Dollarphotoclub_66322838

薬剤師は30代の転職でも問題なし!30代の薬剤師転職事情

転職サイト
時給
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3500~
3000

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給3000~
2500円

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給3000~
2000円

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1,30代薬剤師の職種別年収比較

薬剤師の年収は職種や経験によって異なります。

今後の生活を考える上で年収額というのは転職先に求める条件として非常に重要ですよね。

ドラッグストア、調剤薬局、病院、企業それぞれに勤務している薬剤師の30代の年収相場を見てみましょう。

30歳 35歳
病院 約390万円 約430万円
調剤薬局 約410万円 約430万円
ドラッグストア 約490万円 約530万円
企業・製薬会社 約550万円 約530万円

病院薬剤師の場合

医療に直接携われるということもあり、新卒の薬剤師から人気の病院薬剤師ですが年収は他の職種と比べると低い金額となっています。
薬剤師としてのやりがいを求めて病院への転職を希望する薬剤師も多いですが、人気の病院は新卒の薬剤師で埋まってしまっているということもあり薬局からの転職は難しいです。

調剤薬局薬剤師の場合

薬剤師全体の50%以上は調剤薬局で勤務していますが、調剤薬局の特徴として昇給が少ないということが挙げられます。
しかし管理薬剤師という立場になれば負担は増えるものの、勤続3年程度で年収600万円を超えることが可能です。

ドラッグストア薬剤師の場合

勤務時間が長いということもあり、年収は高めです。勤続年数が長くなると店長やエリアマネージャーなどの役職に就き、高年収を得ることも可能です。
しかしドラッグストア薬剤師は薬剤師以外の仕事も求められるということもあり、調剤薬局からの転職する人≠即戦力としての採用ということなので転職での年収アップにはつながらないか安濃製が高いです。

企業薬剤師の場合

企業薬剤師とは製薬会社やCRO、医療機器メーカーなどで働いている薬剤師のことを言います。職種としてはMRや薬事が挙げられます。
他の職種に比べて平均年収は高いですが、未経験の場合30代での企業への転職はMR職以外は難しいです。

あなたの現在の年収額は同年代の平均年収と比較してどうですか?

今の職場では年収アップが見込めないと感じている方は思い切って転職を考えてみましょう。

2,薬剤師の30代での転職は遅くない!

「30代で転職ってできるの?」という声が30代の薬剤師からよく聞かれますが、30代での転職ならまだ遅いということはありません。
たとえ未経験の職種でも転職できる可能性は十分にあります。
調剤経験を積んでいる薬剤師だったら大幅なキャリアアップも期待できます。

30代の薬剤師の場合、将来のキャリアプランをしっかりと考えた上で転職するようにしましょう。
収入などの給与面、福利厚生などの待遇面、仕事のやりがいなど様々」なことを考える必要があります。
ただ単に年収を上げたいからという理由で転職先を決めてしまうと、取り返しがつかなくなってしまう可能性もありますよ。

男性の場合、キャリアの1ステップして転職するのか、一生働く先として転職するのでは転職する意味合いも異なりますよね。

いずれにせよ30代での転職を失敗させないためには薬剤師専門の転職サイトを利用することを強く勧めます。

転職サイトに登録すると転職コンサルタントのサポートを受けることができます。

サポートはあなたの条件に合った求人を探してくれることから、相手が採用したいと思うような面接のテクニックまで行ってくれます。

コンサルタントはその丁寧なサポートで数多くの薬剤師の年収をアップさせてきた実績があります。

30代で転職先を探す場合、複数の転職サイトに登録することをおすすめします。

3,複数の転職サイトに登録すると有利

転職サイトに複数登録すると転職を有利に進めることができます。
なぜなら

  1. 会員限定の非公開求人をみることができる
  2. コンサルタントの質を比較することができる

という2つの理由があるからです。

1つ目の理由の「会員限定の非公開を見ることができる」とはどういった意味かを説明します。

転職サイトはそれぞれのサイトの会員のみに公開する求人を多く持っています。

なぜそんなことをするのかというと応募が殺到してしまって、本当にその職場に転職したい人に求人情報を届けられないということを防ぐためです。

たとえば、先ほど病院への転職は難しいと述べましたが、それは病院の薬剤師に欠員が出なければ薬剤師求人も出ないからなのです。

もし薬剤師が不足している病院が出たら、病院の薬剤師求人を探している会員だけが非公開求人としてその求人を見ることができるのです。

「コンサルタントの質を比較することができる」ということも大きなメリットです。

転職サイトのような人材紹介会社は、誰かを転職させたら紹介手数料として転職先からお金を受け取ります。

なのでとにかく薬剤師を転職させたがるという悪質な転職コンサルタントもいるので注意が必要です。

30代という年齢での転職は絶対に失敗できないので、慎重に将来を考えて転職するようにしましょう。

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら