処方箋どうしましょう?

新人薬剤師向け就職アドバイス!薬剤師の1日当たり処方箋枚数について

新人薬剤師向けに、就職先を選ぶ際に注意しておきたい1人当たりの処方箋枚数について紹介いたします。
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1,薬剤師の一日当たりの処方枚数

調剤薬局の仕事内容は、病院医師からの処方箋をもとに薬局店舗にて、処方薬、医薬品をミスなく患者に提供することです。

実は、調剤薬局に配置すべき薬剤師の人数は法律で定められており、その人数は1日当たりの患者への処方箋枚数で決まります。

    第1条1項
    1号 薬局の開店時間内は、常時、当該薬局において調剤に従事する薬剤師が勤務していること。
    2号 当該薬局において、調剤に従事する薬剤師の員数が当該薬局における一日平均取扱処方箋数(前年における総取扱処方箋数(前年において取り扱つた眼科、耳鼻咽喉科及び歯科の処方箋の数にそれぞれ三分の二を乗じた数とその他の診療科の処方箋の数との合計数をいう。)を前年において業務を行つた日数で除して得た数とする。ただし、前年において業務を行つた期間が
    ないか、又は三箇月未満である場合においては、推定によるものとする。)を四十で除して得た数(その数が一に満たないときは一とし、その数に一に満たない端数が生じたときは、その端数は一とする。)以上であること。

政府の省令で規定されている薬事法の原文は上記になります。

つまり、年間の処方箋枚数÷営業日数で1日当たりの平均処方せん枚数を計算することで、それが薬剤師1人につき40枚に収まっていなければならないというシステムになります。

2,「1人当たり一日40枚はほんと?現実は違う?」

実はこの条例には現状落とし穴があります。

条例で定めている基準が「年間の平均処方箋枚数」なので、仮に1日150枚処方箋を出したとしても他の営業日で帳尻を合わせれば法律的に問題なくなります。

また、仮に薬剤師3人体制の薬局があるとしたら、その薬局の1日当たりの平均処方箋枚数は120枚になります。法律で管理するのは「薬局の薬剤師人数×40枚」なので、極端な例だと1人120枚処方箋を担当するパターンでも問題なくなります。

このように、法律の監査チェックをかいくぐる形で不当な枚数の処方箋を薬剤師1人あたりに化している「ブラック薬局」も中には存在するのです。

3,処方枚数の問題は今後どうなるのか?法改正がある?

処方枚数の改正規定は、今のところありません。なので大切なのは就職先としてそういった「ブラック薬局」を選ばない事です。

薬剤師の転職情報サイトを利用すれば、転職コンサルタントが一度薬局に訪問して健全な薬局かどうかを判断しているので、そういった「ブラック薬局」にあたってしまう可能性をへらすことが可能です。
例えば薬剤師の利用者満足度がNO.1の「マイナビ薬剤師」や、登録者数が業界トップクラスの「薬キャリ」などがあります。
「こんなはずではなかった」とならないためにも転職先は事前に見ておきましょう。

Hop経由で転職成功した人の82%が転職希望日を「6ヶ月以内」と回答

急募をしている高給与求人や人気の求人は転職転職希望日が早い人から優先的に紹介をされます。いつ転職しようか迷っている方は良い職場に巡り合えるよう少しスケジュールを早めて検討するのが転職成功の秘訣です。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら