Dollarphotoclub_72531271

病院薬剤師のメリット、チーム医療のやりがい

病院薬剤師はチーム医療の一員として活躍しています。高い専門性が求められ、さまざまな患者さんのサポートをするため、責任が重く大変なこともあるようですが、やりがいを感じている薬剤師さんは多いです。

この記事に書かれている事まとめ
  • 病院薬剤師の主な業務内容は、【調剤業務、病棟業務、院内調剤、チーム医療】の5つ
  • 病院薬剤師のやりがいは、「入院から退院まで見届けられる」「最先端の医療の現場に立てる」
  • 医師、看護師との人間関係」に不安のある方は、事前に職場の状況を把握できるエムスリー(薬キャリ)マイナビ薬剤師に無料相談。
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1,病院薬剤師の業務内容

病院薬剤師の主な仕事は、処方せんに基づく調剤業務、入院の患者さんに対しての病棟業務、院内製剤、チーム医療などです。

調剤業務

調剤業務は、外来にくる患者さんへの外来調剤は減少傾向ですが、入院している患者さんへの入院調剤があります。患者さんの情報をチェックして、アレルギー、薬の飲み合わせ、副作用などを確認しながら調剤します。

病棟業務

病棟業務はで定期的に入院の患者さんのベッドサイドで服薬指導をします。
患者さんの服薬状況を確認して、服用の仕方なども説明します。中には院内や院外の多くの薬を服用する患者さんがいるので、患者さん一人ひとりの薬剤服用歴を作成して管理する必要があります。薬剤師は重複している薬がないか、副作用はないかなどを確認してます。
外来の患者さんに対しても、薬相談室など薬の質問や相談をうけたり、服薬指導をすることもあります。

院内調剤

院内製剤は、より効果が得られる剤形にするなど、患者さんに合わせて病院内で製剤する薬です。その他、処方に基づいて注射薬の調剤などもを行います。いずれも薬剤師として高いスキルが要求されます。

チーム医療

近頃は、薬剤師が医師や看護師と連携して行うチーム医療に力をいれる病院が増えています。
薬剤師は医師や看護師に薬の情報を提供し、患者さんにとって最も安全で効果的な療法をチームで組み立てていきます。患者さんの治療のサポートをする、責任のある業務です。

2,病院勤務薬剤師のやりがいとは?

病院勤務薬剤師は、薬剤師の職能を最大限に生かすことができ、様々なやりがいを感じることができます。

患者さんと向き合える

患者さんへの間接的なやりとりしかできない調剤薬局勤務の薬剤師さんと異なり、病院薬剤師は患者さんと向き合って直接的に関わることができます。
患者さんの入院から退院まで見届けられるということは大きなやりがいになるはずです。

チーム医療に携われる

医療分業が進んでいる昨今では、病院薬剤師もチームの一員として他の医師を含めたスタッフに意見をすることが求められます。
ドラッグストアで勤務する薬剤師に求められるのはどうしても「店舗の売上に貢献すること」になってしまい、本来の薬剤師の役割からかけ離れてしまうことが多いです。
病院薬剤師は医師や看護師と連携して、患者さんのために、薬剤師としての業務を行います。

最先端の医療の現場に立てる

医療の最先端は言うまでもなく病院です。その現場に立つことができるのは薬剤師としての視野を広げることができます。
病院薬剤師は研究や実験を行える場が設けられているということも魅力です。
研究を通して自分が提供した情報で医療に貢献できるという経験は薬局では絶対に味わえない経験です。

ここまで病院薬剤師のメリットを挙げてきましたが、結局は自分がどのような薬剤師になりたいかが一番大事です。

病院薬剤師には当直や夜勤もあり、給料が他の職種に比べ安いなどというデメリットもあります。
それでも現状の業務に不満があるドラッグストア勤務の薬剤師さんや、薬剤師としてのやりがいを今一度見出したいという強い意思をお持ちの薬剤師さんは病院薬剤師への転職へ踏み出しましょう。きっと充実した生活を送ることができるはずです。

病院以外の職場ではどんなやりがいを感じられるのかは、 こちらの記事も合わせてご覧ください。

【すぐには転職を考えていない薬剤師さんへ】

「今すぐ転職するわけじゃないけど、求人見てみようかな」

「夏のボーナス後に転職しようかな」

このように考えている薬剤師は多いのでは?5,6月は、大手薬局,ドラッグストアが「3月末に退職した薬剤師のポストが埋まらなかった」「新卒が定着しなかった」等の理由で、条件の良いレア求人を出しやすい時期です。今のうちに、転職サイトを見てみて自分にぴったりの職場をゆっくり吟味するのもおススメですよ。

業界最大級!薬キャリ(エムスリー)

薬剤師専門なので、病院や調剤薬局の求人に強い!
また、地域専任のキャリアコンサルタントが大手から地域密着型薬局までを網羅するため、どんな転職条件にも対応してくれます。

3,充実した病院薬剤師への転職に活用すべき転職サイト

病院薬剤師への転職の場合にも転職サイトを利用することをおすすめします。
調剤薬局からの転職の場合には研修制度が充実した病院がいいなどご自身の細かい条件に合致した求人を探してきてくれるだけでなく、事前に勤務場所の環境を見ておくことや、病院へ転職する際の不安なども相談することができます。
病院薬剤師への転職の場合、転職のタイミングがとても重要です。なぜなら中規模以上の病院の求人数は非常に限られているからです。早めの転職活動の開始がご希望の病院への転職への一番の戦略です。
一般的に病院薬剤師への転職は決まりにくいと言われているので、病院への転職に強いサイトに登録するようにしましょう。

病院についてより詳しく知りたい方は「薬剤師が病院に転職したいなら、事前に知っておきたいリアルな現実」の記事も合わせてご覧ください。

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら