えた薬剤師さんの声

ボーナスを貰ってからすぐに辞めたいけれど、辞めることが職場に分かった時点でボーナスが貰えなくなってしまうのだろうか?と心配になりますよね。しかし、ボーナスとは賞与算定期間の仕事の成果の分を貰えるものなので、基本的にはそのような事は無いはずです。しかし、辞める事を報告したらボーナス支給額が減っていたため、理由を管理職に聞くと「会社の業績が悪化したため」としか説明してもらえなかった、というケースも実際にあります。辞めることがわかったため支給額を減らされてしまったことは、明らかです。
このようなことにならないよう、退職時期はボーナス支給直後にしない方が賢明でしょう。退職を報告してからボーナスを貰うまで、会社に居づらくなるという事もあるかもしれません。
これらの注意点を踏まえて充分準備をしておけば、いざ良い求人が出た時に素早く動く事ができます。チャンスが来たら、素早く確実に採用を取りに行く事ができるようにしておきましょう。

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら