企業内薬剤師の需要はある!

超レア求人「企業内診療所薬剤師」!その実態を探ってみた

薬剤師の職場には、数少ないレアな職場もいくつか存在するのをご存知でしたか? その中でも特に求人数が少なく、かつ働きやすいと評判なのが「企業内診療所」です。
大手企業が設置している社内の診療所で、調剤業務にあたる仕事です。
しかし「レア求人」なだけに、その実態はなかなか把握できないものです。そこで、このページでは企業内診療所で働く薬剤師の仕事内容や年収などを詳しく紹介しています。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1.企業内診療所とはどんな企業が設置しているの?

まずは、企業内診療所がどういったものなのかを確認しておきましょう。企業内診療所とは、企業内に設置された医務室や保健室のことです。従業員の健康を維持することを目的として設置された「診療所」ですから、医師、看護師と同様に薬剤師も常駐しています。

企業が企業内診療所を設置している理由は、従業員の健康促進、疾患の早期治癒、企業イメージの向上といった点が挙げられるでしょう。とはいえ、企業としても社内に診療所を設置するのは莫大な費用がかかります。企業内診療所を設置している企業は一部上場などの一握りの企業に限られています。だからこそ、企業内診療所の薬剤師は求人が極めて少ない「レア求人」なのです。

2.企業内診療所での薬剤師の仕事内容とは?調剤薬局、病院と何が違う?

続いては、企業内診療所薬剤師の仕事内容についてみていきましょう。

・調剤業務

企業内とはいえ、診療所での仕事になりますからメイン業務は調剤です。体調不良を訴えて受診する従業員に対し、医師が処方した薬を正確かつ適切に調剤します。

・薬剤管理

昨今は、企業で働く従業員の中に、生活習慣病やうつなど長期的な治療が必要な病気と闘う方も増えています。薬剤師としてはただ単に調剤をするだけではなく、併せて薬剤管理や服薬指導などを行う必要もあるでしょう。

・健康管理

企業内診療所で働く医師や看護師、薬剤師は、普段から従業員の健康管理も行っています。従業員の健康を守る、病気を防ぐ、といった大事な仕事といえますね。

また、正社員、派遣社員、パートといった雇用形態によって求められるスキルは違いますが、企業によっては、毒物劇物の取扱責任者や、衛生管理者としての役割を担ったり、管理薬剤師としての仕事をしたり、様々なケースがあります。単に調剤業務だけをするのではなく、幅の広い仕事が経験できるかもしれません

⇒ここで気になる企業内診療所の求人を見てみる

3.女性薬剤師が働きやすいといわれる4つの理由

企業内診療所は、女性薬剤師にとって働きやすい職場という話を耳にします。その理由についてみていきます。

【理由1】職場に通いやすい

企業内診療所を置いている企業のほとんどが大企業です。当然、所在地も交通アクセスの良い場所になります。交通の要といえる駅から直結、もしくは徒歩3分など、比較的交通アクセスが良い場所にあるのは間違いなさそうです。また、託児所や保育所を設置している企業もあるので、ママ薬剤師さんも子どもを預けながら職場に通うことができます。

【理由2】あまり忙しくない

企業内診療所を受診するのは企業の従業員のみです。町の一般病院のように患者となる方の「母数」も異なりますし、そもそも働き盛りの健康な方がほとんどです。当然、息をつくひまがないほど忙しい、ということにはなりません。ある一定のペースの中で働くことができるでしょう。家庭の時間も大切にしたい方も多くいらっしゃると思うので、ワークライフバランス重視のママ薬剤師さんにとっては大事ですね。

【理由3】残業が少ない、休みの日が決まっている

診療時間はキッチリと決まっていますから、基本的に遅くまで残業しなければならない、ということはありません。企業によって多少の違いはあると思われますが、基本的には一定の労働時間の中で安心して働けます。さらに、企業内にある診療所ですから、企業が休みの日は当然休みになります。
残業が少なく、休日もきっちり決まっているのが企業内診療所です。一般の病院やクリニック、調剤薬局とは違い、時間的な余裕を持って働けるので、プライベートを充実したい人、家庭と仕事を両立したいママ薬剤師にはおすすめの職場です。

【理由4】大企業の手厚い福利厚生が使える

大企業ならではの手厚い福利厚生をそのまま使用できるのも大きなメリットです。大企業の福利厚生は、町の小さな薬局やドラッグストアとくらべると比較になりません。ここも大きなポイントになりそうです。産休や育休の取得を推奨している企業や、休職後のブランクを埋めるための研修制度が充実している企業などは、ママ薬剤師にオススメしたいポイントです。

⇒女性が働きやすい職場求人を見てみよう

4.企業内診療所に転職した薬剤師のよくある転職理由2選

薬剤師が活躍できる職場は数多く存在しますが、あえて企業内診療所を希望する薬剤師もいます。もちろん環境的な魅力があるからだと思われますが、ここでは少々珍しい理由で企業内診療所を職場として選んだ薬剤師の例を紹介します。

【事例1】その企業にゆかりがある

自分の夫や親戚などがその企業で働いているといったケースです。メリットとしてはその企業の内情や雰囲気などをある程度把握したうえで入社できることでしょう。また、自分の身近な人間がその企業で働いているという安心感も大きなメリットですね。

【事例2】イベントなどで活躍したい

企業ならではの発信力や体力をいかして、健康にかんするイベントなどを企画したい、という気持ちで企業診療所を希望したケースです。また社内向けイベントとして、育休中のママ従業員たちに向けた社会復帰のポイントやコツを伝えるイベントを開くなど、様々な形で「すこやかな生活」にかんする発信をしていくという素敵な理由です。

⇒ここで企業内診療所の求人を見てみる

5.働きやすい=年収低い?企業内診療所で働く薬剤師の平均年収

ここまで触れてきたとおり、企業診療所薬剤師は女性にとっても働きやすく、魅力的な職場といえそうです。しかし、職場を探すうえでもっとも気になるのはズバリ「年収」ではないでしょうか?

企業薬剤師で働く薬剤師の年収は、企業によって差はありますが平均500万円ほどです。

都心部と地方では違うのでは? という疑問もあるかと思いますが、そもそも企業内診療所を置けるほどの大企業は、地方にはあまり存在しません。あるとしても「支店・支所」なので、企業内診療所を置くケースは珍しいようです。

⇒女性が働きやすい職場求人を見てみよう

6.めったにお目にかかれない、企業内診療所の求人を探す方法とは?

前述のとおり、企業内診療所がある企業自体が少数なため、必要な薬剤師の数も少なくなります。また、環境や条件の良さから退職者が少ないため、求人が出ることは珍しく、まさに「レア求人」といえます。

そのうえ、企業内診療所の求人は非公開であることが多く、その求人情報はエージェントしか把握していないのです。

つまり、自分一人で企業内診療所の求人を探していても、見つかる可能性は極めて低いのです。

2016年12月現在、大手薬剤師転職サイト5社で企業内診療所の公開求人を検索した結果、唯一「薬キャリ」でのみ企業内診療所の求人募集を見つけることができました。

%e4%bc%81%e6%a5%ad%e5%86%85%e6%b1%82%e4%ba%ba%e3%80%80%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

薬キャリは幅広い職種の薬剤師求人を豊富に取り揃えていることが特長なので、企業内診療所のような珍しい職場の求人もしっかりと網羅しているようです。非公開求人となるとさらに多くの企業内診療所求人を保有しているでしょう。

数少ない企業内診療所の求人を素早く見つけるための一番の近道は、エージェントにその希望を伝えることです。下記の手順で、「企業内診療所で働きたい!」という希望を伝えてみましょう。

今回使用したサイトはこちら

1位レア求人が豊富なエムスリー薬キャリ

エムスリーの3つの特長

  • 企業内診療所、CROなどのレア求人も30件以上掲載
  • 通勤30分以内の職場求人を全て紹介
  • ブランク明けの研修制度がある職場の求人を10000件以上掲載

7.この記事のまとめ

  • ファルマスタッフは、調剤薬局チェーングループ「日本調剤」の求人サイトで、調剤業界に強いパイプを持っている
  • 転職コンサルタントが事前に職場環境をチェックしてくれるので、入社後のギャップが生まれにくい
  • 転職コンサルタントに直接会って相談できるので、まだ転職に慣れていない人に特にオススメ。
  • 登録者限定の無料の研修プログラムを利用できるので、
    復職を考えている人に最適な転職サイト

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら