Dollarphotoclub_73273956

製薬会社に転職したい中途薬剤師向け!年収アップ事例紹介

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

転職者情報

性別 男性
年齢 27歳(当時)
元勤務先 調剤薬局
希望条件 ・年収400万より上積み
・製薬会社への転職

使用した転職サイト

薬キャリ

求人数が抜群に多い、薬キャリ

製薬会社に転職したいなら、薬キャリがおススメ!!求人情報数NO1

製薬会社に転職した薬剤師の年収アップ事例

新卒3年目の調剤薬局勤務、給料への不満を感じ転職を決意

当時、新卒3年目の薬剤師としてチェーンの調剤薬局に働いていました。

転職活動を始めたきっかけは、一般企業に就職した大学時代の友人が自分より10万円以上も給料が高いことに衝撃を受けたことです。より仕事をやった分だけ評価され、それが給料として返ってくる環境で働きたいと思い転職を決意しました。

転職先候補はドラッグストア、製薬会社の2択だったのですが、周囲の人たちからの情報収集だけでは限界があり、どちらが転職先としてふさわしいか決めきれずにいました。

また、調剤薬局勤務の経験しかない私が製薬会社やドラッグストアに転職できるかという、スキル的な不安もありました。

そこで、転職サービスの薬キャリに登録し薬剤師転職に詳しい専門のキャリアコンサルタントの方に相談をすることにしました。

キャリアコンサルタントとの面談で見えた、隠れた自分の適性

転職キャリアコンサルタントの方に相談したところ、意外な自分のキャリアの強みが見えてきました。

キャリアコンサルタントとの面談時、「これまで行ってきた業務内容は?」という質問に対して、大手チェーンの調剤薬局に勤務していた際、店舗管理業務に携わっていた話をしました。

具体的には、棚割りに関する提案や近隣の医療関係機関との調整、薬剤の仕入先選定、新しく採用する薬剤師との面談、教育などです。

この話をした際の私の姿勢を見たキャリアコンサルタントの方から、「マネジメント目線で業務をすることが好きじゃないんですか?」というご指摘をいただき、自分に合った仕事が製薬会社だということに気づきました

その後、待遇や条件面で私に合った製薬会社の求人情報を4社紹介していただきました。

面接までの準備も、コンサルタントの方と二人三脚でどうやって自分の歩んできたキャリアを魅せるか、面接官の方に自分を採用するメリットを伝えられるかを日々考えました。その努力の結果、無事第一志望の企業にMRとして内定することができました。

入社後も自分の経験を活かして、キャリア経験を積んでいる

入社後、本当に自分が製薬会社でうまくやっていけるか不安でしたが、しっかり転職活動時に就職先企業の情報を仕入れていたので、入社前と比べて大きなギャップはありませんでした。

年収も調剤薬局時と比べて、なんと100万円以上アップしました。

MRの仕事はイメージとしては営業をバリバリやるイメージが強いですが、実際のところは、医薬品の知識を活かして、医療従事者に正しい情報を提供するような、専門職の側面が強い仕事です。

なので、薬剤師免許を持っている私ならではの価値を発揮しながら、やりがいをもって業務に取り組めています。また、目標である管理薬剤師を目指して、品質管理や薬事関連業務など幅広い経験を積みながら日々キャリアアップをしています。

【今回の体験談について】

Aさんの体験にあるように、転職キャリアコンサルタントを通じて、自分ではなかなか見えないこれまでの業務経験の強みを知れたり面接時の対策ができます。

スキル面や得られる情報量など、何らかの形で転職に不安がある薬剤師の方は、転職サイトを経由することでより安心して転職活動をすることができるでしょう。

薬キャリについて見る

キャリアアップなら「薬キャリ」

求人数が抜群に多い、薬キャリ

外資系など、高収入案件に非常に強い。
圧倒的な求人掲載数と、転職条件を自由に設定できるその便利性から薬剤師利用率No.1。キャリアアップを目指したい方にはもってこい!

薬剤師として製薬会社で働く際の職種、平均年収

MR職の平均年収・求人動向

製薬会社・医療関連企業の求人の中で、今も昔も一番多くの求人があるのは、MR(医薬品情報担当者)でしょう。薬学で学んだ経験を生かして、医師に情報提 供を行う、やりがいのある職種です。

最近は、ジェネリック医薬品を扱うメーカーも増えており、MRの求人数も増えています。別の職業からキャリアチェンジも募集しています。

MR(医薬品担当情報者)では、基本給以外にも営業成績に応じて手当てがあるなど、良い待遇のことが多いでしょう。実力主義ですので、優秀な人では若いう ちから1,000万円以上の収入があります。研究や開発などの専門職では、安定して高い年収を得ることもできると思います。

治験コーディネーターの平均年収・求人動向

最近の傾向としては、治験に関わる仕事の求人が増えています。新薬などの治験を通して医師や患者さん、医療機関スタッフと関わる仕事になります。薬剤師の専門性や、コミュニケーションスキルも問われる職業と思います。

高年収の外資系製薬会社と出会えた、たった一つの行動

最近の薬剤師は医療関連企業のさまざまな分野で活躍しています。管理薬剤師として勤務する以外は、薬剤師免許は必須でないことが多いです。薬学部以外の出身者や異業種の経験をもつ人たちも勤務していますが、医薬関連の専門性を生かせる職業には、薬剤師が採用されやすい傾向といえます。

近年では、病院や調剤薬局、ドラッグストアといった医療現場の求人以外に、幅広い分野で薬剤師の求人が見られます。いろいろなキャリアを持つ人一緒に学びながら働くチャンスが増えてきています。将来性があり、多彩なキャリアパスが用意されていることも多いといえます。

医療機器メーカーや、医薬品卸会社、医療データ関連企業、医療ライターなどの職種で薬剤師が活躍しています。中途採用を募集しているので、異業種で活躍したい薬剤師におすすめですが、臨床経験がある薬剤師のほうが優遇されるかもしれません。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

エムスリーの3つの特長

  • 通勤30分以内の職場求人を全て紹介
  • ブランクのある薬剤師向けの求人を10000件以上掲載
  • 老健、クリニックなどのレア求人も約30件掲載

2位マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の3つの特長

  • 現場で働いている薬剤師の生の声が聞ける!
  • 人間関係、残業、キャリアアップに悩む方必見!
  • 職場復帰したい方も安心な転職相談サポート付き

3位ファルマスタッフ

ファルマスタッフの3つの特長

  • 年収700万円以上、時給3000円以上の求人がどこよりも豊富
  • 面接同行サービスで年収交渉も安心
  • 日本調剤監修の独自教育プログラムを受けられる
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら