Dollarphotoclub_37773565

調剤過誤の原因と薬剤師の負う責任

調剤事故の中で薬剤師の過失で起こったものが調剤過誤です。薬剤師として犯してはいけないミスですが、調剤過誤がおこりやすい事例を知ることにより、未然に防ぐことができるかもしれません。万が一調剤過誤が起きた場合の、薬剤師の社会的責任についてもまとめてみました。
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1,薬剤師の調剤過誤の原因

調剤過誤は患者さんの健康を損ない、薬や薬局に対する信頼も失墜させます。調剤過誤の原因は、薬剤師の注意力の不足が最も多く、自己判断や思い込みによる処方ミス、調剤後の監査が不十分、処方せんの読み間違い等があります。薬剤師の報告不足や指導内容の間違い等、知識や経験不足が原因となることも少なくありません。医療過誤はさまざまな原因が絡み合っておこります。

1つには、薬剤師の知識、経験が足りないなどの、技能としての問題です。調剤や監査を行う薬剤師の精神的や身体的な状態も含めます。集中力が切れていたりや睡眠が不足していたり、十分な注意が払えなかったことも原因になります。患者さんへの服薬指導を怠った、別の医療機関への疑義照会をしなかったなど、薬剤師の性格や倫理観、仕事に対する意識も関わります。

2つめに、薬局や病院の調剤室内の施設も医療過誤の原因になります。調剤室の作業環境が整っていない、調剤マニュアルの不備なども含まれます。

職場内の人間関係が悪く、薬剤師の間のコミュニケーションが不足する時も原因になります。薬剤師不足による過剰な業務や、管理者が職場をまとめれない、薬剤師教育が十分できない体制である、など組織としての問題も影響します。

3つめは、ものに関しての原因です。医薬品のパッケージが似ているもの、薬剤名が似ているもの、薬効が類似しているものを間違うことがあります。同じ錠剤でもミリグラム数が異なるなど、一つの薬に複数の規格も存在します。

特に注意をしなければならない医薬品の取り扱いをよく確認する、類似した医薬品は近くに置かないなどの対策の不備が原因です。薬袋や薬剤情報提供文書、患者情報を常日頃から整理整頓していないことは、医療過誤につながる恐れがあります。

調剤過誤を防止するには、これらの原因について対策をしていなければなりません。個々の努力だけではなく、ダブルチェックをする、工夫を凝らした防止策を講じる、仕組み作りをするなど、組織全体でミス防止に取り組む必要があるでしょう。

【すぐには転職を考えていない薬剤師さんへ】

「今すぐ転職するわけじゃないけど、求人見てみようかな」

「夏のボーナス後に転職しようかな」

このように考えている薬剤師は多いのでは?5,6月は、大手薬局,ドラッグストアが「3月末に退職した薬剤師のポストが埋まらなかった」「新卒が定着しなかった」等の理由で、条件の良いレア求人を出しやすい時期です。今のうちに、転職サイトを見てみて自分にぴったりの職場をゆっくり吟味するのもおススメですよ。

2,法的責任・訴訟について

薬剤師の医療事故による調剤過誤では、薬局開設者や管理薬剤師が経営者・管理者としての損害賠償責任を問われることになります。薬剤師の医療事故は、事件として刑事責任を問われることはありませんが、薬剤の専門家として、調剤過誤を起こした薬剤師個人が、患者さんの健康被害を引き起こした当事者として、損害賠償責任を問われる可能性もあります。

場合によっては、薬局開設者が賠償した金額の一部を、調剤過誤をおこした当事者や鑑査者、管理者に請求する場合(求償)も考えられます。最悪の場合、薬局の業務停止にもなります。

3,薬剤師の責任範囲・損害賠償保険について

万一の不測事態に備えて、薬局の開設者や管理薬剤師、勤務する薬剤師は薬剤師賠償責任保険に加入することが望ましいでしょう。調剤事故が起きたときには、速やかに都道府県薬剤師会に連絡をして、保険会社と連絡を取りながら行うことが必要です。

患者さんには、薬局側の賠償責任の有無に拘わらず、誠意をもって対応しなければなりません。しかし、患者さんの要望や要求に対しては、軽率な回答を慎み、専門家に相談する、と伝えるにとどめましょう。薬局に賠償責任がない場合もあり、保険で払います、などの安易な受け答えは避けなければなりません。結論として、薬剤師は患者の”命”に関わる仕事をしているので、新任薬剤師でも経験の長い薬剤師でも薬剤師賠償責任保険に加入しましょう。

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら