高卒で就職に成功した男女

最終学歴が高校でも正規就職できる!高卒の就職活動必勝法

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細

最終学歴が高校でも正規就職できる

文部科学省の調査によると、平成26年の大学・短大進学率は56.7%でした。今となっては“大卒”というステータスは珍しくなくなったということでしょう。そのステータスがあっても“就職氷河期”と呼ばれる時代。43.3%の方が正規就職について不安に思うことは無理からぬことかもしれません。しかし、“高卒”というステータスは上手くアピールすれば、武器にもなるものなのです。

まず、建築・土木技術者など体力勝負の企業を選ぶという方法があります。学校でずっと勉強してきた大学生と異なり、フリーターとして動き回ってきた分、体力でなら勝てるという方も多いでしょう。

また、実務経験を重視する企業であれば、フリーターとして社会の荒波に揉まれてきた経歴を評価してもらえるかもしれません。大学を卒業したての新卒者の方の中には、同年代の人々と交流した経験しかないという方が多いでしょう。しかし、フリーター経験者には、様々な年代の人々と協力し合って働いてきたという過去があります。このような社会人経験により、協調性をアピールすることができます。

さらに、これまでフリーターとして働いてきた業界で、正社員の求人情報がないかを探してみるのも良いでしょう。フリーターとはいえ、経験があることには違いありません。経験者優遇という企業ならば、歓迎してくれるでしょう。

意外なことかもしれませんが、「高卒だから」という理由のみで諦めなければならない職種はほとんどありません。応募条件に「大卒以上」と記載している企業で高卒者が採用されたという例もありますし、高卒者でも公務員(自衛官、警察官など)・管理職になることができるのです。

高卒でも上手くいく、既卒の就活必勝法

ほとんどの企業が就職試験として、書類審査を設けています。正規雇用を勝ち取るためには、新卒者よりも魅力を感じさせる履歴書を作成しなければなりません。応募したい企業が用紙を指定しているならばそれに従う必要がありますが、そうでないならば、志望動機や自己PRなどを記載する欄が広いものを選びましょう。企業情報を調査・検討したうえで、それに沿うように自分の性格や経歴をアピールすれば、とても印象が良くなります。自分の経歴をその企業でどのように活かせるかを書くのも、即戦力アピールとして有効です。そして、満足した内容のものが書けたならば、印鑑を押す際にも気を抜かず、丁寧さを意識しましょう。この人と働きたい!と思わせることが重要ですので、めんどくさがらないでくださいね。

書類審査を突破すれば、次に来る難関が面接です。面接対策としては、あらかじめ想定される質問とその回答を考えておくという方法が有効です。高卒者の場合、「どうして進学しなかったのか」という質問が想定されます。面接官の中には、「進学しない=諦め」と考えている人がいます。このような方にとって、「この人を雇っても途中でまた諦めてしまうのではないか」ということが大きな不安要因です。そこで、このような不安を払拭すべく、高卒の理由を明確に説明し、入社後継続して働く“誓い”をはっきりと示しましょう。

既卒者こそ使うべきサイト「ハタラクティブ」

経験豊富な既卒者が新卒者に最も劣る点は、情報量なのかもしれません。既卒者はどうしても視野が狭くなってしまいがちです。ハローワークに行けば求人情報を教えてもらえますが、近隣の情報に限られてしまうでしょう。そこで、お勧めなのが、「ハタラクティブ」です。

利用者の45%が高卒者だというハタラクティブには、機械技術者、事務系、営業、医薬品技術者、ITエンジニア、自動車関連など、学歴不問の求人情報が多くあります。加えて、これまでいろいろな就職支援を行ってきたコンサルタントにカウンセリングを担当してもらえるので、自分を最大限にアピールできる方法を教えてもらえます。相談は無料ですので、気になる人はぜひ!

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細