Dollarphotoclub_40973486

こんな転職理由でもOK?薬剤師の転職5事例から読み解く成功のコツ

突然ですが「転職しようかな」と考えている薬剤師のあなたに質問です。

「こんな転職理由で転職していいのだろうか?」「自分と同じような転職理由で転職している人はいるのだろうか?」と不安を感じていませんか?

答えがYESだった人は多いのではないでしょうか。転職は気軽にできるものではないので、転職経験者がどんな理由で転職をしたのか気になってしまいますよね。

職場の人間関係が悪い、収入に不満がある、スキルアップ・キャリアアップしたい、結婚したから…などなど、転職理由は人によって様々です。どうやら薬剤師ならではの転職理由もあるようです!

このページでは、薬剤師の転職理由をランキング形式で紹介し、転職の際のコツをお伝えすることであなたの転職に対する不安を吹き飛ばします!

この記事に書かれている事まとめ
  • 薬剤師の転職理由は年収アップ、人間関係などたくさんある
  • 転職のコツは「なぜ転職するのか」を自問自答すること
  • 「こんな転職理由で転職していいのだろうか?」と不安なら、エムスリー(薬キャリ)に登録して転職コンサルタントに直接聞くのが最も速くて簡単!
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1,薬剤師の転職理由 1位 年収アップ

お金が積み上がっている様子
薬剤師の転職理由第1位は「年収アップをしたいから」です。同意できる方もかなり多いのではないでしょうか。
単純に年収が低すぎて転職を考える場合もあれば、年収は良いのだけれど業務量が多すぎて結果的に損をしているから転職を考える場合もあります。

しかし、転職によって年収を上げることは可能なのでしょうか?
答えはもちろんYESです。ある程度のキャリアがあれば100万円程度のアップは可能です。なかには300万アップする方もいます。

また、パート薬剤師から正社員薬剤師へと転向すると一気に年収が増える場合が多いです。福利厚生も充実しているので一石二鳥と言えるでしょう。

年収アップを狙っている薬剤師のあなたにオススメの業種!

年収アップを狙っているなら今自分のいる業種から、平均年収の高い業種へ身を転じることも必要になってきます!

そんなあなたに最もオススメの業種が製薬企業などの企業、続いてドラッグストアです。

企業薬剤師は800万円以上を十分狙えますし、1,000万円の大台に乗ることも可能です。ドラッグストアも店長クラスとなればかなりの高収入を狙えます。

薬剤師の業種別の平均年収ランキングを知った上で、今よりも給与面が良くなりそうであれば転職を検討しましょう!

2,薬剤師の転職理由 2位 人間関係

人間関係に悩んでいる薬剤師

医療関係の職場になぜか多い「いじめ」の問題

薬剤師も例外ではなく、転職を考える理由で堂々の第2位にランクインです。
薬剤師は、狭い調剤室の中で仕事をしている方が多いです。そして女性が多い世界ですから、どうしても噂話や悪口、人間関係の悪化が起こりやすいようです。そこからいじめなどに発展するケースも珍しくありません。

仕事をするうえで、上司や先輩同僚との関係がこじれてしまうと、職場にも行きづらくなります。

人間関係が嫌で転職を考えているあなたへのオススメの転職先!

実は、転職理由が人間関係と言っている方の話を聞くと、たいてい人手不足だったり、ハードワークを強いられていたり、土日休みがなかったりと労働条件も良くない傾向にあります。
労働環境の悪さが働いている人の精神的余裕を奪ってしまうのでしょうね。

なので、人間関係で悩んでいるあなたは職場環境の良い転職先を選ぶと良いでしょう!

職場環境の良いところを探すコツとして転職先の離職率や有給消化率を確かめるというものがあります。一概には言えませんが、離職率の低いところは職場環境も整っていて人間関係も落ち着いている場合が多いです。

多くの方が人間関係を我慢しているなかで「転職」という選択をするのは勇気が必要ですが、結果的に働く環境が良くなる場合もたくさんあるのでとても前向きな決断と言えるでしょう!

3,薬剤師の転職理由 3位 キャリアアップ

女性が階段を上がってキャリアアップしている様子
自分を成長させるための転職なので、とても前向きな転職理由ですね。
ただし、単に「キャリアアップがしたいです!」では具体性がなさすぎるので、とくに注目すべき転職理由はコミュニケーション能力やマネジメント力などのスキル面を向上させることです。

スキルアップをしておけばどんな職場でも応用がきき、自分の可能性が一気に広がります。若いうちからリーダーシップを意識していれば、管理職への道をぐっと引き寄せることができます。

調剤薬局を例に挙げると、管理職のステップアップとしては、現場作業、人材育成管理、マネジメント、経営管理など様々な業務を経験を経て、ようやくエリアマネージャーや管理薬剤師になれるようです。
これらすべてのステップでマネジメントスキルは必須になってくるでしょう。

しかし、今の職場で得たいスキル、マネジメント力などを身に付けることができないのなら、転職するしか手はありません

キャリアアップをしたいあなたへオススメの転職先!

これに関してはあなたが具体的にどんなキャリアアップをしたくて転職を考えているのかによって答えが異なります。
ただ、一つ言えるのは異業種への転職はあなたのキャリアアップを爆発的に進めるということです。異業種で全くしたことのない業務をすることはあなたの薬学に関する知識をより深め、新たな環境や職場の人から刺激を受けるきっかけとなること間違いなしです。

キャリアアップをしたいのであれば、自分の積みたいキャリアを考えることがあなたを最高の転職先へと導いてくれるはずです。

補足:ブランクがあって復職が不安なら?

出産などによるブランクから復職する場合、不安がつきものです
その場合は、基本的には自助努力をしっかり行いましょう。大学時代のテキストを見直したり、薬剤師試験の過去問を解く、オンライン講座を受講するなど方法は様々あります。

ブランク明けの転職のポイントを知っておくと有利に転職ができます!
社内の研修を期待する方もいると思いますが、基本的にブランクのある方だけのために特別な研修を用意する職場はないと考えておきましょう。

しかし、会社の取り組みとしては行っていなくても、職員有志が集まって勉強しているなどの場合もありますので、面接の際に担当者に聞いてみましょう。

4,薬剤師の転職理由 4位 ライフステージの変化

結婚と妊娠でライフステージが変化している様子
結婚をした、妊娠・出産をした、子育てや介護が始まった…こういったライフステージの変化によって勤務先を変える方は多いものです。薬剤師は女性が多い職種ですからなおさらですね。
特に小さな子供を育てながら働くことは、とても大変なことです。
子供の急な発熱で休むことが多くなった、時短勤務をしなければやっていけない…という状況になってしまうと、職場にも居づらくなってしまいますよね。
どうしても職場の理解が得られない場合は、今よりも育児への理解がある職場への転職を検討したほうが良いでしょう。

5,薬剤師の転職理由 5位 仕事のやりがい

仕事にやりがいを感じている薬剤師
仕事をするうえで「やりがい」はとても大事な要素です。

たとえば病院薬局の薬剤師の場合は、病気と闘う患者の手助けをすることもできますし、医師が出すカルテを見て自分なりの見解を医師とディスカッションすることだってあります。自分の持っている薬学に関する知識をフル活用できるのでやりがいを感じる人は非常に多いようです。
調剤薬局であれば医師の書いた処方箋を基にした薬の処方はもちろん、地域のお年寄りの悩みを聞いたり話し相手であることにやりがいを感じる方も多いようです。
ドラックストアの場合、薬剤師としての知識を生かして適切な薬をおすすめをします。

このように、職場でのやりがいは仕事をするうえで必須の要素なのです。しかし、それが今の職場では感じられない…と思うのであれば、転職も視野にいれるべきでしょう!

やりがいのある仕事をしたいあなたへオススメの転職先!

これも転職理由3位のキャリアアップの時と似た回答になってしまうのですが、やりがいをどこに感じるかは人それぞれなのでオススメの転職先も人によって異なります。

共通して言えることとしては、「あなたがどんなことにやりがいを感じるか」を考えることが最良の転職先にたどり着く秘訣です
例えば「人に感謝されることが好き」なのであれば患者さんと直接コミュニケーションを取れる調剤薬局の薬剤師や病院薬剤師になればやりがいを感じられるし、高い給料をもらったり売り上げに貢献したかったりすることにやりがいを感じるのであればドラッグストアへ転職すればやりがいを感じられるでしょう。

「どんなことにやりがいを感じるか」を考える際に、仕事に関することだけを想定するのではなく、普段の生活でもどんな時にやりがい、嬉しさを感じるかを考えることもポイントです。

6,薬剤師の転職理由 6位 ワークライフバランス

ワークライフバランスをどうしようかなやんでいる男性
仕事とプライベートのバランスを取る、いわゆる「ワークライフバランス」を意識している方が増えています
多忙を極める薬剤師の間でも、仕事だけの人生ではなく、プライベートも充実させようという生き方が広がってきました。

しかし、現実はそううまくいきませんよね。残業、休日出勤、有給休暇がとれないことなどに悩んでいる薬剤師も多いでしょう。
何か大きなトラブルが起こった際も、基本的にトラブルへの対処は平日の開所時間内に行われます。一般企業でも、ワークライフバランスがしっかりとれている職場がないわけではありません。自分の理想の職場を探すことをおすすめします。

しかし、プライベートの充実といっても、それは漠然とした要望です。
何が改善されればそれは実現できるのか、何を改善したいのか、それらをしっかり決めて転職に望まなければ、不完全燃焼な転職になります。
なので、有給がないことが嫌なのか、残業が嫌なのか、休日出勤が嫌なのか…といったことを先に考えておくことが転職を成功させる最大のポイントです!

実際に、不完全燃焼な転職をした方もいます。
病院勤務薬剤師から調剤薬局薬剤師に転職したAさんは、月平均の勤務時間を200時間から150時間に減らすことができました
しかし、以前働いていた職場よりも有給休暇を使いづらくなったと言います。

ワークライフバランスを重視したい人にオススメの転職先!

ワークライフバランスを重視した働き方のできる傾向の業種は以下です。

  • 総合病院併設の調剤薬局
  • 行政関係の薬剤師(保健所など)
  • 製薬会社での管理薬剤師
  • 派遣薬剤師

これらの業種は比較的、決まった時間に働けるのでプライベートとの両立がしやすく、ワークライフバランスを重視したい薬剤師からの人気求人なのでオススメです!

ここに上がっているのはあくまでもワークライフバランスが取りやすいだけなので、ここにある業種でも忙しい会社に転職すれば両立はできないし、逆にここになかったとしても残業の少ない転職先を見つけられらば両立可能です!
プライベートを優先したい人のためだけのページもあるのでそちらもご確認ください。

7,実際に転職した薬剤師が語る転職理由の実例5選!

転職理由ランキング、いかがでしたか?
自分の悩み、転職理由に近い、というものもあったのではないでしょうか?

続いて、ここでは転職理由を軸に「実際に転職をした」方の体験談を紹介します。
様々な理由から転職を決意し、転職に成功した一例ですから、参考になるはずです。

【Aさん:病院から薬局へのキャリアチェンジ】

病院勤務がしんどくなってきた12年目。
給料も頭打ちだったので、薬局に転職しました。
疲れたから、という理由ではあまりに失礼だと思ったので、いろいろ考えた末、違う分野に目を向けてみたい、と書きました。
さらに糖尿病療養指導師の資格をもっていたので、更新することが前提というお話をさせていただきました。
薬局での療養指導師の更新はとても大変なので、会社側の協力がなくてはできません。
でも、そのやる気を買っていただけ、会社側も初の療養指導師採用に乗り気でした。
転職理由は、やはりお互いWin-Winになるような動機が良いですね

【Bさん:意欲と経験をアピール】

転職では志望動機が重要なので、時間をかけてじっくり考えました。
経験が少ないのとブランクがあるのはマイナスに思われますけど、自分で薬の勉強をしていることをアピールして意欲をみせるよう心がけました。
あとは今の時点で出来ることと出来ないことをまず分けてみて、アピールポイントとして生かせることに絞り、前職での経験をどう生かすことができるか、いかに仕事をしたいかを自分の言葉で熱意をもって話しました。
ブランク中は子供が風邪をひいた時に薬局にお世話になったことも話し、自分もこれから地域に貢献していきたい、とアピールしました。

【Cさん:MRから病院薬剤師へのキャリアチェンジ】

MRを辞めたのは精神的にも体力的にも限界がきてしまったのが理由です。
でも、当然その部分は言っていません。転職理由としては、MRとして病院を訪問させていただいているうちに、現場で働く薬剤師の仕事を是非したいと思ったからという理由にしました。

【Dさん:新規開局の利点を最大限に生かすアピール】

前の職場は残業は当たり前にあるし、仕事もハード。先輩で嫌いな人もいたから転職しました。
志望した職場は新規開局の薬局。
転職理由は新しいところで新しい人たちと一緒に一から薬局をつくりあげていきたい。薬局の立ち上げに関わり、地域の人々の信頼を得る薬局にしていきたい。
綺麗な店舗で最新の調剤設備を整備している薬局なので、薬剤師にとっても働きやすく、患者さんにとってもより正確でわかりやいお薬をお渡しすることができると思う、といった点をアピールしました。

【Eさん:前職の不満は一切言わず…】

転職の理由は不規則な勤務時間のシフトや上司への不満や業務内容などいろいろとあったのですが、ネガティブなことを言ってしまうとマイナスになるので、前向きでプラス思考のポシティブ部分のみを言いました
調剤にもっと専念したいということ、転職先が在宅訪問に力を入れていく方針だったので、薬局にいながらも患者さんと深く関わりを持ち地域医療に貢献していきたい、などという差しさわりの無い理由でしたが採用してもらいました。

8,薬剤師の転職のコツはずばり「自分への問いかけ」!

ここまで、転職と転職理由について詳しく説明してきました。

転職を成功させるために大事なことは数多くありますが、特にポイントになるのが自分がなぜ転職したいのかをじっくり考えることです。
なぜならその根本的問題が解決されなければ無用な転職を繰り返す事になるからです。
そうなると短期間の職歴がいくつも履歴書の職歴欄を埋め尽くすことになってしまい、採用はどんどん難しくなっていくでしょう。
「自分がなぜ転職したいのか?」この問いに真剣に向き合い、答えを出すことができれば、面接で転職理由を聞かれても困ることはありません。このページで紹介したコツを織り交ぜながら、堂々と語ればいいのです。

また、具体的な履歴書の書き方については「薬剤師の履歴書の書き方・志望動機の例文」の記事をご覧ください。

悩みがあるならエージェントに相談してみる

転職をするべきか、転職理由をどうすべきか、悩みが尽きないのであれば薬剤師専門の転職サイトで活躍しているエージェントに相談することをおすすめします。
人に気持ちを話すことですっきりしましすし、薬剤師の転職動向についての情報収集もできます。
エージェントは薬剤師転職のプロ中のプロです。あらゆる悩みに答えてきた実績がありますから、あなたの要望を聞いて、悩みの解決方法、そしてぴったりの職場を紹介してくれるでしょう。

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら