DI業務

薬剤師のDI業務に携わることでスキルアップは可能?

薬剤師の仕事の一つに、DI業務があります。 DIとは「Drug Infomation」の略で、医D薬品に関するデータを扱う役割を担うスペシャリストになります。
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1,DI業務は薬剤師が超有利

薬剤師の市場は、医薬品の進歩によって必要となる人材が大きく変わるため、調剤薬局や病院勤務の場合、日々勉強を積み重ねたり、新しい医薬品情報を常にキャッチアップするなど付帯業務が多く発生します。

その点、DI業務は業務内容上、新薬に関する効果資料の整理や臨床現場における学術的データの情報提供、薬物療法や薬事法に関する調査など、常に最新の医薬品情報に触れながらの仕事になるので、自己のスキルアップを目指す薬剤師の方にとっては非常に有益な仕事になります。

また、仕事上で関わる人も主に医師や製薬会社、医療機関などの医療従事者になるので、調剤薬局以上に確かな知識とコミュニケーション能力が問われる仕事です。

2,DI業務を行う薬剤師の平均年収は400~500万

DI業務の平均年収は400~500万円です。経験を積んだ人だと年収700万円になるチャンスもあります。

また、福利厚生面でも企業への就職になるので、調剤薬局や病院と比べて待遇が優れています。

基本的に土日出勤、原則8時間労働なので、今後プライベートを優先させて仕事をしたい薬剤師にとっては今のうちにDI業務としてのキャリアを積むことで、非常に大きなメリットがあります。

3,薬剤師がDI業務の求人を探すには

薬剤師がDI業務の求人を探すには転職コンサルタントへの申し込み、及び相談をお勧めします。

理由としては、DI業務の採用枠がそもそも少ないため、一般に公開されている求人情報では見つけるのが非常に困難な点があげられます。

転職コンサルタントは非公開で求人を募集している企業とのコネクションがあるので、DI業務目当ての求人を多数抱えています。

調剤薬局や病院勤務をしていた薬剤師にとって、企業とのコネクションはほぼ皆無に等しいので、知り合いの紹介づてよりも、転職コンサルタントを介したほうが候補となる求人数も多い上に、条件での比較も可能です。

薬剤師の転職・求人サイトを有効活用する方法を知っていますか?

転職希望日を6ヶ月以内にするのがおすすめです。 転職エージェントは、転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、いつ転職しようか迷っている方は極力「6ヶ月以内」と回答すると後回しにされることはありません。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリー)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら