薬剤師は女性の方が多い

気になる薬剤師の男女比!そこからわかる男女での転職理由の違いは?

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1,薬剤師は女性にとって働きやすい仕事!

薬剤師は、女性にとって働きやすい仕事と言えます。医療系の仕事の中では、医師になるほどの学力や、看護師になるほどの体力は必要とされないため、女性が目指しやすい職業の1つです。また、薬剤師として働ける職場に幅があり、ライフステージに合わせて働き方も変化させられる点も重要なポイントと言えるでしょう。
薬剤師の資格は一度取得してしまえば一生ものですし、就職先は企業から調剤薬局、病院、ドラッグストアなど数多くあります。働き方も正社員だけでなく、パートとして働くことも選べます。ですから、結婚、出産で一度職場を離れても復帰しやすく、夫の転勤で住む場所が変わっても、どこかで仕事を続けることができるという点が、他の職種と違う大きなメリットになっていると考えられます。

2,薬剤師男女比は3:7

厚生労働省の統計情報によると、薬剤師の男女比は3:7で、圧倒的に女性が多いことがわかります。ただし、これは薬局や医療施設に従事する薬剤師の男女比率ですから、企業の研究職に就いている薬剤師の比率となると、男性が多くなるかもしれません。
実際、大学の薬学部に所属する学生の男女の割合で見ると、4:6やほぼ半々といったところが多く、卒業後の就職先の違いで3:7という比率になっていることがわかります。卒業時に選ぶ就職先として、女性は病院や診療所、調剤薬局、ドラッグストアのような医療機関を選んでいるのに対して、男性は製薬会社などの企業や大学院での研究を選ぶ傾向が見られます。

【緊急】3月を超えると求人数が激減するの?

3月が年度末の企業を中心に採用計画の充足に向けた動きが強まるため、中途の正社員採用が強化されます。逆に3月を逃してしまうと、求人数は減り転職難易度が大幅に上がる傾向にあるのです。まずは求人を見てみたい、転職を考えている、という薬剤師は3月に行動することをおすすめします。

3,薬剤師の転職理由は男女によって違う

薬剤師の8割以上が転職経験を持つと言うほど、薬剤師に転職はつきものです。しかし、その理由は、男性薬剤師と女性薬剤師とではかなり異なります。
男性の場合は、キャリアアップややりがいを求めて管理薬剤師を目指したり、医薬品関係企業への就職を試みたりするケースが多いのに対して、女性の場合は結婚、出産、子育てという理由が多く、一時的に休職した後にパートなどで復職することを転職と捉えているようです。
収入を下げないように求人を探すのであれば、薬剤師業界に特化した転職サイトで非公開求人を紹介してもらうとよいでしょう。たとえば「エムスリー(薬キャリ)」は高年収、高時給の求人に強いことが特徴です。

4,HOP!おすすめの薬剤師転職サイト

薬剤師の転職・求人サイトを有効活用する方法を知っていますか?

転職希望日を6ヶ月以内にするのがおすすめです。 転職エージェントは、転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、いつ転職しようか迷っている方は極力「6ヶ月以内」と回答すると後回しにされることはありません。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリー)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら