薬剤師の年収

どうせなら給料の高い所に就職したい!高額給与の薬剤師の就職先とは?

高いお金を払って苦労してようやくなれた薬剤師、少しでも高い給料の所に就職したいですよね。この記事で、色々な職場、地域の給与相場を知って、少しでも年収の高い職場を選びましょう。

この記事に書かれている事まとめ
  • 高額給与を得たいなら、企業薬剤師ドラッグストア
  • 実力があれば年収1000万円超えも可能なのが企業薬剤師の魅力
  • 企業薬剤師は応募する人数が少ないため、案外簡単に就職可能
  • 企業への強いパイプを持ったエムスリー(薬キャリ)マイナビ薬剤師なら、企業への転職も夢じゃない!
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

薬剤師の職種ごとの初任給・年収、年代別年収情報

まずは、薬剤師の職種別の新卒初任給と年収の平均を見てみましょう。全てのデータは学士卒、諸手当込の税込み給与額です。ただし、初任給だけを見ても、今後年収アップして行くかどうかがわかりませんので、年代別の平均年収も比較してみましょう。

病院の初任給・年収、年代別年収情報

初任給:月20万円~25万円 
初年度の年収:300万円~350万円
20代:年収340万円~年収450万円
30代:年収430万円~年収550万円
40代:年収520万円~年収640万円

病院の給与は大きく上がる事はありませんが、勤続年数に応じて安定して上がっていきます。病院だと医師や看護師の方が優遇されてしまうため、給与面にメリットはあまりありません。

しかし、患者の病状を見ながらの服薬指導や、薬品の最新の研究結果に触れることができるなど、薬剤師としてスキルアップできることが最大の魅力です。特に大学病院で貴重な経験を積めば、薬剤師としての可能性は広がっていくでしょう。

年収700万円に到達するのは、病院薬剤師のトップである薬局長にならないと無理でしょう。民間病院よりは、公務員である公立病院の方が給与は高いです。

調剤薬局の初任給・年収、年代別年収情報

初任給:月22万円~30万円
初年度の年収:350万円~400万円
20代:年収350万円~年収420万円
30代:年収430万円~年収530万円
40代:年収500万円~年収620万円
管理薬剤師になれば、500万円~600万円くらいの年収を得ることができます。大手チェーンだと福利厚生は厚いかもしれませんが、若干給与相場は低めです。勤務地域により収入は異なります。

ドラッグストアの初任給・年収、年代別年収情報

初任給:月25万円~35万円
初年度の年収:350万円~450万円
20代:年収350万円~460万円
30代:年収450万円~年収550万円
40代:年収500万円~年収650万円
薬剤師手当が5万円~10万円程つくため、調剤薬局より相場は高めです。その代り、商品管理や清掃などの店舗管理の仕事もあるため、若干仕事がきついです。

製薬会社のMRの初任給・年収、年代別年収情報

初任給:月22万円前後
初年度の年収:300万円~300万円前半
20代:平均493万円
30代:平均684万円
40代:平均872万円
製薬会社のMRと言われる、医薬品や医療機器を病院などに販売する営業職です。この仕事は成果が大きく給与に反映されますし、採用される製薬企業の規模によっても差があります。

そのため、給与にはかなりの幅があり、年収の価格帯は○円~○円と決めることはできません。実力があれば年収1000万円超えもアリです。生涯賃金は他のどの職種よりも高いと言われています。

薬剤師の給料が高いのは静岡、低いのは東京と大阪

薬剤師の給料が高いのは静岡、群馬、広島、山口などの地方都市です。

一方、東京や大阪は低い傾向にあります。一般的な職業では、東京や大阪などの大都市圏の方が給与相場は高いのに、薬剤師はその逆です。それは何故なのでしょうか?

それは、人口が多い地域には薬剤師も多く、薬剤師の供給過多が起きているからなのです。その反面、地方に行けば行くほど薬剤師は不足しています。そのため、僻地に行くとパートでも時給5000円などというケースもあるのです。高い給与を得たいなら、地方で就職するのも収入アップの方法の一つです。

HOP!おすすめの薬剤師転職サイト

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位ファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら