Dollarphotoclub_72941434

薬剤師レジデント制度とは?薬剤師レジデントの身分・待遇

薬剤師レジデント制度とは、大学卒業後に病院などで薬剤師として働きながら研修を受ける制度です。かつての薬剤師は、研修生という立場で主に大病院で研修を受けてきました。近年では薬剤師レジデント制度という形に変え、薬剤師の資質を向上させる制度として導入する病院が増えています。

この記事に書かれている事まとめ
  • レジデント制度は、薬剤師が病院で臨床薬剤業務を経験することで専門性を磨くプログラム
  • 研修なのに給与が支給され、社会保険、厚生年金、雇用保険にも加入できます。
  • 新卒だけでなく中途の採用枠もあるが、ライバル強い&テストが難しいで採用はかなり狭き門。。
  • 【調剤、ドラッグ→病院】への転職を考えている方は、薬剤師専門の転職コンサルタント、薬キャリマイナビ薬剤師に相談
  • 狭き門をくぐり抜くためにキャリアコンサルタントを味方につける
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1.詳しく知りたい!薬剤師レジデント制度とは

薬剤師レジデントとは、薬剤師が病院で臨床薬剤業務を経験することで専門性を磨くプログラムです。薬剤師レジデント制度を行う病院は全国に広がっており、薬学教育6年制を卒業した薬剤師の卒後臨床研修制度のあり方との一つになっています。
主なレジデントの業務は、薬剤部での薬剤業務と、病棟や外来での薬剤管理指導業務に分かれます。薬剤業務では、薬剤師としての一般的な知識と技能を学びます。病棟業務では、臨床および基礎の幅広い知識と技術も修得します。病院に中には、がん薬物療法など、専門的な医療の薬剤師の役割も身につけることができます。レジデント制度は薬剤師としてスキルアップを目指す人にとても有益な制度です。
しかしレジデント制度を備えている病院は数が少なく、自分で求人情報を探してもまず見つかりません。人気が高い求人なので公開するとすぐに応募が殺到してしまうため多くの転職サイトはこれらの求人を非公開にしています。
非公開求人を多数持っている薬キャリに登録してキャリアコンサルタントに「レジデント制度がある病院で働きたい」という希望を伝えましょう。

⇒病院への転職を成功させるためには病院紹介に強い薬キャリに登録しましょう

2.米国生まれ「薬剤師レジデント制度」導入の背景は

以前の薬剤師は研修生としての大学病院等の施設で採用され、実務を中心に研修を行っていました。施設や関連施設の薬剤師に欠員が出ると、研修生の中から職員として登用されました。しかし、研修生という教育を受ける立場でしたので、薬剤師が研修費を負担して技術を学んでいました。
米国では卒業後の薬剤師は、レジデントとしてのプログラムが組まれ、臨床薬剤業務を経験することで専門性を磨くことができます。日本でもこれらの制度を参考に、1年目は一般的な領域を広く学び、2年目に進んで専門的な領域を学ぶという段階的な研修プログラム(薬剤師レジデント)を導入する病院が全国に広がっていきました。
一般的に2年間のレジデント制度の期間中に、病院内のいろいろな仕事を経験して、基礎的な知識と技能から、専門的な知識までを身につけることができます。

⇒研修期間中から求人情報を探してみる

3.求められる専門性。社会人でも薬剤師レジデント制度は使える?

卒業後の薬剤師の専門教育の重要さが見直されてきて、導入がすすんでいる薬剤師レジデント制度です。薬剤師が大学で学ぶことは病院業務の一部にしか過ぎません。薬剤師は働きながら研修を受け、その資質や実践力を向上させることができます。
薬剤師レジデントに求められているのは、より専門性をもった薬剤師の育成です。高度医療に対応した能力をもち、チーム医療の一員として、将来の医療に貢献するための薬剤師を育てることです。薬学教育6年制を卒業した薬剤師だけではなく、社会人として別の経験を持つ薬剤師も、より専門性のある病院薬剤師としてレジデント制度に応募することも可能です。

4.お給料をもらえる研修生?薬剤師レジデントの立場や待遇

薬剤師レジデントと以前の研修生の立場との大きな違いは、待遇です。薬剤師レジデントは臨時職員という立場で給料を得ながら研修が受けられます。
勤務は宿日直がある場合もありますが、給与が支給され、社会保険、厚生年金、雇用保険にも加入できます。交通費支給や福利厚生があるところもあり、安定した身分で薬剤師の専門的な研修を受けることができるといえます。

【すぐには転職を考えていない薬剤師さんへ】

「今すぐ転職するわけじゃないけど、求人見てみようかな」

「夏のボーナス後に転職しようかな」

このように考えている薬剤師は多いのでは?5,6月は、大手薬局,ドラッグストアが「3月末に退職した薬剤師のポストが埋まらなかった」「新卒が定着しなかった」等の理由で、条件の良いレア求人を出しやすい時期です。今のうちに、転職サイトを見てみて自分にぴったりの職場をゆっくり吟味するのもおススメですよ。

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら