チーム医療

薬剤師の病棟業務 今、チーム医療に薬剤師が求められている!

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

薬剤師の病棟業務でチーム医療に貢献できる?

2012年の診療報酬の改定で「病棟薬剤業務実施加算」が新設されました。それまで病棟での薬剤師の業務と言えば、服薬指導がメインでしたがこの加算が新設されたことにより、病棟内での薬剤師の立場が大きく変わったのです。
この加算は、病棟において医師や看護師の負担を軽減し、質の良い薬物療法を提供するために作られたもので、医師や看護師よりも薬剤師の方が得意とする、薬剤に関する業務(病棟薬剤業務)を薬剤師が行うことによって加算の対象となるものです。
そのため、ガンなどチームを組んで治療に当たるチーム医療にも薬剤師が加わり、薬の知識を活かして医療従事者への助言も行えるようになりました。

病棟薬剤業務実施加算とは?

病棟薬剤業務実施加算は、病棟に入院しているすべての患者を対象とするものです。病院が病棟に薬剤師を常駐させ、病棟薬剤業務をさせることにより、患者一人一人の入院料の基本診療料に週1回100点を加算できるため、病院の診療報酬に対してかなり大きな影響を与える加算点数であると言えます。
施設基準には、薬剤管理指導料に関する届出が行われていることや、病棟ごとに専任の薬剤師を配置していることなどの条件があることから、加算を希望する病院は必要な人数の薬剤師を確保する必要が出てきました。

薬剤師病棟業務での具体的な仕事内容

病棟専任の薬剤師が行う病棟業務には、「病棟薬剤業務」と「薬剤管理指導業務」の2種類があります。投薬前の患者に対して行う業務、病棟内の医薬品の管理や情報収集などの業務、医師や看護師など他の医療従事者への情報提供や相談に乗る業務は「病棟薬剤業務」に当たり、処方の提案なども含まれます。一方、投薬後の患者への服薬指導などは「薬剤管理指導業務」に当たります。内服薬や外用薬だけでなく、注射に使用する注射薬も薬剤師の管理の対象となるため、副作用のリスクを最低限に抑える役割も果たします。
病棟に常駐することにより、他の医療スタッフとの連携が業務上重要なカギを握ります。特に医療チームに参加する機会もできたことから、医師や看護師とのコミュニケーション力が病棟専任薬剤師に求められるスキルの1つとなっています。

チーム医療に貢献するために最適な病院をみつける方法

チーム医療に貢献することを求めているのであれば、確実にチーム医療のメンバーに薬剤師を加えている病院を探す必要があります。もちろん、医療チームに参加するためには、高い薬学の知識が必要になり、一定以上のスキルやキャリアも必要になりますが、今はそのレベルにないからと言って、あきらめる必要はありません。即戦力でなくても、いずれは加わることのできる病院を探して、力を付けていくのも1つの手です。
そのためには、薬剤師の転職に精通したコンサルタントを利用し、相談してみるとよいでしょう。薬剤師を積極的にチーム医療に加えている病院を紹介してもらえるはずです。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位ファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら