17

薬剤師のパート事情|扶養や時給、働きやすい職場選びの3つのコツ

女性の割合が他の職種に比べて高い薬剤師。結婚や妊娠といったライフイベントに合わせて働き方を見直す方がたくさんいます。その中でも多いのが正社員→パートへの転職。 「パート薬剤師の給料ってどのくらい?」「扶養は気にしないと?年収130万超えると損する…?」「仕事と家事を両立するためには…?」などパートに関する疑問にお答えします。

この記事に書かれている事まとめ
  • パート薬剤師の時給相場は1,800~2,500円。地域によって時給差がある。詳しく見る
  • 高時給な薬剤師は扶養を超えても損しにくいので、扶養は一旦気にしないでOK詳しく見る
  • ママ薬剤師が仕事と家事を両立するためのポイントは「職場選び」詳しく見る
  • 産休・育休があるから子どもができても働ける。詳しく見る
  • 転職サイト利用でママ薬剤師が働きやすい職場が見つかる! 詳しく見る
パート求人サイト
時給
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3500~
3000

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給3000~
2500円

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給3000~
2000円

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1.「高時給なのは薬剤師が足りてない地方でしょ?」って思ってた人ハズレです

ママ薬剤師が働く上で気になるのは勤務の融通に加えて、当然収入面ですよね。薬剤師は「パートでも高収入を得る」ことができます。では、実際にはどれくらいの額を見込めるのでしょうか。

結論から言いますと、「薬剤師の時給相場は1,800~2,500円」です。実際には2,000円を切るケースはあまりなく、おおむね「パート薬剤師の時給相場は2,000円以上」と考えておけばよいでしょう。パートの給与を年収に換算(週4日・時短勤務の場合)すると、およそ「300~400万円ほど」になり、なんと一般的な20代サラリーマンの平均年収並みの水準です。パートでも薬剤師は十分に稼ぐことが可能といえるでしょう。

職場・地域によって差はある?

最も高い時給を望める職場は「ドラッグストア」です。次いで調剤薬局、病院という順番が一般的です。ただし、極端に大きな差がつくことはありません。あえて順位付けをするなら、という程度に解釈していただいて結構です。ですから、「調剤薬局で働きたいけど、時給が高いからドラッグストアに転職しよう」という判断はおすすめしません。

地域別で見てみると、東京・大阪をはじめとする「大都市圏の方が高時給」の傾向があります。一方、地方になると2,000円を切ってしまうケースが見受けられます。正社員薬剤師であれば、薬剤師不足にあえぐ地方のほうが高収入を望めますが、パートになると逆転するようです。

いまこの記事を見てパートを検討している方の中には、結婚をきっかけに働き方を変えようと考えている方もいるのではないでしょうか?扶養内で働くかどうか悩んでいませんか?
扶養内と扶養外どちらで働いた方がいいのか見てみましょう。

2.扶養内、扶養外、どっちが得?パート薬剤師が狙うべき年収とは

働く女性が結婚した場合、「扶養」は避けて通れない重要なポイントです。以下を参考にし、損をしない働き方を見つけましょう。あなたが「どれくらいの収入を得たいか」を想定した上で読み進めてください。

【最新】扶養控除制度を確認しましょう

年収が一定額以上になると、扶養控除内から外れて、額に応じた所得税、社会保険料、住民税が給与から天引きされることになります。まとめると以下のようになります。

  • 100万円以下→自分が税金や社会保険料を全く払わなくていい
  • 100万円~103万円→住民税を払う
  • 103万円~106万円→「所得税」「住民税」を払う
  • 106万円~130万円→「所得税」「住民税」、人によっては「社会保険」を払う
  • 130万円以上→「所得税」「住民税」「社会保険」を払う

より詳しく説明させていただくと、106万円~130万円で「社会保険料」を支払う対象となるには、次の5つの条件が必要です。

  1. 労働時間が週20時間以上であること
  2. 月収が8.8万円以上(年収106万円以上)であること
  3. 勤務期間が1年以上の見込みであること
  4. 従業員501名以上の企業に勤務していること
  5. 学生でないもの

上記の社会保険料の適用条件に関しては、2016年10月に新たに設けられた制度なので覚えておくといいと思います。

薬剤師は扶養を気にしすぎるとむしろ損するって知ってましたか?

住民税や所得税は130万円以下の収入なら引かれても数万円程度と、あまり実収入と大きく変わりません。
しかし、130万円を超えると手取り収入は一気に減ります。
「所得税」「住民税」「社会保険」に加え、夫の扶養から外れることになりますので、配偶者(夫)の控除もなくなります。つまりこれらの総額より多く稼ぐことが必要となり、その額約45万円です。
すなわち130万円を超えたら130万円+45万円=175万円を稼がないと手取り年収は減り、「損をする」ということになります。
通常、パートで働いて175万稼ぐとなるとなかなか大変です。なので世の中のママたちは130万や103万を超えないように働きます。
しかし薬剤師は高時給です。
パートの平均時給2,300円で働いたとすると1日8時間×週2日で年収約176万円
たった週2日働いただけであっさりと超えてしまいます。
つまり薬剤師の場合は、無理に扶養内で働こうとするとむしろ損してしまうのです。ですので薬剤師の場合、扶養は一旦気にしないようにしましょう。扶養内を条件に求人情報を探してしまうと該当する求人情報もとても少なくなります。まずは扶養を気にせず、転職コンサルタントに「残業無し」や「駅チカ」の好条件求人があるか相談しましょう。給与調整はあとからでも十分行えます。

3.ママ薬剤師なら誰もが抱える悩みを解決。パート先の職場選びの3つのコツ

パートとはいえ、仕事をしながら家事をこなすのは想像以上に疲れるものです。働く女性にとって、「仕事と家事の両立」は永遠のテーマといってもよいでしょう。両立のコツとしては、シンプルですが「仕事の負荷を極力減らすこと」に尽きます。
具体的に紹介していきます。

1.人間関係の良い職場を選ぶ

ストレスがもたらす疲労は相当なものです。特に職場は様々な人間が集まって業務にあたるわけですから、当然人間関係もギクシャクしやすいのです。
しかしそれではストレスが溜まり、疲労も溜まる一方。逆に、人間関係が良好な職場を見つけることができれば、疲労もグンと減り、家庭と両立して楽しく仕事ができるでしょう。

2.希望通りのシフトが通りやすい職場を見極める

パートという働き方を選ぶ以上、フルタイムでなく時短勤務を希望している方が多いはず。しかし、企業側としてはなるべく多い日数、長い時間働いてほしいという希望があるかもしれません。そこは折り合いが必要になりますが、あなたの希望をしっかり受け止めてくれる求人を見つけることがベストです。
また、ママ薬剤師の場合、子供の都合で急なシフト変更をしなければならないときがくるかもしれません。急なシフトの変更にもある程度対応してくれる職場であれば理想的です。

3.ママ薬剤師がいる職場を選ぶ

これはとても大事なポイントです。ママ薬剤師がいるということは、職場全体で子育て中のママを応援する体制・雰囲気が整っていると考えられるからです。
たとえば、子供が急に熱を出した時などに臨時で休みを取れる職場だということです。まだ子供がいないという方でも、いつかママになった時のために、今からそういった環境が整った職場で働くことをおすすめします。
また、ママ薬剤師は仕事と家事、子育てを両立している人生の先輩ですから、あなたにとって心強い相談役になってくれるのではないでしょうか。

まとめ

仕事と家事を両立させるコツを3つ紹介しました。
しかし、これら全部求人情報では分からないことだとお気づきでしょうか?
本来なら就業してみるまで分からず、書いてあったことと違ったなんてことが起こるかもしれません。そこで薬剤師専門の転職サイトに無料登録し、専門の転職エージェントに相談することをおすすめします。
求人サイトによってはエージェントが実際に職場を訪問している会社もあります。「ママ薬剤師が何人いるか」「管理薬剤師に子育て経験があるか」など内部情報まで聞けば教えてくれます。登録後であれば非公開求人も閲覧できますし、エージェントが「人間関係の良い職場」「希望通りのシフトを組める」「ママ薬剤師がいる」など、あなたの要望を聞いた上で、ぴったりの求人を探してくれます。

4.子どもができたら…?パートママ薬剤師に産休・育休はある?

結婚し、めでたく待望の赤ちゃんができた。
こんな時、パートだと仕事をやめないといけないのでしょうか?パートでも産休・育休はあるのか気になりますよね。
まず産休は労働基準法に定められている産前産後休業のことです。法律で定められており、働く女性なら誰でも取得できるものですので、パートでも派遣でも雇用形態に関係なく取得できます。
次に育休ですが、こちらは条件があります。「雇用されてから1年以上経っている」「子どもが1歳になったあとも働く意思がある」「週3日以上勤務している」などがあります。
これらの条件を満たしてさえいればパートでも取得が可能です。
しかし、ここまではあくまで法律上の話です。
実際には産休育休をとることに消極的で、嫌味を言われたり減給されたりすることがあります。そうなると正社員より肩身の狭いパートはやめざるを得ませんよね。
そうならないためには、「産休育休取得実績あり」や「ママ薬剤師が多い」職場を見つけることが重要となります。
職場の子育てに対する理解や制度に関する正確な情報を得たいのであれば転職エージェントに相談するのが良いでしょう。エージェントは今までにたくさんの働くママ薬剤師を見てきた経験から的確なアドバイスとあなたにあった求人を紹介してくれるでしょう。

5.使わなきゃ損?パートを探すママ薬剤師が転職サイトを使うメリット

1.求人情報だけじゃ分からない職場の内部情報まで教えてくれる

「ママ薬剤師が何人いるか」「1日の処方箋枚数は何枚か」「常勤の人の割合」などママが働きやすい職場かを調べて教えてくれます。忙しいママ薬剤師にかわって情報を集めてくれるのでスムーズに転職を進められます。

2.エージェントの力で好条件で転職できる

あなたの経歴、希望などから担当のエージェントがあなたにあった求人を見つけてくれます。また、いまいち条件に合う求人がない…なんてときもエージェントが代わりに交渉して最適な求人を作り出してくれます。自分じゃしにくい給料交渉もしてくれます。

3.非公開求人が多数あり

転職サイトには非公開求人があるのをご存知ですか?転職サイトに登録しないでみれる求人はほんの一部。転職サイトに登録すると非公開の好条件求人が多数あり、より良い職場に転職できるかもしれません。

【すぐには転職を考えていない薬剤師さんへ】

「今すぐ転職するわけじゃないけど、求人見てみようかな」

「夏のボーナス後に転職しようかな」

このように考えている薬剤師は多いのでは?5,6月は、大手薬局,ドラッグストアが「3月末に退職した薬剤師のポストが埋まらなかった」「新卒が定着しなかった」等の理由で、条件の良いレア求人を出しやすい時期です。今のうちに、転職サイトを見てみて自分にぴったりの職場をゆっくり吟味するのもおススメですよ。

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら