pixta_23384911_m

病院薬剤師の年収は低い?その実態を具体的に調べてみた

「病院薬剤師の収入は、調剤薬局やドラッグストアなどにくらべて低い」という話を聞いたことはありませんか?この話、病院薬剤師にとっては聞き捨てなりませんし、病院薬剤師に転職を考えている方にとっても関心のある話題でしょう。

医療の最先端である「病院」で働いているのに、年収は低い…。この話が本当なのか、具体的な年収額を紹介しながら実態に迫っていきます。さらに、病院薬剤師になりたい方必見の「内定を勝ち取るコツ」についても紹介します。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1.病院薬剤師の平均的な収入は?

早速ですが、病院薬剤師の具体的な収入についてみていきましょう。より詳細なデータとして、年代別に調べました。病院薬剤師ならではといえる「当直手当」も参考にしてください。

病院薬剤師の平均月収

年代 平均年収 残業代 当直手当 合計
20代 25万 3万 7万 35万
30代 30万 2万 10万 42万
40代 35万 3万 5万 43万
50代 40万 1万 5万 46万
60代 40万 1万 5万 46万

あなたの月収にくらべていかがでしたか?実は、病院薬剤師が調剤薬局やドラッグストアなどにくらべて収入が低い傾向にあるのは事実です。その理由は、病院の収入は診療報酬であり、国によって基準が決まっているからです。ドラッグストアや企業は、事業展開や企業努力によって収益をアップさせることも可能ですが、病院はそういうわけにはいきません。人件費に回すお金にも限界があるので、薬剤師の収入にも影響が出てくるのです。

しかし、ボーナス支給などを勘案すれば、薬剤師以外の一般的な仕事に比べて高収入であることは間違いありません。薬剤師は高収入の仕事であることを忘れてはなりません。

2.病院薬剤師にとって「高収入」と言える年収額は?

上記の平均月収入を見て、病院薬剤師はの方はどのように感じましたか?「思ったより高い!」「やっぱり病院は低いな…」など、人によって反応が異なるはずです。そこで、一般的な病院薬剤師にとって「高収入」つまり、平均以上といえる年収額を調べてみました。

病院薬剤師の高収入といえる年収額

20代 500万以上
30代 600万以上
40代 700万以上
50代 750万以上
60代 800万以上

賛否両論あるとは思いますが、あくまで目安として参考にしてください。病院薬剤師で上記の年収を上回っていれば「平均以上の年収をもらっている」と考えても良いでしょう。

3.急性期、療養型での収入の違い

「病院」と一口に言っても、その形態・業態は様々で、働き方も大きく変わってきます。特に、薬剤師が働くうえで必ず把握しておきたいのは急性期か療養型かの違いです。具体的な違いを仕事内容や勤務時間からみていきましょう。

急性期病院の場合

急性期病院で働く薬剤師の平均年収は、約700万円程です。具体的な仕事内容や勤務時間は以下のとおりです。

仕事内容

  1. 服薬指導
  2. 医薬品管理、医薬品情報管理
  3. 混合薬剤調整
  4. 治療方針会議への出席

勤務時間

  1. 基本的に3パターン程度のシフト制(就業時間は8~12時間ほど)
  2. 夜勤あり
  3. 休日出勤あり
  4. 時間外勤務あり

慢性期病院の場合

急性期病院で働く薬剤師の平均年収は、約500万位円程です。具体的な仕事内容や勤務時間は以下のとおりです。

仕事内容

  1. 服薬指導
  2. 医薬品管理、医薬品情報管理
  3. 患者のカウンセリング

勤務時間

  1. 基本的に3パターン程度のシフト制(就業時間は8~12時間ほど)
  2. 夜勤あり
  3. 休日出勤あり
  4. 時間外勤務あり

病院によって多少の違いはありますが、やはり急性期病院は「ならでは」の仕事が多いようです。一刻を争うなかで正しく、迅速な行動が求められますから、年収も療養型病院より高い傾向にあります。

役職での収入はどう変わる?

収入に大きな影響を与えるのが「役職」ですよね。病院薬剤師も同様で、キャリアアップして役職に就くことで大幅な収入アップが期待できます。一般的なステップアップの流れは薬剤師→薬剤師主任→調剤部門長→薬剤部長となります。では、それぞれの役職で年収はどれくらいアップするのでしょうか。

薬剤師主任 400~450
調剤部門長 550~600
薬剤部長 700~800

もちろんこれは一例です。病院によってはこれよりも高い年収を十分狙えます。病院薬剤師は一般的に収入が低いといわれますが、しっかりとキャリアを描き、役職に就くことでこれだけの収入を得ることができるのです。

4.やはり気になる…病院薬剤師の当直と残業

病院薬剤師ならではの特徴が「当直」です。労働条件に含まれているから仕方なく…ということになりますが、当直手当はしっかり支払われますので考え方一つといえるでしょう。

30代までは、収入のために当直をかって出る薬剤師もいますが、年齢が上がるにつれて「お金よりも休養」と考え始める薬剤師が多いようです。残業に関しては、業務効率の悪さによって発生してしまうケースがほとんどです。仕事に慣れて、効率化を進めれば定時退社も難しいことではありません。

5.病院薬剤師の退職金は?

若いうちは気になりませんが、年をとるに従って気になり始めるのが退職金。老後資金という意味でも人生に大きな影響をもたらすお金です。基本的に退職金は「基本給✕勤続年数✕給付率」で算出されます。必然的に、中途採用よりも新卒の方が多くもらえることになります。

また、民間病院と公立病院とでは退職金の額は違ってきます。公立病院であれば新卒から定年まで働けば1,000万円を超えることもあります。民間病院の場合は、病院にもよりますが、1,000万円を超えるケースは珍しいようです

6.病院薬剤師が今の年収に絶望したら…

前述の通り、病院薬剤師はドラッグストアや調剤薬局に比べて収入が低い傾向にあります。もし、「今の職場で収入が上がる見込みがない」、「この職場でキャリアアップしていくビジョンが見えない」、という方は、思い切って転職することをおすすめします。

また、これからも病院薬剤師を続けていきたいという方も、ほかの病院に転職することで年収がアップすることは十分考えられます。自分が描くキャリアを実現しやすい職場に転職すれば、モチベーションも上がって年収もアップしやすくなるからです。

転職エージェントへの相談は必須

しかし、闇雲に転職しては失敗してしまうでしょう。年収をアップさせたい、キャリアアップがしやすい職場に移りたい、といった目的は、簡単なようでとてもむずかしいことなのです。そこでおすすめしたいのが「薬剤師専門の転職エージェントに相談すること」です。

エージェントは薬剤師転職のプロです。病院の年収についてもしっかり把握していますし、数え切れないほどの求職者から多種多様の要望を聞き、転職を成功させてきました。求人を出している企業の環境や雰囲気、つまり「内情」についても把握しています。これは、求職者が知ることはできない貴重な情報です。

転職は人生の一大事です。だからこそ頼りになる相談相手は絶対に必要なのです。転職成功の第一歩として、転職サイトに登録してみてはいかがですか?

病院についてより詳しく知りたい方は「薬剤師が病院に転職したいなら、事前に知っておきたいリアルな現実」の記事も合わせてご覧ください。

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら