地方の薬剤師の現状

薬剤師の給料は地域ごとにちがう?地方に行けば行くほど給料は高い

薬剤師の給料は、地方に行けば行くほど高くなる事を知っていましたか?一般的な職業は、東京や大阪などの大都市圏の方が給料が高くなるのが常識です。しかし、薬剤師は逆なのです。何故なら、地方の方が薬剤師不足が進んでいるからなのです。あまり知られていないこの「逆転現象」。知らないと良い求人案件をみすみす逃してしまう事にもつながります。 薬剤師として働くなら、どこが向いているのでしょうか?
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1,都道府県別、薬剤師年収

都道府県別にみると、薬剤師年収ベスト5は以下の通りです。 1位:静岡県 年収660万円 2位:群馬県 年収613万円 3位:広島県 年収609万円、山口県 年収609万円 5位:熊本県 年収600万円 地方に行けば行くほど高齢者が増え、医療機関の需要は高くなっています。それに対して薬剤師が不足しているため、必然的に薬剤師の給与相場は高くなっていきます。平均を取っているためこれらの都道府県が上位に来ていますが、過疎地域が多い大分や山形、鳥取、島根、青森、秋田、北海道などには、時給5000円という高時給の調剤薬局などもあります。これらのエリアは人口が少なく、医師だけでなく薬剤師がとても不足しています。そのため、このような驚くほどの待遇を提示している所もあるのです。 しかし、高額時給に魅かれて安易に過疎地に就職するのも考え物です。これだけの待遇を提示するという事は、周りに店が何もない、車が無いとどこにも行けない、などの理由が必ずあります。それらに全て納得できなければ、安易に地方に就職を決めない方が良いでしょう。 一方、東京や神奈川、愛知、大阪、京都など一般の職業だと高年収の都市部だと、年収は400万円台~500万円台前半と、薬剤師の年収ランキングでは低くなっています。

2,地方で年収の高い職種や職場を見つけるためには、転職コンサルタントを使え

地方によって給与水準が異なる事はわかりましたが、ではどのようにすれば薬剤師の高収入の転職先を見つけることができるのでしょうか? 働く地域による収入の差以外にも、職種によって収入はかなり異なります。一般的に、調剤薬局と病院は安定していますが収入はあまり上がらない傾向にあります。ドラッグストアは商品管理や店舗管理など薬剤師の仕事以外の負担が大きくなりますが、その分収入は高くなっています。店長クラスになれば、年収700万円~800万円に達する事もあります。製薬会社のMRと呼ばれる営業職が、最も給与水準が高いと言われています。トップクラスの営業成績ならば、年収1000万円も夢ではありません。 これらの条件の中で高収入を目指して転職活動をするならば、エムスリーキャリアなどの薬剤師専門転職サイトに登録し、転職コンサルタントを使うのが良い求人情報にめぐり合う近道です。これらのサイトは非公開求人も多く、薬剤師の求人数が非常に多いのが特徴で、しかも無料です。首都圏だけでなく地方の求人にも対応していますから、地方で高収入の職場を見つけたいと伝えれば、様々な求人情報を検索してくれるでしょう。 また、コンサルタントを使えば、求人案件を紹介してくれるだけでなく、薬剤師の転職に関する様々なノウハウを教えてくれたり質問に答えてくれたりします。転職が初めての人は、コンサルタントを使う事をおすすめします。 また、子育て中の女性などは勤務時間が短い方がいい、自宅から近い勤務地が良いなどの条件が多いものです。地方勤務だと子供を保育所に送り迎えするために、マイカー通勤可の勤務地を探さなければいけないなどの条件も増えてきます。もちろん、パートやアルバイトなどの求人も充実していますから、転職サイトをうまく活用すると良いでしょう。 高収入の薬剤師求人がある地方へ転職する事を考えている場合、生活拠点を決める必要がありますし、今後の人生が大きく変わりますから、早めに動きだす事をおすすめします。

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら