キャリアアップを目指す薬剤師

薬剤師のキャリアアップ成功確率を上げる資格はあるの?

皆さんは「キャリアアップがしたい!」という気持ちがありますか?日々の業務に追われながらも、その気持ちがあるのはとても素晴らしいことです。

業務内容が多岐にわたり、責任も重い薬剤師にとって、キャリアアップはとても重要なポイントになるでしょう。

そこで、このページでは、薬剤師がキャリアアップを果たすための「極意」を3つ紹介します。現状に満足しない薬剤師の方は、ぜひ最後までお読みください。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

【極意1】何はともあれスキルを磨こう

キャリアアップを目指す上で、まずできることは「スキルを磨く」ことでしょう。これは、目の前の仕事に対して知識を深める、精度を上げる、効率化を進める、と言い換えることもできます。

例えば、調剤のスキルを磨きたいのであれば薬剤の知識をさらに深めることはもちろん重要ですし、ミスが絶対に起こらないよう精度を上げていくことも必須の条件です。

薬剤師のキャリアアップの転職事例を転職サイトで見てみる。

また、一つのスキルを磨こうとすると、自然とそれに付随する新たなスキルも磨く必要が生じるはずです。例えば、調剤のスキルを磨く場合、薬剤の知識だけでなく「患者とのコミュニケーションスキル」の向上も必要になってきます。

何か一つのスキルを磨くということは、薬剤師としての総合力を磨くことにつながるということです。まずは、あなたが特に磨きたいスキルに対して以下の3つのことを意識してみて下さい。

  • 知識を深める
  • 精度を上げる
  • 効率化を進める

それがきっかけで様々なスキルの向上につながっていくでしょう。

【極意2】「資格」はキャリアの証明

当たり前の話ですが、薬剤師は薬剤師国家試験をクリアし、薬剤師の資格を取得しています。取得する資格はこれ以上ないと思う方もいるかもしれませんが、プラスアルファで取得することで、キャリアアップを実現できる資格もあるのです。

薬剤師の資格を柱として、さらに様々な資格を取得して自分自身のキャリアを彩ることができるということです。そこで、薬剤師が取得することでキャリアアップとなるおすすめの資格を紹介します。

希望する領域の認定資格(専門薬剤師)

専門領域に特化した知識・経験を持つ薬剤師が取得できる「認定薬剤師」は、薬剤師のキャリアアップ資格の代表格と言えます。がん、感染症、精神科領域、漢方、救急など様々な領域が挙げられます。その領域の薬剤知識において絶対的な信頼を得られる資格ですので、当然キャリアアップとしては申し分ありません。

それぞれ認定団体が異なり、申請・取得のプロセスが一定ではありませんの注意しましょう。

調剤薬局事務

薬局事務の担当者は、薬局には必須の存在です。一般的には薬剤師とは別に事務員が配置されますが、薬剤師が薬局事務の仕事もサポートすることができたら、とても心強い存在になりますよね。そんなニーズを受けてか、調剤薬局事務の資格を持った薬剤師はそれほど珍しい存在ではないのです。もちろんキャリアアップとしても強いを持ちます。

「医療事務資格」ではなく、調剤薬局事務をおすすめする理由は、比較的難易度が低いかという理由があります。医療事務資格の試験範囲に比べて範囲が狭く、試験もテキストの持ち込みが可能ですので比較的チャレンジしやすい資格と言えます。とはいえ、油断は禁物です。しっかりと対策をたてて試験に臨みましょう。

番外編:交流分析士(2級)

「交流分析」は、あまり聞きなれない資格だと思います。これは簡単に言うと、人間関係を円滑にすることに特化した心理学で、コミュニケーション能力が求められる場面において力を発揮する資格です。薬剤師は、職場での人間関係に悩みを持つ方が多い職業です。そこで「交流分析」を学んでおけば、人間関係を円滑にするうえで役に立つというわけです。

薬剤師の世界ではあまり注目されていない資格ですが、だからこそ転職活動の際にアピールポイントとなるでしょう。また、「この資格を使って人間関係を円滑にしていきたい」というアピールも可能になります。

資格は、その道のスペシャリストという証明になると同時に、資格を取るために努力を重ねたことの証明にもなります。今後は薬剤師の数が増え、飽和状態になることが予想されます。「薬剤師免許を持っている」だけでは他の薬剤師との差別化がつきにくくなるでしょう。ぜひ、資格の取得にチャレンジしてみてください。

【極意3】キャリアアップの最短ルートはズバリ「転職」

前述の通り、キャリアアップのためにはスキルを磨くこと、そして資格取得は重要なポイントになってきます。

しかし、それ以上に優先させたい方法として「転職」をおすすめします。なぜなら、自分自身がアップさせたいキャリアにピッタリの職場に身を移すことで、効率よくスキルを吸収でき、同時に資格取得への学習も効率よく行えるからです。

また、職場が変われば当然周囲の人間も変わります。環境、そして人から良い刺激を受ければ、キャリアアップもしやすくなるでしょう。それにはまず、自分自身がどのようなキャリアを磨きたいかを見極める必要があります。

また、現在の職場に不満がある、という方も多いと思いますが、そういう方は自身のキャリアアップのモチベーションが、職場によって邪魔されている状況になっていませんか? 

それはとてももったいないことです。馬が合わない人間と、イヤイヤ仕事をしながらキャリアアップをすることは相当な精神力が必要です。そういう方は、時間を無駄にしないためにも早々に転職することをおすすめします。

キャリアアップ目的での転職のコツは?

転職をするにしても、「なんとなく」で職場を選んでは意味がありません。転職は人生の大きな転機ですから、最高の転職を目指しましょう。それにはまず「自分が吸収したいキャリアを明確にする」ことが重要です。これが転職の道しるべになります。

とはいえ、まだぼんやりとして決まっていない、という方もいるでしょう。また、明確ではあるけど自分に合った職場の見つけ方がわからない、という方もいるはずです。

そんな悩みをお持ちの方におすすめなのが、薬剤師専門の転職エージェントに相談することです。例えば、薬キャリであれば、あなたが求めるキャリアにぴったりの職場を紹介してくれるでしょう。

また、エージェントを利用するメリットとして大きいのが「職場の内情を教えてくれる」ことです。求人内容に「キャリアアップに最適な職場です!」などと書かれていても、それを100パーセント信頼することはできませんよね。

エージェントは、その職場に何度か足を運んでいますので、職場環境を肌で感じ、本当に人を成長させる環境かを知っているのです。また、キャリアプランがまだ明確でない場合、エージェントにあなたの今後のキャリアプランについても相談してみてはいかがでしょうか? 

エージェントはその道のスペシャリストです。転職だけでなく、あなたの今後の薬剤師人生において重要な道しるべになってくれるはずです。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

エムスリーの3つの特長

  • 通勤30分以内の職場求人を全て紹介
  • ブランクのある薬剤師向けの求人を10000件以上掲載
  • 老健、クリニックなどのレア求人も約30件掲載

2位マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の3つの特長

  • 現場で働いている薬剤師の生の声が聞ける!
  • 人間関係、残業、キャリアアップに悩む方必見!
  • 職場復帰したい方も安心な転職相談サポート付き

3位ファルマスタッフ

ファルマスタッフの3つの特長

  • 年収700万円以上、時給3000円以上の求人がどこよりも豊富
  • 面接同行サービスで年収交渉も安心
  • 日本調剤監修の独自教育プログラムを受けられる
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら