ドラッグストア 薬剤師

ドラッグストア薬剤師の仕事内容、福利厚生とメリットデメリット

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

地域の方の健康を支えるのが、ドラッグストア薬剤師です。店舗で定期的に健康相談会やカウンセリングを行うこともあるでしょう。

お客さんの健康を見守りサポートを行いますが、ドラッグストア薬剤師ならではの仕事内容や福利厚生、また勤務する上のメリット、デメリットは何でしょうか。

ドラッグストア薬剤師のおもな仕事内容、福利厚生

OTC薬のみを扱うドラッグストアと、調剤室を併設するドラッグストアでは仕事内容が異なります。また、店舗や規模により、薬剤師が担当する仕事は様々です。

調剤併設ドラッグストアの調剤業務は、調剤薬局の仕事内容と同じです。

患者さんの処方せんに基づき調剤、監査を行い、患者さんに薬の説明をしてお渡します。一人ひとりの薬剤服用歴を記録し、医薬品の在庫管理や発注業務など、調剤室内の業務を行います。

店舗により、調剤業務とOTC販売に関わる時間が異なります。調剤室に専任することもあれば、調剤に関わることがほとんどないケースもあります。

カウンターではOTC販売全般を担当しますが、第一類医薬品は薬剤師のみが販売できます。レジ打ちを含めた業務で、お客さんの話をよく聞いて、わかりやすく説明するトークスキルが求められます。

ドラッグストア薬剤師は雑用が多い?

ドラッグストア勤務の薬剤師は雑用が多いというイメージがあると思いますが、それは店舗によって様々です。ドラッグストアでは薬剤師の資格を持っていないパートや学生アルバイトも働いているわけですから、薬剤師でも雑用が多いとは一概には言えません。

しかし、例えば都内の繁盛店となると薬剤師もレジ打ちや品出しなどの仕事にも従事せざるを得ないという感じのようです。

お客さんが手に取りやすいように商品の並べたり、POP作成やレイアウトの提案、在庫管理や発注業務を担当することもあるでしょう。

お客さんのニーズに合わせた商品を提案したりもします。店舗内の医薬品以外の生活用品も、ある程度の理解が必要です。お客さんからの生きた情報を元に、流行の商品など幅広い商品に対応する力も求められます。

福利厚生の面では、やはりスギ薬局などの大手ドラッグストアの薬剤師は充実しているようです。薬剤師の教育制度や研修制度も充実しており、「こんなに休んでいいの?」という声もよく聞かれます。

それぞれのドラッグストアによって研修制度や手当に違いがあるので事前の下調べもある程度はしておいたほうがいいでしょう。

ドラッグストア薬剤師のメリット

ドラッグストア薬剤師のメリットは、やはり給料面で好条件の求人が多いということでしょう。

なかには正社員かつ、業界最大手のサンドラッグの薬剤師やスギ薬局の薬剤師などは年収650万円に達する求人も見られます。調剤薬局や病院よりも年収が高いということは明らかです。企業薬剤師でも経験ありでないと600万越えの求人を探すのは難しいです。

ドラッグストアで店長を経験した後、本社の運営、管理などのマネージャー職としてキャリアを伸ばすこともできます。

またドラッグストア薬剤師は様々な商品や業務に携わることができます。取り扱う商品が多いので、健康全般への知識が増え、オールマイティな薬剤師として活躍できます。処方せんに基づく調剤とは違い、お客さんとの会話の中で自分の力量で商品を選びます。これらの仕事はやりがりもあり、達成感にもつながります。

ドラッグストア薬剤師のデメリット

ドラッグストア薬剤師のデメリットとして最も多く挙げられることとしてはやはり「薬剤師としての仕事」が少ない、ということです。

品出し、接客、レジ業務など薬剤師の資格とは関係のない仕事も行います。調剤薬局勤務の薬剤師が行うような“調剤業務”“服薬指導”“薬歴管理”や病院勤務の薬剤師の医薬品情報業務(DI業務)・薬品管理業務(必要な薬を必要なときに必要な数だけ提供できるように管理する業務)・製剤業務(医療に必要な、発売されていない薬を造る業務)など”薬剤師らしい”業務に携わる機会は減ります。

クレームが多いということもデメリットの一つでしょう。ドラッグストアで働く薬剤師は調剤薬局や病院勤務の薬剤師と比較してクレーム客と接客をする場面が多くなります。他の接客業では避けては通れないクレーム対応ですが、「薬剤師になったのにこんなことはしたくない」という理由でドロップアウトをしてしまう薬剤師さんは少なくないようです。

転職活動するなら、正月明けの今がチャンス!!

ボーナスをもらった後の1月は転職を考える人が増えます。その結果、各企業が退職者の空きを補うために、普段より好条件で求人を公開します。

今すぐ転職活動を始めなければ、こういった転職に有利な時期を逃す事にもなります。。。

それでも「今は転職活動に十分な時間が割けない!」という方は、まずは薬キャリに登録してみてはいかがでしょうか。豊富な求人情報から、自分にあった職場を効率良く探す事が出来ますよ!

ドラッグストアが向いている薬剤師、向かない薬剤師はこんな方

上にも書いたようにドラッグストア薬剤師の仕事内容は多岐に渡ります。

特に接客の比重が大きいので接客が好き、コミュニケーション能力に自信があるという方は向いているでしょう。また薬剤師という枠にとどまらずビジネスマンとして成長を望んでいる人も、店舗経営などを通してドラッグストアで経験した仕事内容は大いに役立つはずです。

体力に自信のない人はあまり向いていないでしょう。薬剤師という立場でありながら体力を使う雑務が多く、24時間営業の店舗の場合にはどうしても勤務時間は長くなってしまいます。

将来的にドラッグストア薬剤師の需要増?

ドラッグストアでは医薬品だけでなく、健康促進商品なども販売しています。現在国が推進している「セルフメディケーション」(自分自身で自分の健康を管理する)という方針に貢献できるのはドラッグストアではないでしょうか。今後日本が直面する高齢化社会において、人々が気軽に医薬品や健康商品の質問ができるドラッグストア薬剤師の需要は高まるでしょう。

確かにドラッグストアの薬剤師の仕事内容はハードな面もあると思いますが、今後を見据えるという意味でも、薬剤師としてドラッグストアで勤務するということは意義のある仕事であると言えます。

ドラッグストアについてより詳しく知りたい方は「ドラッグストア薬剤師の年収は?やりがいは?リアルな実態を徹底紹介」の記事も合わせてご覧ください。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

エムスリーの3つの特長

  • 通勤30分以内の職場求人を全て紹介
  • ブランクのある薬剤師向けの求人を10000件以上掲載
  • 老健、クリニックなどのレア求人も約30件掲載

2位マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の3つの特長

  • 現場で働いている薬剤師の生の声が聞ける!
  • 人間関係、残業、キャリアアップに悩む方必見!
  • 職場復帰したい方も安心な転職相談サポート付き

3位ファルマスタッフ

ファルマスタッフの3つの特長

  • 年収700万円以上、時給3000円以上の求人がどこよりも豊富
  • 面接同行サービスで年収交渉も安心
  • 日本調剤監修の独自教育プログラムを受けられる

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら